サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 13日間 キューバ危機回顧録 改版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

13日間 キューバ危機回顧録 改版(中公文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/19
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/200p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-205942-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

13日間 キューバ危機回顧録 改版 (中公文庫)

著者 ロバート・ケネディ (著),毎日新聞社外信部 (訳)

冷戦時、ソ連の支援を受けたキューバでミサイル基地建設が開始。軍部は攻撃を主張するが、ケネディ大統領はソ連のフルシチョフ首相との対話の道を探る…。2つの超大国の指導者の決断...

もっと見る

13日間 キューバ危機回顧録 改版 (中公文庫)

972(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

冷戦時、ソ連の支援を受けたキューバでミサイル基地建設が開始。軍部は攻撃を主張するが、ケネディ大統領はソ連のフルシチョフ首相との対話の道を探る…。2つの超大国の指導者の決断を、大統領の弟ロバートの眼で描いた記録。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/05/17 10:22

投稿元:ブクログ

キューバ危機ってなんだったんだろう?という興味から購入。当時の司法長官ロバート・ケネディの回想録だから、一方面からの見方でしかないが、核戦争を回避しようとする意志が感じられる。しかし、危機に直面するに至る状況を作らない努力が不十分だったのではないか、との疑念は残る。

2014/06/15 00:17

投稿元:ブクログ

1962年10月に起きた米ソが核戦争の瀬戸際まで行ったキューバ危機のロバート・ケネディ(JFK大統領の弟で当時司法長官)による回顧録。彼は現キャロライン駐日アメリカ大使の叔父さんに当たります。

恐らく部分的に誇張され、美化されているとは思うが、1960年代の古き良きアメリカが輝き、かつ聡明さと良心が息づいていた時代の夢物語のような気もします。
それにしても現実に核戦争の瀬戸際まで行った危機の中枢にいた人物の回顧録は迫力満点で、手に汗を握り、JFKの聡明な決断には感動します。
また、閣僚やスタッフで行う議論には「議論を押さえることのないように、また特別に気を使われるようなことを好まなかったために大統領は、我々の委員会の全ての会議に顔を出さないと決めた」・・・核戦争の瀬戸際の情況で、こういう決断が出来るJFKに拍手を送りたくなる一方で、翻って「3.11」の時の菅首相のやり方と比較してしまう。何故こうも違うのだろう? 情けない・・・

「危機が全て終わったあとでさえ彼は、有頂天になって喜び、ソ連に屈辱を忍ばせるような言動を、いっさい許さなかった・・・(略)・・・彼は、なにが自国の利益で、なにが人類の利益かを、適切に判断したフルシチョフを尊敬した」

ただ、このように聡明なJFKとそのスタッフが、後に「ベスト&ブライテスト」と揶揄され、ベトナムに関わって行くのは、やはり彼も神ではなく、生身の人間だったということか・・・