サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ひとり親家庭(岩波新書 新赤版)
ひとり親家庭(岩波新書 新赤版) ひとり親家庭(岩波新書 新赤版)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/19
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/249,5p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431481-3
  • 国内送料無料
新書

紙の本

ひとり親家庭 (岩波新書 新赤版)

著者 赤石 千衣子 (著)

日本社会において、ひとり親はなぜこうも生きづらいのか。自らもシングルマザーとして30年以上、当事者に寄り添い続けてきた著者が、現状の課題を整理し、ひとりで子どもを育てる人...

もっと見る

ひとり親家庭 (岩波新書 新赤版)

886(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ひとり親家庭

886(税込)

ひとり親家庭

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本社会において、ひとり親はなぜこうも生きづらいのか。自らもシングルマザーとして30年以上、当事者に寄り添い続けてきた著者が、現状の課題を整理し、ひとりで子どもを育てる人々の生活を豊かにする道筋を提起する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

赤石 千衣子

略歴
〈赤石千衣子〉1955年東京生まれ。しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事長。反貧困ネットワーク副代表。社会的包摂サポートセンター運営委員。編著書に「災害支援に女性の視点を!」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/29 10:56

投稿元:ブクログ

なにかとバッシング対象にされがちなひとり親家庭の実状。
主にシングルマザーながらシングルファーザーも忘れず語られている。
子持ちならこうなる可能性は誰にでもあるし、子持ちじゃなくても貧困の構造は他人事じゃない。
これは「ひとり親家庭」の問題ではなく、「ひとり親家庭を包摂できないこの社会」の問題。
知っておくべきこの世界を垣間見せてくれる良書だった。

長時間労働、低収入、ゆえに育児に割く時間も金も確保できないのが日本のひとり親家庭の特徴らしい。
近年では父子家庭の収入も下がって結果的に母子家庭に近づいてきているが問題の形は微妙に違う。
女性は子供を養えるだけの経済力を確保できる仕事がないから貧困に陥る。
男性は家庭生活をととのえる時間を確保できる仕事がないから貧困に陥る。
ひとり親家庭の子供は、性別役割分業からはみださない夫婦だけを想定した社会のゆがみをもろにくらってる。

これの前に読んだ『移植医療』http://booklog.jp/users/melancholidea/archives/1/4004314887と同じく、議論が尽くされず検証もされないまま場当たり的に扱いが決められている。
ひとり親(とくに母子)への対処は、困っているから権利を「保障」するのではなく、不幸だから与えてやる「措置」のままみたいだ。
論理や効果よりも、「倫理(自業自得なんだから助けてやるもんか)」が優先されたような、イメージ先行の政治的対処がひとり親家庭の貧困を助長してきた。

だけど、貧困層を叩いても社会がよくなる訳じゃない。
メインストリートから外れた人を貧困の中に押し込めて未来の貧困層を再生産するより、軽い内に助けに入って未来の納税者を育てる方がいい。
今の社会には「情けは人のためならず」の精神が必要だ。



一番びっくりしたのは子供を育てるための貸付金を子供自身に借りさせる話。
問題視されてない感じの書き方だけど未成年にそんなことさせていいの?それは倫理的にありなの?

一番印象に残ったのは「支援が大変なのは"その人のせい"ではない。支援スキルの問題である。(P237)」という言葉。
本筋じゃないけど。
精神科医の本を読むとたまに「あいつらは無理。近寄らないほうがいい」みたいなこと書いてる奴がいてイライラする。
教育関係でも「膿を出せ」とか未だに腐ったリンゴみたいなことを言ってる奴がいる。
そうか、ああいうのは「その人のせい」にしているから腹が立つのかと納得がいった。

2014/05/14 11:46

投稿元:ブクログ

子供の貧困でもそうでしたが、なにもかもが連動している。格差も遺伝している。この歯止めなさは、根本的に行政の「国民への性悪説」ではないかと思う。
要するに、福祉はできるだけ行き渡らないように、国民は不正をするものだから監視するように・・・など。
そもそもこの書籍を読む人の割合が、シングルマザーには少ないだろうなぁ。
むしろ、行政なり、知識ある者への訴える本なのかも。

2015/04/27 23:19

投稿元:ブクログ

ひとり親の家庭の暮らしが困難であることは推測していたが、なかなか大変な状況であると分かった。行政支援は、当事者の立場に立っていなかったり、生活保護を本当に必要としている人に支給できなかったりして、うまくいっていないことが多いと分かった。民間団体による支援が行われている今の時代にこそ、制度的な困難を解消していく必要がある。

2014/07/11 18:55

投稿元:ブクログ

http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB1532462X

2014/08/25 23:13

投稿元:ブクログ

ひとり親家庭の現状とひとり親家庭を取り巻く環境や施策の現状について論じた本。新書だけあって、非常にわかりやすく書かれていて、ひとり親家庭の困窮度合いを示す指標なども充実しているとみた。
まずはひとり親家庭の現状について知っておこうと思い、読んでみたのだが、これからの福祉社会や人口減社会の課題が論じられる中で、ひとり親家庭への支援のあり方がどうなるのか、興味のあるところです。

2015/11/24 01:20

投稿元:ブクログ

別居親の物書きです。
著者が子どもに会えない親に対し、あまりいい印象を持っていないと聞いていました。そのため、買ってはみたものの読む気がせず、しばらく積ん読状態でした。監護親側のさまざまな苦しみを知りたいと切望していたにも拘わらず。今日になり初めてページを開き、目を通したところ、今までわからずにモヤモヤしていた気持ちが氷解していきました。なるほどこういうことだったのかと、膝を打ちました。
ひとり親を支援する側に対し、別居親の物書きである私のような者が話を聞き、現状を把握することは大変に困難です。それだけに、この本は別居親が、ひとり親のことを知る格好の本だと思いました。この本で得た情報を参考に、より公平な文章を書こうと決意を新たにしました。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む