サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. はじめてリーダーになる人の教科書

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

はじめてリーダーになる人の教科書
  • みんなの評価 5つ星のうち 1 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.4
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-602771-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

はじめてリーダーになる人の教科書

著者 柴田 陽子 (著)

デキるチームはあなたがつくる! リーダーとしての心がまえから、チームのみんなのやる気の引き出し方、会議のやり方、トラブル解決まで、はじめてリーダーになった人が悩むと思われ...

もっと見る

はじめてリーダーになる人の教科書

1,404(税込)

はじめてリーダーになる人の教科書

1,404(税込)

はじめてリーダーになる人の教科書

ポイント :13pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

デキるチームはあなたがつくる! リーダーとしての心がまえから、チームのみんなのやる気の引き出し方、会議のやり方、トラブル解決まで、はじめてリーダーになった人が悩むと思われる、78のポイントをアドバイス。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価1.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2017/03/02 09:13

投稿元:ブクログ

・数値目標にとらわれない。その行動は、1年後の会社の利益につながるか考える。

・上司の喜ぶポイントを押さえておく。最初は「どういった状態になれば喜んでいただけるか」と本人ね尋ねる。

・無理な背伸びをしない。意外と素を出すことが答えだったりする。本音が人を動かす。

・対話のキャッチボールはリーダーから。最初はリーダーから歩み寄ろう。

・反対意見を押さえつけない。不平や不満を聞くことで求心力を高めよう。不満にも耳を傾ける姿勢を示す。

・ほめるポイントに気づく力をつける。チーム内でも「気づく」→ほめる→やる気がわく→成長する好循環をつくろう。個人が伸びる環境を整えることがスタッフのモチベーションを高める近道。

・人は夢で動く。あなたの夢を語ろう。

・ミーティングはリーダー以外が担当する。会議の進行は段取りや時間配分を覚えるチャンス。スタッフにまかせる。

・アイデアを求めつつ、最後はリーダーが決める。きちんと決定の基準を説明してスタッフの意欲を失わせないことが大切。リーダーは確固たる基準や方針わもって結論を出そう。

・仕事の基本を振り返る場にする。会社の方針をチームに徹底させ、全体の中でのチームの役割を再確認させることを繰り返す。仕事の原点を見つめ直してリセットすることもときには必要。

・Shoot for the moon. Even if you miss, you'll be among the stars. 〜月に向かって矢を放とう。たとえ失敗しても、あなたの周りにはお星さまかわいっぱいいるだろう〜

・チームをブランドにまで高める。チームコンセプトの達成状況を定期的にチェックして評価しあうことが大切。ミーティングで繰り返し復唱したり、オフィスに掲示して忘れないようにすることも必要。はっきりしたコンセプトに沿った約束が守られてチーム浸透されると、やがてチームが「ブランド」になっていく。チームの共通言語をつくることも大切。1を聞いて10を知る「ツーカーの関係」になっていく。特にリーダーはこだわりの言葉を言い続けることが大切。

・自ら気づかせるためには、あこがれとなるような手本を見せるのも一つの手。

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む