サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

誤解学(新潮選書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/23
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮選書
  • サイズ:20cm/197p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-603746-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

誤解学 (新潮選書)

著者 西成 活裕 (著)

人類が誕生して以来、「誤解」がもとでの悲喜劇は絶えることがない。それは恨み、嫉妬、断絶、争いを呼び、時には、歴史を変え、芸術を生み、科学を発展させてもきた。気鋭の渋滞学者...

もっと見る

誤解学 (新潮選書)

1,296(税込)

誤解学(新潮選書)

1,037 (税込)

誤解学(新潮選書)

ポイント :9pt / 紙の本より259おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人類が誕生して以来、「誤解」がもとでの悲喜劇は絶えることがない。それは恨み、嫉妬、断絶、争いを呼び、時には、歴史を変え、芸術を生み、科学を発展させてもきた。気鋭の渋滞学者が「誤解」について系統立てて考察する。【「TRC MARC」の商品解説】

あなたはなぜ他人から正しく理解されないのか? 人類が誕生して以来、国家間から男女の仲まで、「誤解」がもとでの悲喜劇は絶えることがない。それは恨み、嫉妬、断絶、争いを呼び、時には歴史を変え、芸術を生み、科学を発展させてもきた。人間とは切っても切り離せない「誤解」の、原因や種類からメカニズム、対策まで、気鋭の渋滞学者が系統立てて考察した前代未聞の書!【商品解説】

著者紹介

西成 活裕

略歴
〈西成活裕〉1967年東京生まれ。東京大学先端科学技術研究センター教授。専門は非線形動力学、渋滞学。「渋滞学」で講談社科学出版賞、日経BP・BizTech図書賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/08 02:01

投稿元:ブクログ

伝える、理解する等の過程において様々な誤解を生じることは避けがたいが、「誤解」に対して多角的な視点で捉え、分析していこうという試み。理論についていくと、興味は尽きない。

2014/11/12 17:39

投稿元:ブクログ

第2章の「誤解の理論」は当初取っ付きにくい感じだったが、読んでいくうちになんとか理解できるようになった.面白い理論だ.示唆に富む事柄が満載だが、142頁の次のフレーズが良かった.「我々は真意での合意を望むのではなく、お互いが誤解していると感じないように努力することこそ重要なのだ.」

2014/06/23 21:24

投稿元:ブクログ

著者の誤解に基づく記述があって,楽しめる?
式らしきものも出てくるのだが,式にするなら記号の使い方をもっとちゃんとしてほしい。素人を式で驚かせているだけではないのか?

書評で知って図書館で借りようかと思ったのだが,待ち行列が長すぎるので,紀伊国屋書店で購入;
06/24新幹線で浦佐に向かう時から読み始め;

2016/01/01 09:59

投稿元:ブクログ

誤解というコミュニケーションの問題を数理モデルで定義する試み。渋滞学、無駄学に続く応用数理の啓蒙書?

2014/06/30 18:49

投稿元:ブクログ

著者の真意を理解することができたと思うのは誤解かもしれない。モデル化して数式を作り出すというのは、勇気のあるアプローチだと思う。

2014/09/28 13:21

投稿元:ブクログ

力作。秀作。
誤解を学問的なものにした、ユニークな本。着目が良い。
世代間、聞き間違い。
相手の立場になる。
ある意味、誤解は防げないのを前提に行動する
と言うことかも。
自分の理想、プライドを一瞬捨てる。あきらめる。誤解されてもいいじゃないか。自分の心が決めてるだけのこと。気の持ちようだ。

2014/08/03 22:34

投稿元:ブクログ

西成先生の本は面白いですね。
ただ、『渋滞学』の方が面白かったですけど。

誤解を数式で表すのは、とても新鮮でしたし、モデルとしても納得できるものでした。
基本的な考えは、かなり使えそうなので、今後は、今回この本で目にしたモデル・数式を意識して、コミュニケーションをしてみたいと思います。

2017/03/28 23:37

投稿元:ブクログ

交渉では先に提案したほうがいいらしい。情報操作がなければ噂は半々になる。偏ってるときは情報操作を疑う。相手の意図だと思うものと自分の真意が大きく違ってしまうと話がおかしくなりがち。
ディベート型のロールプレイング、共通の目的の確認が有効。
プライドや理想を3日ほど捨ててみる。人の深読みは2段階。
無駄学の代わりばんこ社会。岸良裕司相自時妙。
おめは敵だから潰すわけにいかない。

2014/09/29 00:33

投稿元:ブクログ

読了に2か月くらいかかってしまった。なぜか。次から次から別の本が間に入ってくるから。私の個人的渋滞は読書。読むより買うまたはもらう(年に1回、図書館のリサイクル市で30冊もらう。そのうちの半数近くは勤務先の貸し出し図書にしているが。)方が多いからあたりまえ、読んでいない本がたまっていく。どうすれば解決するのか。買うのをやめるか。読む時間を増やすか。買うのを一時おさえて、図書館で借りるようにしていたこともあるが、2週間で読み切れないことも多く、図書館に行く時間もなかなかつくれない。映画を見る時間を減らせば読む時間は増やせるが、録画がしやすくなったのとBSで映画の放映が多くなったのとで、ついつい観てしまっている。たまに大型書店に行くと、発作的に買い込んでしまう。西成先生、この渋滞、何とかなりませんか? さて最近の誤解。私はされた方。教え子が大学生になったので採点などのアルバイトに誘った。クレームの電話をとった彼女は、たぶんクレームとは気付かずに、メモだけおいて帰ってしまった。あとで、これはきちんと注意しておこうと電話をした。留守電だったので一瞬迷ったが、放っておくとすぐ忘れるので、留守電に今後注意してもらう点を録音しておいた。こういうことは留守電はだめだ。ノンバーバルなコミュニケーションの部分で言い方を和らげる必要がある。社会人としても育ててあげないと、という思いもあったのだけれど、「教えてもらってもいないのに、そんなこと私にはできません」と、これまた電話で言ってきた。きちんと会って話せば分かってもらえるような気もするし、もともとそういう人だから仕方ないとあきらめることもできるし、西成先生、どうすればいいですか? ひょっとして、このレビュー読んでもらっていますか? 西成先生。ちょっと理論の部分は記号が多くなってくるとついていけなくなりましたが、前2作同様、楽しませていただきました。