サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 日本人はなぜ貧乏になったか? これが日本経済「大没落」の真相だ!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本人はなぜ貧乏になったか? これが日本経済「大没落」の真相だ!
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2013.1
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:18cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-602824-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

日本人はなぜ貧乏になったか? これが日本経済「大没落」の真相だ!

著者 村上 尚己 (著)

安倍新政権、インフレ目標、量的緩和、日銀法改正…。金融政策「アベノミクス」で日本人は豊かになる! 日本経済の復活を邪魔する“21の通説”の真相を暴き出し、日本人が知ってお...

もっと見る

日本人はなぜ貧乏になったか? これが日本経済「大没落」の真相だ!

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

日本人はなぜ貧乏になったか?

1,080(税込)

日本人はなぜ貧乏になったか?

ポイント :10pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

安倍新政権、インフレ目標、量的緩和、日銀法改正…。金融政策「アベノミクス」で日本人は豊かになる! 日本経済の復活を邪魔する“21の通説”の真相を暴き出し、日本人が知っておくべきアベノミクスの核心を解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/11/27 12:00

投稿元:ブクログ

円安とデフレについて知りたくて読書。

学生時代は調整インフレという名称で邪道な経済政策として記憶していた。現在は、リフレなととも呼ばれ、アベノミクスとして実施されている。

記憶があるときには日本はすでに不況でデフレ社会。社会人になるころには自殺者が年間3万人を超えているのが当然の社会となり今も続く閉塞感しか記憶にない。

著者は、日本経済がデフレに陥り、長らく脱却できない原因は、日銀の経済政策にあるとしている。

その上で、世の中で言われがちな、諸原因について反論、否定するような形で進む。

読んでいて分からない経済用語があり調べたりするなど勉強不足を痛感したりもする。統計が豊富なので考えさせてくれる。

円高などにより日本人1人あたりのGDPの相対的低下が日本の自信と失わせて、内向き志向へ進ませたのか。他国と比べても凋落ぶりは群を抜く。

円高とデフレ、そして、失業者、自殺との因果関係は興味深い切り口であり、面白い。

日本国内にいると感じづらいが、国外から眺めて日本のブランド力、影響力はかなり下がったと庶民でも比較すると実感できる。

著者は、財政再建、消費増税前にまずデフレを脱却し、2から4パーセントのインフレと低成長でもいいので持続的な経済成長をしっかりと実現せないと財政再建はできないと述べている。財政再建や緊縮財政は、円高、デフレを加速させる。

労働人口減少=経済成長できない。インフレにならない。
というマクロ経済の定説は正しくないという主張もしている。

総人口減少している国でデフレ状態な国は世界でも日本だけという現実はしっかりと受け止めないといけない。

ゼロ成長、デフレ社会でもいい。過度な競走を止め、生活の質を向上させ、人に優しい社会を日本は目指すべきだという風潮は確かにある。

「脱成長」の先にあるのは、「凄惨な奪い合い社会」でしかないのだから。(p163)

読書時間:約1時間

日本経済 ランキング

日本経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む