サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

真夜中の散歩道
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/18
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:18cm/354p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-00938-7
  • 国内送料無料
新書

紙の本

真夜中の散歩道 (GENTOSHA NOVELS)

著者 赤川 次郎 (著)

「三代目神崎茜先生」と名のる茜は新米霊媒師。修業中の半人前なのに、生前はニュースキャスターだった幽霊・一色大吾から「僕が殺された事件を調べてくれ」と、両手を合わせて拝まれ...

もっと見る

真夜中の散歩道 (GENTOSHA NOVELS)

950(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「三代目神崎茜先生」と名のる茜は新米霊媒師。修業中の半人前なのに、生前はニュースキャスターだった幽霊・一色大吾から「僕が殺された事件を調べてくれ」と、両手を合わせて拝まれてしまった。しぶしぶ犯人探しに協力していた茜はひょんなことからTVに出演して話題を呼ぶが、そのうち自分にまつわる恐ろしい事実に気付き…。キュートなヒロインが機転と不思議な力で敵に立ち向かう、痛快ユーモアミステリー!【「BOOK」データベースの商品解説】

「三代目神崎茜先生」と名のる茜は修業中の新米霊媒師。幽霊・一色大吾から、自分が殺されたわけを調べて欲しいと頼まれる。ひょんなことからTVに出演した茜は話題を呼ぶが、そのうち自分に関する恐ろしい事実に気付き…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

赤川 次郎

略歴
〈赤川次郎〉1948年福岡県生まれ。ユーモア・ミステリーの他、サスペンス小説、恋愛小説等で幅広く活躍。「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞受賞。2005年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/28 22:18

投稿元:ブクログ

赤川次郎らしく、さくさく読めるし、主人公も魅力的。
楽しく読めた。
ちょっと強引な話だったけど。


「三代目神崎茜先生」と名のる茜は新米霊媒師。修業中の半人前なのに、生前はニュースキャスターだった幽霊・一色大吾から「僕が殺された事件を調べてくれ」と、両手を合わせて拝まれてしまった。しぶしぶ犯人探しに協力していた茜はひょんなことからTVに出演して話題を呼ぶが、そのうち自分にまつわる恐ろしい事実に気付き…。キュートなヒロインが機転と不思議な力で敵に立ち向かう、痛快ユーモアミステリー!

2014/05/13 20:45

投稿元:ブクログ

さすが赤川さん。
元気で前向きなヒロインが魅力的。
ちょっとご都合っぽい展開も、こういう作品では
よっしゃ!って感じで楽しんで読める。
TVウーマンの真季さんも好き。

2016/03/07 17:06

投稿元:ブクログ

「三代目神崎茜先生」と自ら名のっている26歳の茜は、新米の霊媒師。
修業半ばで師匠を亡くしたせいでまだ半人前なのに、目の前に本物の幽霊が現われた!
ニュースキャスターだったその幽霊・一色大吾は「僕の殺人事件を調べてほしいんだ」と、両手を合わせて拝んでくる。
しぶしぶ協力していた茜はひょんなことからTVに出演して人気を博すのだが、そのうち自分に関する恐ろしい事実に気付いてしまい……。
(アマゾンより引用)

タイトルと内容がかみ合ってないよね(゜Д゜;)
もう少し明瞭に解決してくれたらもっと面白かったのに(゜Д゜;)
結局そこが犯人なら何でもありになっちゃいそうで…
それはそうと、真季さんがめっちゃ腹立つんだけどヾ(`Д´)ノ
あんな人が近くにいたら絶対仲良くなりたくないヾ(`Д´)ノ