サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 20代で知っておきたいお金のこと

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

20代で知っておきたいお金のこと
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-602770-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

20代で知っておきたいお金のこと

著者 岡村 聡 (著)

お金の知識を身につけ、自分の人生を切り開こう! 仕事、結婚、貯金、住宅、保険、老後、投資などについて、知らないと後悔する53のことを解説。誰も言わないお金のホントを教える...

もっと見る

20代で知っておきたいお金のこと

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

20代で知っておきたいお金のこと

1,404(税込)

20代で知っておきたいお金のこと

ポイント :13pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

お金の知識を身につけ、自分の人生を切り開こう! 仕事、結婚、貯金、住宅、保険、老後、投資などについて、知らないと後悔する53のことを解説。誰も言わないお金のホントを教える。切り取り式の一覧表付き。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.8

評価内訳

2015/07/10 12:58

投稿元:ブクログ

タイトルだけ見ると貯金の話見えるが、貯金というより投資入門のようなイメージ。
投資のメリットがわかりやすく解説されており、投資入門に丁度良いと感じた。

2015/12/04 06:24

投稿元:ブクログ

お金に関する本を読み漁っている。

なんとなく感じていることを、きちんと言い聞かせるように文章にしてもらっている感じ。頭が整理されて良い。

2015/02/22 20:46

投稿元:ブクログ

ただ単に、お金がたまるというのは×
お金を月にいくら使うのか、
どれだけ残すのか、
どれだけ増やすのか
これを長期スパンで考えておくことが大事。

お金と決断の時間のルール決めを行うことが大事。

2015/01/15 15:44

投稿元:ブクログ

お金について考えるとき、20代の人は自分の両親を参考にしてはいけない。

お金の奴隷にならず、使いこなそう。
貯金には目的が欠かせない。
目的もなしにやみくもに節約していても、お金を貯めること自体が目標になってしまい、お金に奴隷となってしまう。

1000円未満のことは1分以内に決める。
金額の大きさに応じて考える時間を決める。

住宅ローンは固定金利で!
変動で借りた場合、金利が上昇した後に固定金利に切り替えようとしても、今より高い金利でしか契約できない。

クレジットカードは支出管理に便利。

レシートは必ずもらう。何にどれだけお金を使っているか把握できる。

固定費の3大コストを減らす。
変動費の節約はダイエットと同じ。
継続できるかが一番大事。

これからの時代に必須のビジネススキルは「英語」「ITスキル」「プレゼンテーション能力」

仕事以外の収入源を作ろう。
Google Adsense

保険は不測の事態に備えるもの。
民間の医療保険に入ってはいけない。
保険は積立型ではなく、掛捨型を選ぼう。

今のうちから自分年金を作っておこう。
引退後に3000万円資産があれば安心した老後を送ることができる。
毎月2万円を40年間積み立てて、毎年5%のリターンで運用することができれば、積み立てた960万円は3040万円にまで増える。

大きな家を買ってはいけない。

投資初心者におすすめ。ETFと投資信託。
ETFなら1万円から、投資信託なら1000円から投資が可能。
まずはリターン3%を目指せ。
目標を決めずに投資を始めてはいけない。

短期のリターンを狙って、個別銘柄に一括で投資をしてはいけない。
大企業だって暴落する。
投資をするなら海外投資。インフレ対策にもなる。

投資の鉄則は積立、分散、インデックス。

■リターン3%なら
国内株式50%
先進国株式30%
先進国債権20%
■リターン5%なら
国内株式20%
先進国株式20%
先進国債権10%
新興国株式30%
新興国債権20%
■リターン7%なら
新興国株式80%
新興国債権20%

高いコストに見あった成果が得られにくいアクティブ運用よりも、インデックス運用をオススメ。
コストの安い選べないETFとノーロード投信がオススメ。

2014/12/14 21:49

投稿元:ブクログ

<目次>

20代、これから社会で活躍する君たちに知ってほしいことがある。
はじめに

第1章 20第で知っておきたい [お金リスク]
 親世代と比べて5000万円のハンディがある
 消費税10%になっても日本は借金まみれ!
 「円」が紙クズになるハイパーインフレの恐怖
 なぜ「不況」になると、生活が大変になるのか?

第2章 20第で知っておきたい [お金センス]
 「お金の奴隷」にならず、使いこなそう
 「収入が増えればお金は貯まる」なんて大ウソ!
 「お金は寂しがり屋」のほんとうの意味
 1000円未満のことは1分以内に決める!
 知らないうちに膨れ上がるクレジットカードの借金
 ほんとうに賢いクレジットカードの使い方

第3章 20第で知っておきたい [貯金のルール]
 「貯金偏差値」、20代ならまず100万円!
 必ずお金が貯まる「レシート活用法」
 理想の家計プロポーションを目指そう!
 固定費の3大コストを減らす方法
 変動費の節約はダイエットと同じ
 サラリーマンは「2度」破産する?

第4章 20第で知っておきたい [仕事とお金]
 10年前と比べると平均年収は200万ダウン
 大企業ってほんとうにお得?
 20代から自己投資をしなければいけない理由
 これからの時代に必須の3大ビジネススキル
 仕事をしながら収入アップ。副業をやってみよう!
 究極のキャリアアップ、社長になるには?

第5章 20第で知っておきたい [結婚とお金]
 結婚式にかかるお金の平均は200万円
 子ども1人にかかるお金は3000万円!
 夫婦共働きで世帯年収600万円を確保!
 結婚って、お金の面からこんなにお得!

第6章 20第で知っておきたい [保険とお金]
 保険は「不足の事態に備えるもの」
 生命保険が必要な人、いらない人
 民間の医療保険に入ってはいけない!
 保険は積立型ではなく、掛捨型を選ぼう!

第7章 20第で知っておきたい [老後とお金]
 20代が老後を迎える頃、日本はどうなる?
 今のうちから「自分年金」を作っておこう
 大きな家を買ってはいけない!

第8章 20第で知っておきたい [投資の仕組み]
 食わず嫌いをせずに、「投資」を知ろう
 投資って、そもそもなぜ儲かるの?
 投資商品は4つに分けられる
 初心者にオススメ!ETFと投資信託
 投資商品は「3つの目」で見抜く
 まずはリターン3%を目指せ!
 やってはいけない!投資のNG行動

第9章 20第で知っておきたい [投資入門]
 投資をするなら「海外投資」!
 実はこんなに簡単!口座開設ステップ
 投資には3つのステップがある
 月1万円からできる「積立投資」
 分散投資、考え方はとってもシンプル
 「インデックス運用」がオススメ!
 ETFとノーロード投信がオススメの理由
 目標利回りの達成確率がわかる

第10章 20第で知っておきたい [投資と世の中の流れ]
 投資���すると世の中の流れが見えてくる
 日本経済は不況なのに、なぜ「円高」なのか?
 海外旅行が100倍エキサイティングになる
 海外にはすごいベンチャーがいっぱい!
 「ほんとうのお金持ち」を目指そう

Column
1 日本の借金はこんなに多い
2 オススメのクレジットカード
3 オススメの銀行
4 オススメの資格・勉強法
5 オススメの結婚式場
6 オススメの保険会社
7 人気が高い住宅地
8 投資先としての地域別評価
9 積立投資にお勧めの証券会社
10 オススメの移住先

さらに勉強したい人のためのオススメ参考書籍

***

本書はよくある節約の話を集めたものでもなく、お金とうまく付き合う方法をまとめたものです。うまく付き合う方法が、つまりは「投資」であるので、後半はさまざまな投資方法について述べられています。

個人的に、サラリーからフリーランスの道を考えていたので、税金の話など、もっとリアルな話が知りたかったので微妙。社長になるには?もさらっと書いてあっただけだったけれど、例えば日本の多くを占めるサラリーと、自営業(フリーランス含む)など、それぞれの立場別で税金の納め方とか、お金の運用方法とかが学べるのかなーと思ってた。タイトルに期待をしすぎたかな。もしくはそんなの20代では常識ということか。

内容的には分かりやすかったのですけれど、読んで頭に残ったことがあまりなかったな。

振り返って考えてみると、この本は株式や債券、投資信託、ETFなどの用語の解説が全くありません。ですので、これで一冊でからお金について学ぶことはできません。
お金とうまく付き合えていない人が多すぎる、だからもっと知ってほしい…というわりには、不親切かなぁと思いました。用語はある程度知っていて、投資の基礎的なことを知らない人がターゲットなのか?

プレゼンスキルを磨こうと言っているわりには、どこかターゲットで何を一番知ってほしいのかよく分からない本でした。

2015/03/22 02:11

投稿元:ブクログ

■支出
・支出割合は
30:固定費(住居、保険etc)
30:変動費(食費、光熱費)
20:自己投資
20:貯金・投資

■貯金
・貯金のコツは固定費をどう下げるか(それが一番本質的だし継続的)
→★新築マンションは買わない(割高で住むと価値が暴落する)
 ★保険は必要な場合だけ入る
  (先進医療特約などはサービスが限定されているので無駄、シンプルな機能に絞った掛け捨てで入る)


■貯金のためには目標が必要
・結婚資金の平均は200万
・子供一人あたり3000万円必要


■投資をはじめる前に
・まず目標を決めて投資をはじめる(年率○%)
・国内の物価上昇リスク軽減のためにも、海外投資を始めるべき


■投資初心者がやりがちな罠
・短期で利益をあげようとして個別銘柄に投資
・頻繁に取引をして手数料で損


■投資の基本(投資タイミング・投資スタイル・投資スタイル)
①積み立て投資
・自動で積み立てて投資してくれるので楽ちん
・カブドットコムで三菱UFJを設定するのがおすすめ

②分散投資
・とりたいリターンで株式と債権、海外と国内を組み合わせていく

③インデックス
・アクティブ運用が手数料が高い。
 販売手数料がインデックスが0.01-0.015%なのに比べアクティブは3%
 新宅手数料がインデックスが0.6%でアクティブは1.2%
(インデックスは人の手がかからないため安い)

・おすすめは、ETFとノーロード

・どのような組み合わせにしても10年スパンでみれば+になる
→逆に最初の数年パフォーマンスが悪いことを辛抱できる覚悟をもって積み立て投資をする

■海外投資のために
海外旅行にいったら次のことをする

①現地の証券会社に口座を開く
・パスポートさえあれば開けることも多い
・日本人はお金もちというイメージが強いので丁寧に対応してくれる
・おすすめの投資先を2-3社聞く

②すすめられた投資先のオフィスにいく
・突っ込んだ質問をよりできる
・投資対象として検討してることをいえば丁寧に対応してくれる

③現地の不動産会社へいく
・新興国は割安物件がでている
・どのような人がどのような物件を購入するか聞くと経済成長の肌感覚がわかる

④高級ホテルのラウンジにいく
・富裕層が集まるところにいき、集めた情報との差異を知って多面的にみる

2016/02/23 18:56

投稿元:ブクログ

20160223

・現在20代の世代は現在の老後世代に比べて受け取れる年金が5,000万円も少ない。
自身で行う老後のための個人自主年金=貯金が必要。
具体的には月20,000円×35年=840万円これに年利5パーセントで運用するという方法。

・p.178からの投資信託を考えながら進めてみる。一度近しい知人に相談してみる。

・p214 自動積立を検討
インデックス運用とアクティブ運用。オススメは前者。根拠は多くの投資家、それもプロでも勝つのが難しい世界だから。

2016/01/04 16:58

投稿元:ブクログ

お金の奴隷となるのではなく、お金を奴隷のように使いこなす
①金額に応じて使う時間を変えよう。
1000円未満➡1分以内
1000円から1万 ➡ 10分
1万から10万 ➡ 1時間
②クレジットカードのキャッシング、分割払いはやめる
➡利用は一括のみで
貯金編
①20代➡100万円
②moneyforwardで管理
③理想のプロポーション
固定費(家賃、保険)30%
変動費(食費、交際費)30%
自己投資       20%
貯金、投資      20%
キャリアアップ
英語、IT、プレゼン
副業
①google adsense
② 利益率が高い、在庫が少ない、課金制、資本ゼロ
保険
➡不測の事態になって困る人だけ保険に入る。
扶養家族がいる以外生命保険は必要ない。
日本の公的な健康保険制度

投資をするなら目標を決めてから。
鉄則は積み立て、分散、インデックス。

2016/06/14 15:42

投稿元:ブクログ

2016/6/14

親世代と比較して20代は5000万の損失差額を抱えているという話からはじまる。
でもこれ誰がいつどーやって出した試算なのかが書いてない。そこを知りたかったんだけど、ネットで調べてみても、僕のやり方が悪いのか見つからなかった。多分どっかにはあるんだろうけどね。
大事なのは5000万って数字より、現行の制度では親世代と比較して若い世代は損するよーってことだと思う。
5000万って数字を鵜呑みにする気にはならなかった。
この著者は、この後出てくる国の借金の話とかもそうだけど、表層の数字を持ってきてすごく不安を煽るって書き方をする人だと思った。
別に嘘を書いてるわけじゃないんだけど。
「このままだとやばいぞ!」ってメッセージを伝えるために、必要以上に煽ってくる。
これが悪いとは全然思わないんだけど(すごい興味湧くしね)、数字とか意見を全部鵜呑みにして、こんなことがあの本に書かれてた!たいへんだ!みたいなことを言うのはアホっぽい。
面白くおかしく興味を持たせるために書かれた本だから、それを強く意識して、これからいろいろなことを調べていくきっかけとして使うのがいい本なんだと思う。
巻末に、深く知りたい人のためのおすすめ図書が載ってるってとこからも、著者もそーゆー読み方を望んでるんじゃなかろうか。
なんて。


『とりあえず大企業に入っておけば安心』『生命保険に金をかける』『ローンでマンションを買う』などの、従来は当たり前とされていたような行為は非常に危険だと説く。

そして、これから「お金の奴隷」にならずに生きていくために家計管理と投資が必要だと述べる。

家計管理に関しては、レシートでの家計簿・クレジットカードの有効活用・給料は3:2:2:3で固定費:変動費:自己投資:貯金,投資に使う
など。

投資はノーロード投信やETFで月2万〜3万を積立・分散・インデックスで、利回り3%〜7%を目指すと良いという。
3%目標なら債券とか先進国株多めに、7%目標なら新興国株多めのポートフォリオになる。
載ってたグラフみると、30年後は絶対に7%目標の方がすごい得する!って感じ(3%目標なら1.25〜3.07倍、7%目標なら2.08倍〜10.03倍になる)だったんだけど、本当にそんな単純なもんなんかなあ〜と思った。別に筆者は、だから7%を目指せ、と言ってるわけではないんだけどね。高利率目指すほどに振れ幅大きくなるからそれを自分の性格とか投資額と照らし合わせて我慢できるかが問題になる、とは言ってたけど。なんか他にもリスクとか考えておくべきこととか詳しく書いてくれると、自分の投資目標をしっかり立てやすいなーと思った。自分で調べろってことかね。

老後必要と言われてる3000万は40年間で月2万の積立投資・年5%の利回りで目指せるから、とりあえずそれを目指そーと思った。


他にも、投資をする予定の国に旅行に行って、口座開設・オフィス訪問・不動産会社訪問・ラウンジに行く、の4つの行動をとって投資先としてどうかを見極めるって話とか、
終身雇用制度が、新興国の台頭・外注化・グローバル化などの理由で崩壊した(だから今はどこでも戦えるスキルを身につけることが大事)とか、
為替は国の経済の強さではなくて物価に左右される、
って話とかが面白かった。

昔と同じ考え方だったり、会社にすがっているような生き方じゃあこれから先はリスクがあまりにも大きいし、立ち行かなくなるんじゃないかという危機感を持たせてくれて、
では実際にどうすればいいのか、ということを自分で考えるためのきっかけを与えてくれる本だった。

投資・資産運用 ランキング

投資・資産運用のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む