サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

狂書伝

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.7 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/22
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/281p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-331442-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

狂書伝

著者 勝山 海百合 (著)

時は明代の中国。揚子江流れる豊かなまちに稀代の名筆家と謳われる男がいた。この男陳遷は、しかしながら権勢家にして行いは残虐非道。人々を恐怖と憤怒に陥れていた。彼を懲らして、...

もっと見る

狂書伝

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

狂書伝

1,296(税込)

狂書伝

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

時は明代の中国。揚子江流れる豊かなまちに稀代の名筆家と謳われる男がいた。この男陳遷は、しかしながら権勢家にして行いは残虐非道。人々を恐怖と憤怒に陥れていた。彼を懲らして、同時に世を正すべく暗躍する、仙術を使う異能の女・斑娘。その運命を握るのは、一通の手紙…筆の魔力に取り憑かれた人々の狂奔を描く傑作中華伝奇小説!【「BOOK」データベースの商品解説】

明の時代、名筆にして残虐非道な権勢家がいた。彼を懲らし世を正そうとする異能の女・斑娘。運命を握るのは一通の手紙…。筆の魔力に取り憑かれた人々の狂奔を描く中華伝奇小説。【「TRC MARC」の商品解説】

書は、必ずしも人ならず。筆は、時として人を狂わす――。時は明代の中国。揚子江流れる豊かなまちに稀代の名筆家と謳われる男がいた。この男陳遷は、しかしながら権勢家にして行いは残虐非道。人々を恐怖と憤怒に陥れていた。彼を懲らし同時に世を正すべく暗躍する、仙術を使う異能の女・斑娘。その運命を握るのは一通の手紙……書の魔力に取り憑かれた人々の狂奔を描く傑作中華伝奇小説!【商品解説】

著者紹介

勝山 海百合

略歴
〈勝山海百合〉岩手県生まれ。「軍馬の帰還」で第4回ビーケーワン怪談大賞、「さざなみの国」で第23回日本ファンタジーノベル大賞大賞を受賞。ほかの著書に「竜岩石とただならぬ娘」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価2.7

評価内訳

2014/06/17 15:53

投稿元:ブクログ

中華ファンタジーと言われて真っ先に多い浮かぶのが仁木英之の「僕僕先生」シリーズですが、本作はこのシリーズと比べてあらゆる点で劣ります。主人公もふくめた登場人物達に魅力が乏しく、ストーリー展開もぶつ切りでリーダビリティは悪い。個人的には比較的相性のいい「日本ファンタジーノベル大賞」なんですが、この人に限って次はもうないかも。

2015/11/27 15:39

投稿元:ブクログ

大富豪にして書の収集家である陳家のどこかにある、災いの種となる書を回収するため班娘は陳家の使用人無角と計らい、令嬢婉を拐かす。
一方、婉の友人の兄は若い女の書いた手紙を収集する奇癖があり、妹に呆れられていた。

2014/08/31 22:37

投稿元:ブクログ

ディー判事好きの私には、好みの一冊。ほんのすこしの仙術は出てくるものの展開としては推理小説。終盤、主人公のキャラが普通の人間に見えるけどまぁ気にはならないか。

2014/07/27 22:51

投稿元:ブクログ

念が籠り災いを引き起こそうとしている書を手に入れ成仏させようとする主人公は、不思議な力を持ち大胆だが、万能ではなく冷淡でもなく、故に傷つけるものの少ない方法を選ぶ。問題の書は目指す場所にあるのか、手に入るのか。
記録文書の様に淡々と重ねられる文章に可笑し味と奥行きがある。
登場する人物達はそれぞれの立場で当たり前に思っている生き方を変えない。その人にとってはそれが当たり前なのだと実感させる描写で、感情移入はできない人物にも納得してしまう。
ほんの少し登場する舟の少年や知のある義母が印象的。

2014/06/21 17:03

投稿元:ブクログ

関係の無さそうなエピソードが、思いもよらぬ方向に転がって関係してくる構成が面白かったです。多分、表紙絵にもなっている斑娘という仙人めいた少女が主人公と思いますが、いろんな登場人物にスポットライトが当たっているので、あまり主人公と言う印象は無かったです。それと同時にテーマが何だったのか一つに絞りかね、それぞれのキャラや、その趣味嗜好など、面白いに違いないのですが焦点がバラけた感じに。

ファンタジー ランキング

ファンタジーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む