サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

プリズム(幻冬舎文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 222件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/19
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/398p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-42192-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

プリズム (幻冬舎文庫)

著者 百田 尚樹 (著)

ある資産家の家に家庭教師として通う聡子。彼女の前に屋敷の離れに住む青年が現れる。ときに荒々しく怒鳴りつけ、ときに馴れ馴れしくキスを迫り、ときに紳士的に振る舞う態度に困惑し...

もっと見る

プリズム (幻冬舎文庫)

745(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ある資産家の家に家庭教師として通う聡子。彼女の前に屋敷の離れに住む青年が現れる。ときに荒々しく怒鳴りつけ、ときに馴れ馴れしくキスを迫り、ときに紳士的に振る舞う態度に困惑しながらも、聡子は彼に惹かれていく。しかしある時、彼は衝撃の告白をする。「僕は、実際には存在しない男なんです」。感涙必至の、かつてない長編恋愛サスペンス。【「BOOK」データベースの商品解説】

世田谷に古い洋館を構える家に、家庭教師として通う聡子。ある日、彼女の前に、屋敷の離れに住む謎の青年が現れる。激しく変化する青年の態度に困惑しながらも、聡子は彼に惹かれていき…。哀しくミステリアスな恋愛小説。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー222件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

もの足りないなー

2014/06/11 17:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:miyabi - この投稿者のレビュー一覧を見る

多重人格者の中の一人の人格と恋愛に発展するのは百歩譲って良しとしても、言葉の言いまわしも古臭く、ストーリーに引き込まれないまま、予想通りの結末でした。
”永遠の0”の百田さんとは別人です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

期待はずれ。

2014/06/22 23:52

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

百田さんの本だから期待して読んだけど私は面白くなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

迷宮

2014/07/05 04:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:太郎ちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

帯に「プリズム」と「モンスター」はお互いが対になっている小説。と作者コメントがあり、
百田作品の中でも「モンスター」はストーリーが劇画的で小説として好きだったし、どんな風に対なのか興味があった。
登場人物が絡むわけではなく、続編ではない。
でも、人の心は、こんな方法をとるかも知れないなと思わせられる2作品。
プリズムは、カバーもかっこいいし、内容をとても上手に表している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

多重人格症をプリズムと称したのだけはうまい

2016/04/01 16:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

解離性同一性障害、簡単に言えば多重人格症を扱った物語。まず、キャラクタが分かりにくい。一人の男に宿ったいくつかの人格、それぞれのキャラクタを立たせようとしてるんだけれど、結局分かりにくい。その人格の一人に主人公の30歳くらいの主婦が恋してしまうと言う設定も、恋愛ものがあまり得意では無い私にはげんなり。またこの女性の性格が面倒くさい。『これは恋なんかじゃない、次に会ったらつれない態度で距離を置く!→会えないキーッ!→久々に会えた、やっぱり恋!→でもこんなの異常だから今度連絡来たら別れを切りだす!→連絡くれないキーッ!→久々に連絡くれた、大好き!→でもこれ以上深い仲にならないように次連絡来たらきっぱり断る!→連絡来ないキーッ!→久々に連絡くれた、抱いて!』の繰り返し。なんというか、白けた気分に。ラストが良いというような帯だったけど、どこがだろう・・・で終わってしまった。やれやれ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

多重人格者との恋愛

2017/06/10 23:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kohei - この投稿者のレビュー一覧を見る

複数の人格をもつ人物の中の
一つの人格との恋愛もの。

話の内容としてはおもしろかったが、
恋愛小説としては少々物足りない感じもした。
主人公の一貫性のなさや堪え性のなさ等が際立っており、あまり共感も得られないのではないだろうか。

ただ、読みやすくて、よかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/03 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/15 16:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/05 09:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/01 08:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/03 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/21 04:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/06 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/13 00:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/22 13:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/15 13:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

幻冬舎文庫 ランキング

幻冬舎文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む