サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

帝国憲法の真実(扶桑社新書)
帝国憲法の真実(扶桑社新書) 帝国憲法の真実(扶桑社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/02
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社新書
  • サイズ:18cm/228p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-07038-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

帝国憲法の真実 (扶桑社新書)

著者 倉山 満 (著)

明治・大正を支えた帝国憲法は、なぜ悪魔の憲法に貶められたのか? 気鋭の憲政史家が天皇、九条、靖国神社、集団的自衛権など日本の争点を一刀両断。日本国憲法の問題点を白日の下に...

もっと見る

帝国憲法の真実 (扶桑社新書)

821(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

帝国憲法の真実

648(税込)

帝国憲法の真実

ポイント :6pt / 紙の本より173おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

明治・大正を支えた帝国憲法は、なぜ悪魔の憲法に貶められたのか? 気鋭の憲政史家が天皇、九条、靖国神社、集団的自衛権など日本の争点を一刀両断。日本国憲法の問題点を白日の下にさらし、帝国憲法をタブーから解き放つ!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

倉山 満

略歴
〈倉山満〉1973年香川県生まれ。中央大学大学院博士前期課程修了。憲政史研究者。国士舘大学で日本国憲法を教える。著書に「噓だらけの日米近現代史」「噓だらけの日中近現代史」「保守の心得」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/05/19 20:00

投稿元:ブクログ

憲法=constitution=政体・国体ということで憲法を語るなら国家論は抜きにはできない。本書は国家論に正面から取り組んでいるので「国家論なき憲法論」(百地章先生の指摘)となってしまっているタコツボ憲法学者の本よりはいいと思う。

とはいえ著者が帝国憲法ファンダメンタリストであるので主張の部分は割り引いて聞いたほうがいい。読み物としては面白く情報としては相応の価値があると思った。

帝国憲法の再評価の本としては八木秀次先生の『日本国憲法とは何か』も読んだが、憲法3条の解説と、社会契約説の理解においては本書の方がいい。

天皇親政の建前でありながらたくみに立憲君主制としての統治機構を組み上げている帝国憲法は、19世紀の憲法典としてはよくできていると私も評価する。

が、非常時に大権を奉還することで危機を乗り越えることを意図してそのようにできている、というのは、「危機管理」などという言葉が普及する前の時代でそこまで考えてあるのか、私はちょっとここは同意しかねる。

思うに、天皇の権威を最大限政府が利用し統治力を高めるように考えた結果ではないか。じっさい、国民が立憲君主制に気づいて「天皇機関説」とか語りだすのはだいぶ後のことだ。親政は建前ではなく実態だと信じられた時代は長い。

帝国憲法も現行憲法もいいとこ取りをして次の憲法に生かせばというのが私の今のところの考え。帝国憲法が優れていても現代に復活させればやはり時代に合わないところがあるだろう。現行憲法に内閣の規定や文民統制が取り込まれたのも意義のないことではないし。

なお、文民統制が軍部の独走を抑えるという機能だけで語られず、戦争に勝つために必要な体制、と指摘したあたりは鋭いと思う。日本だって文民統制がなってなくて負けたし、第一次大戦のドイツも例示されている。

2016/12/04 10:25

投稿元:ブクログ

帝国憲法に戻そうと考えている団体がいると、ネットを見ていると、そういう集団がいるのではないか!
ということで、ちょとお勉強!

2015/10/02 15:35

投稿元:ブクログ

――――――――――――――――――――――――――――――
帝国憲法こそ、日本国の歴史と文化と伝統に則ったまっとうな憲法であり、世界標準の文明国の通義にかなった憲法なのです。10
――――――――――――――――――――――――――――――
吉田茂は答弁しています。
「御誓文の精神、それが日本国の国体であります」
「日本においては他国におけるがごとき暴虐なる政治とか、あるいは民意を無視した政治の行われたことはないのであります。民の心を心とせられることが日本の国体であります」33
――――――――――――――――――――――――――――――
警察のようなものである警察予備隊を創設し、海上保安庁のようなものである保安隊から軍隊のようなものである自衛隊へと組織改編を行い、なし崩し的な再武装を行うのです。すべて「のようなもの」です。58
――――――――――――――――――――――――――――――
戦前の憲法学では、もちろん条文は重視しますが、国体こそ真の憲法だとの共通認識がありました。憲法典の条文解釈においても、我が国の歴史・文化・伝統に鑑みて、どのような解釈が適当であるかが、議論の優劣を決する基準だったのです。124
――――――――――――――――――――――――――――――

2014/08/17 23:06

投稿元:ブクログ

現行の日本国憲法について考えるにあたり明治憲法(帝国憲法)についてはあまり知識がないなぁ、と思い読んだ。国とは何か、そもそも憲法とは何か、という基本的な点をあまりに私たちは考えてないことを思い知らされた感じです。

2014/06/01 19:57

投稿元:ブクログ

東アジアで初めて欽定された大日本帝国憲法。国家の非常時に国民すら守れないコミュニストが作文した現憲法は廃止すべきだなぁ、と思う本。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む