サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

迷子の王様

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 61件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/22
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/232p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-475005-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

迷子の王様 (君たちに明日はない)

著者 垣根 涼介 (著)

一時代を築いた優良企業にも、容赦なく不況が襲いかかる。リストラ請負人・村上真介のターゲットは、大手家電メーカー、老舗化粧品ブランド、地域密着型の書店チェーン…そして、つい...

もっと見る

迷子の王様 (君たちに明日はない)

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

迷子の王様―君たちに明日はない5―

1,210(税込)

迷子の王様―君たちに明日はない5―

ポイント :11pt / 紙の本より302おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一時代を築いた優良企業にも、容赦なく不況が襲いかかる。リストラ請負人・村上真介のターゲットは、大手家電メーカー、老舗化粧品ブランド、地域密着型の書店チェーン…そして、ついには真介自身!?逆境の中でこそ見えてくる仕事の価値、働く意味を問い、絶大な支持を得る人気シリーズ、堂々完結。【「BOOK」データベースの商品解説】

一時代を築いた優良企業にも、容赦なく不況が襲いかかる。リストラ請負人・村上真介のターゲットは、大手家電メーカー、老舗化粧品ブランド…そして、真介自身!? 痛快お仕事小説、堂々完結。『小説新潮』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

迷い続け、悩み抜いたからこそ、やって来る明日がある。大ヒットシリーズ、堂々完結! 一時代を築いた優良企業にも、容赦なく不況が襲いかかる。凄腕リストラ請負人・村上真介のターゲットになったのは、大手家電メーカー、老舗化粧品ブランド、地域密着型の書店チェーン……そして、ついには真介自身!? 逆境の中でこそ見えてくる仕事の価値、働く意味を問い、絶大な支持を得るお仕事小説、感動のフィナーレ!【商品解説】

収録作品一覧

トーキョー・イーストサイド 5−73
迷子の王様 75−116
さざなみの王国 117−176

著者紹介

垣根 涼介

略歴
〈垣根涼介〉1966年長崎県生まれ。「午前三時のルースター」でサントリーミステリー大賞と読者賞を受賞。「ワイルド・ソウル」で日本推理作家協会賞など、「君たちに明日はない」で山本周五郎賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー61件

みんなの評価4.0

評価内訳

2014/06/18 11:41

投稿元:ブクログ

シリーズ完結編。
終ってしまうのはさみしくもあるが、頃合いなのかも。
今までいろいろ楽しんだ。
今回は、被面接者よりも、真介や山下の側から、自分にとっての仕事とは何か、を問いかけている。
前向きなラストも、このシリーズにふさわしかった。

2014/06/11 17:03

投稿元:ブクログ

+++
迷い続け、悩み抜いたからこそ、やって来る明日がある。大ヒットシリーズ、堂々完結! 一時代を築いた優良企業にも、容赦なく不況が襲いかかる。凄腕リストラ請負人・村上真介のターゲットになったのは、大手家電メーカー、老舗化粧品ブランド、地域密着型の書店チェーン……そして、ついには真介自身!? 逆境の中でこそ見えてくる仕事の価値、働く意味を問い、絶大な支持を得るお仕事小説、感動のフィナーレ!
+++
表題作のほか、「トーキョー・イーストサイド」 「さざなみの王国」 「オン・ザ・ビーチ」
+++

リストラ請負人・村上真介シリーズ最終章である。今作では、被面接者に対する真介の悩みや葛藤ではなく、リストラされる側の人物それぞれの境遇や胸の裡がつぶさに描かれているのが印象的である。さらに、とうとう真介自身も次のステージをどう生きるかを考えなくてはならない状況になり、心の動きがより興味深くもある。サブタイトルは「君たちに明日はない」だが、それぞれがちゃんと自分の明日を選び取っているのが救いでもある。真介と陽子の明日がどうなるのかも気になるところだし、終わってしまうのが残念なシリーズである。

2015/01/25 11:05

投稿元:ブクログ

君たちに明日はないシリーズ5編完結。リストラ面接請負人の真介が多種の業界の面接を通して、真介が感じる被面接人と被面接人自信の人生を描く。所々にはっと思う名言が散りばめられている。『迷子の王様』ではっと思った部分を紹介する。「今の自分で判断できないことは、また状況が変われば、その時に判断すればいい。そういう曖昧な自分を許しておく。」「社会的な利害、あるいは立場だけで繋がった人間関係は、簡単に膝を突き、崩れ落ちていく。でも、そんな状況の中で唯一変わらないものがあるとすれば、それは、おそらくは誰かを大事に思っているという、その気持だけであろう」リストラというドライな部分だけでなく、人生模様を描いていて毎度楽しく読めた。著者の垣根涼介は04年の『ワイルドソウル』で史上初の三冠を受賞に輝いた作家である。サラリーマンならはっとするストーリーもあるだろうと予想されるため、サラリーマンに読んで欲しい小説。

2014/08/25 18:47

投稿元:ブクログ

シリーズ5作目にして、潔く終了。
今回は化粧品会社、電機メーカー、書店チェーンのリストラ。そして最後は真介自身の転職という構成。
借金取りの王子、幸せそうでなにより。どんな話だったか全然覚えてないけど(笑)
あんなに挙動不審だった書店員が最後に出てきたときは別人のように普通に喋っていたのは少し不思議な感じがしたな。

2014/06/17 15:51

投稿元:ブクログ

【ネタバレ】シリーズ第5弾にして完結作。主人公はリストラ請負人でありながら自分のリストラにも対応を余儀なくされます。大団円的結末に文句はないのですが、願わくば主人公の恋の行方にも決着を付けて欲しかったです。

2014/09/27 23:50

投稿元:ブクログ

リストラ請負会社で働く真介が係る今回は全4話。

化粧品メーカー勤務 33歳女性。
メーカー開発研究員 42歳男性。
書店勤務 33歳女性。
真介、山下 40歳。4話目は真介自身の話です。

今の世の中は、変わっていく。今の状況がずっと続くとは限らない。
それぞれの主人公たちの決断が、相変わらずさっぱりとしたさわやかな感じで描かれています。

2014/08/03 09:28

投稿元:ブクログ

リストラ請負人、村上くん「君たちに明日はない」の最新シリーズにして完結編。
社長の高橋が、ダンディで格好良い。
このシリーズを読むと、仕事したくなる。

2014/06/17 10:20

投稿元:ブクログ

リストラ請負人も第5弾で完結。
様々な職種の状況、それぞれの人間模様など読み応えのあるシリーズだったが、最後はやはり締め括りなのか、いつもよりメッセージ性が強かった気がする。
ちょっと信介が格好良すぎるようだが、題材がリストラ請負ということもあり、希望を持たせた終わり方だったのかもしれない。

2014/11/02 23:23

投稿元:ブクログ

君達に明日はないシリーズ5。完結編。リストラ転あえ職の現場で悪戦苦闘する。メモ啓介(1)企業とそこに勤める人ってどこか男女関係に似ている気がする
(2)自分の仕事の社会的な意味に絶えず疑問を持ちながら、時にはやってらんねぇ、などと後向きの意識を持ってしまうような職種の人間が、結果として、自分の仕事に懸命に向き合って来た人間の首を切るのだ。
(3)世の常識と今の自分に暫時寄り添いながらも、自分の正しさを、そして自分の常識を疑い続ける者だけが、大人になってからも人間的に成長し続けられるのではないか。
(4)時代ってのは生き方のことだ。
(5)こんなものがあったらいいな。そんなものを作る。そして人に喜ばれる。それが、本当に報われるってことだろう。
(6)食う為だけに仕事をする人間はいつ時代だってその仕事からは永久に報われることはない。
(7)どんな人間の人生も他人の人生の断片からなる集合体で成り立っている。…それが体感的に分かっている者でなくては、実社会での自立は出来ないだろう。
(8)人は…それを裏付ける気持ちを持つ相手に対してだけ、動くんじゃないかと僕は思う。そしてその気持ちは当然動きにも出る。

2014/12/15 17:13

投稿元:ブクログ

待っていた「君たちに明日はない」シリーズ。リストラ組の僕にとって響く内容がありました。ただ、確かに社会情勢が変わり、業界事情より人物主体になってきますね。これで完結ってのも仕方ないでしょう。しかし、社長と陽子の微妙な雰囲気と言うか伏線は消滅したなぁ~続くなら三角関係もありえ・・ないか(笑)
思い入れがあるだけに、新たな設定でのシリーズに期待します。

2014/07/28 10:42

投稿元:ブクログ

シリーズ5作目ならではの安定感。
この5作目で完結。
リストラ請負人、真介。仕事柄、他人からよく思われない立場にあるのだろうけれど、真介の人柄がそうさせるのか、面接も嫌味な感じではない。
一緒にこれからのことを考えてくれている人という雰囲気。
本人が、自分の今後を考えることになるなんて……。
さて、どのような道を選択するのだろうか?
先が気になるのに、これで完結!?

2014/11/27 21:45

投稿元:ブクログ

「君たちに明日はない」シリーズの完結編。今回のエピソードもどれも面白かったが、これまでのものと比べると全般的にあまり印象に残らない感じではあった。ラストは、シリーズのフィナーレとして、良い話のまとめ方だったと思う。

2014/07/31 22:23

投稿元:ブクログ

「君たちに明日はない」シリーズの第5弾です。この巻で、シリーズは完結することになりました。
今回も、どのエピソードも働くことについて考えさせられる心に残るものでした。中でも印象的だったのは、かって村上の会社がリストラした男のその後が描かれた場面でした。その男は、今ではコンビニの店員になっていました。しかし、男の顔には笑顔がもどっていました。これを読んだとき、人間泣くときもあるけれど、いつかまた笑える時もくると救われるものを感じました。

2014/11/16 11:33

投稿元:ブクログ

今作でシリーズ完結と言うことで、ちょっと寂しい気もしますが、終わるタイミングとしてはちょうど良かったのかなと思いました。
このシリーズではリストラを機会に、いろんな立場や職種の人たちがそれぞれの人生の選択の仕方や考え方が描かれてきて、中には正直ご都合主義じゃないかと思う話も多々ありましたが、同時にこれから頑張ろうと言う前向きな気持ちも湧いてくるシリーズでした。
仕事に何を求めるかは人それぞれですが、「迷子の王様」での父親の言葉が印象に残りました。

2014/08/30 23:11

投稿元:ブクログ

シリーズ5弾。そしておそらくは最終作。このシリーズを読んできて、働くことの意味をいろいろと考えさせられました。たしかに働くのは生活のため、というのが基本だけれど。それだけじゃ寂しいというのもうなずけます。
お気に入りは「さざなみの王国」。本好きにはうなずける部分が多々。それに彼女のキャラクターがなーんか自分とかぶるところもあって親近感が。