サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

特捜7 銃弾

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/22
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/345p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-335711-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

特捜7 銃弾

著者 麻見 和史 (著)

ベテラン警官が殺害され拳銃が奪われた。続発する射殺事件と遺体損壊の謎を追い、特捜チームの岬怜司は、妙な特技を連発する所轄署の里中宏美とコンビを組む。緻密な推理から浮上する...

もっと見る

特捜7 銃弾

1,836(税込)

特捜7―銃弾―

1,469 (税込)

特捜7―銃弾―

ポイント :13pt / 紙の本より367おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ベテラン警官が殺害され拳銃が奪われた。続発する射殺事件と遺体損壊の謎を追い、特捜チームの岬怜司は、妙な特技を連発する所轄署の里中宏美とコンビを組む。緻密な推理から浮上する過去の迷宮入り事件、その闇に消えた男。二人が、封印された真実に迫った時、記憶の彼方から意外な姿で現れるのは何者か?ミステリーの魅力と、キャラクターの個性が融合した警察小説の醍醐味!【「BOOK」データベースの商品解説】

ベテラン警官が殺害され拳銃が奪われた。特捜チームの岬怜司と所轄署の里中宏美は、続発する射殺事件と遺体損壊の謎を追う。緻密な推理から浮上する迷宮入り事件。二人が真実に迫る時、記憶の彼方から意外な姿で現れるのは…。【「TRC MARC」の商品解説】

警官殺しと両腕のない死体。一課のエースと変わり者の女性刑事が謎を追う! ベテラン警官が殺害され、拳銃が奪われた。連続する射殺事件と遺体損壊事件を追い、特捜チームの岬怜司は、妙な特技を連発する所轄署の里中宏美とコンビを組む。緻密な推理から浮上する過去の未解決事件、その闇に消えた男。二人が封印された真実に迫った時、犯人は予想外の姿で現れる! 巧みな伏線が冴える本格捜査ミステリー。【商品解説】

著者紹介

麻見 和史

略歴
〈麻見和史〉1965年千葉県生まれ。立教大学文学部卒業。2006年「ヴェサリウスの柩」で第16回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。「石の繭」をはじめ、ミステリー的要素の濃い警察小説を次々と発表。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2015/10/29 16:45

投稿元:ブクログ

ベテラン警官が殺害されて拳銃が奪われた上に、その両腕は切り落とされていた。ミステリとしてはまぁまぁ面白いのですけど、ちょっと現実的ではない他県警との連携とか、不自然なご都合主義がちょっと興ざめ。

2016/12/21 09:18

投稿元:ブクログ

「特捜7」と言うタイトルから、7人の刑事が活躍するのかと思ったら、そうではなかった…江戸川を中心に起こった連続殺人事件。1件目に起きた事件では、警官が殺され、両腕を切断された挙句、拳銃も奪われる。そして、第2、第3の事件が起きるが、その事件は24年前の殺人事件に関係したものだった…警察物としては良くある話。続篇が出てるから、期待して読んだけど、「良くある話」以上でもなく、主人公の岬と、彼とタッグを組む、ちょっと変わった里中もそれほど魅力的でもなく…とりあえず、続編を読んでから、再度評価してみよう。

2016/05/20 21:52

投稿元:ブクログ

特捜7シリーズ、1作目。

警察の捜査が犯人に都合良く後手後手に回っているのは気になったけど、ちゃんと筋道立った展開で読みやすく、面白く読めた。ただ、特捜7というタイトルの割には、さほどチーム捜査の色を感じなかったかな。主人公の岬はまぁいいとして、同じ特捜チームの佐倉ではなく、所轄刑事の里中の方が準ヒロインとして際立っているせいもあるのかも。その里中のキャラだが、最近よく見る女性刑事パターンなのも気になるところだけれど、まぁ、多少なり独自性も見られるし、好感度高い。なのに、特捜7メンバーじゃないから続編にはもう出ないのかナ、なんて思っていたら、意外や続投するらしい。シリーズカラーが弱くなる気もするけれど、まぁ、岬&里中コンビ、また見たいかな。

2014/07/21 22:58

投稿元:ブクログ

警察小説ミステリ。オーソドックスに思えるけれど、キャラ立ちがなかなか楽しくてさくさく読めます。なんといっても里中のキャラがいいなあ。
次々起こる連続殺人、焦燥に駆られる警察、そして浮かび上がった過去の事件。たっぷりの緊迫感で読まされました。

2014/06/28 23:24

投稿元:ブクログ

装幀がなんだか古めかしい感じがする。

特捜7というタイトルからして、7七人の侍、
のような役回りをイメージしたが、そこまでのものではなかった。

キャラクターの中心は3人ぐらいで、
あとはそこまでのものではない。

2015/01/09 22:12

投稿元:ブクログ

岬怜司が里中宏美とのコンビで両腕を切断された遺体発見から、その真相を解明するまでの過程を描いた物語だが、面白い.警官が襲われて拳銃が奪われ、その拳銃が使われた事件も発生.宏美の行動が緊張した事件の中の清涼剤の様な感じで読んでいて楽しめた.24年前の事件との関連から岬が推理して行く過程が秀逸だ.佐倉響子の存在もチームの中で光っている.

2014/06/22 13:00

投稿元:ブクログ

警官が殺害され、銃が奪われた。その銃を使用しての連続殺人事件。捜査一課のイケメン刑事と所轄の変わり者女性刑事がコンビを組んで事件解決に走る。
事件のつながりが見えても進展せず、やきもきした。捜査本部と一緒に焦った。
岬の里中への心の中のツッコミが笑える。とてもいいコンビだと思う。今回だけのコンビはもったいない。。シリーズ化希望。
それにしても表紙カバーの顔が濃ゆい。。

2014/09/28 19:40

投稿元:ブクログ

麻見の作品は警察小説の本格絡みのスタイルを維持してくれている。
読みやすく成って、構成もしっかりとしている。
十一係シリーズと内容の変化がみられないのは、新境地としてはどうかな?
単にキャラクターが変わっただけのイメージはあるが、整理された物語構成は評価出来る。

2016/09/06 11:03

投稿元:ブクログ

その番組に好きな俳優さんが出ているから最後まで見た、という感じです。
ダラダラ結末が退屈でした。
・・・仕事はできるけど心配性、っていう岬さんが好ましい。
続編も読みます。