サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ホリデー・イン
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 99件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/27
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390067-4
  • 国内送料無料

紙の本

ホリデー・イン

著者 坂木 司 (著)

それぞれの夜。それぞれの朝。人気『ホリデー』シリーズから初のスピンアウト短編集。扉を開けて、彼らは出会った―。【「BOOK」データベースの商品解説】それぞれの夜。それぞれ...

もっと見る

ホリデー・イン

1,350(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

それぞれの夜。それぞれの朝。人気『ホリデー』シリーズから初のスピンアウト短編集。扉を開けて、彼らは出会った―。【「BOOK」データベースの商品解説】

それぞれの夜。それぞれの朝。扉を開けて、彼らは出会った−。新米宅配ドライバー沖田大和と息子・進の奮闘を描く「ホリデー」シリーズのスピンアウト短編集。『別册文藝春秋』掲載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

「初めまして、お父さん」。
元ヤンでホストの沖田大和の生活が、しっかり者の小学生・進の登場で一変! 思いもよらず突然現れた息子と暮らすことになった大和は、宅配便会社「ハニー・ビー・エクスプレス」のドライバーに転身するが……荷物の世界も親子の世界も謎とトラブルの連続。宅急便会社の仲間や、ホストクラブの経営者で女装のジャスミン、ナンバーワンホストの雪夜らをも巻き込んでの大騒動を描いた『ワーキング・ホリデー』が刊行されたのは2007年。2012年にはその後の大和と進の物語を書いた『ウィンター・ホリデー』が、同年には『ワーキング・ホリデー』が映画化され、人気となっている「ホリデー」シリーズから誕生した、初のスピンアウト短編集が本作『ホリデー・イン』である。
今回は親子の物語ではなく、彼らを取り巻く愛すべき人々のもうひとつの物語。ジャスミン、雪夜、進らそれぞれを主人公にした6編が収録された。
01「ジャスミンの部屋」 …… クラブ経営者が拾った謎の中年男の正体は?
02「大東の彼女」 …… お気楽フリーターの大東の家族には実は重い過去があった
03「雪夜の朝」 …… 完璧すぎるホストの雪夜にだってムカつく相手はいるんだ!
04「ナナの好きなくちびる」 …… お嬢様ナナがクラブ・ジャスミンにはまった理由
05「前へ、進」 …… まだ見ぬ父を探し当てた小学生の進の目の前には――
06「ジャスミンの残像」 …… ヤンキーだった大和とジャスミンの出逢いの瞬間
どの作品も登場人物たちの過去の秘密を明かしつつ、ハートウォーミングな結末は読者を暖かな気持にしてくれる。『和菓子のアン』で大ブレイク中の坂木さんの、さらなる魅力を惹き出すお洒落な作品集だ。【商品解説】

収録作品一覧

ジャスミンの部屋 5−30
大東の彼女 31−54
雪夜の朝 55−83

著者紹介

坂木 司

略歴
〈坂木司〉1969年生まれ。2002年「青空の卵」でデビュー。「和菓子のアン」で静岡書店大賞・映像化したい文庫部門大賞を受賞。ほかの著書に「僕と先生」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー99件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

ほっこりしました。

2015/09/08 14:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

番外編のような。本編ではそこまで深く語られなかった部分を拾い上げたような短編集だと思いました。ジャスミンさんがどこまでも素敵でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

みんな何かを抱えて生きている。

2016/12/14 19:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぼぶ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジャスミンみたいな大人がそばにいたら。ナナや雪夜や進と友達だったら。そんなことを思いながら読んだ。
当たり前だけど、何も抱えてない人なんていなくて。そのことにいつも思いを巡らせられる人でいたいと思った。支えたいし、支えられたい。いっぱい甘えたいし、甘えられたい。そのためには、まず自分がきちんと立たないと。
優しくて、ずしっと心に刺さる言葉がたくさんあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ジャスミンに叱って欲しい

2015/08/15 07:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまたろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジャスミン・大東・雪也・ナナちゃん・進君の視点から描かれた短編集のスピンオフ作品。
ちょっとうまく行きすぎじゃない?!と思うところもあるけれど、読んだ後ほんのり温かくなるのが坂木さんの作品の好きなところです。
特に、ジャスミン視点の2作が好き。ジャスミンと話せるお店があれば行きたいなぁ…
雪也はいつか、救われて欲しいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/30 13:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/08 20:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/15 17:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/26 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/04 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/08 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/13 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/29 00:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/15 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/28 16:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/28 13:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/30 19:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る