サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

先生のお庭番(徳間文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/06
  • 出版社: 徳間書店
  • レーベル: 徳間文庫
  • サイズ:15cm/312p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-893838-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

先生のお庭番 (徳間文庫)

著者 朝井 まかて (著)

出島に薬草園を造りたい。依頼を受けた長崎の植木商「京屋」の職人たちは、異国の雰囲気に怖じ気づき、十五歳の熊吉を行かせた。依頼主は阿蘭陀から来た医師しぼると先生。医術を日本...

もっと見る

先生のお庭番 (徳間文庫)

680(税込)

先生のお庭番

680 (税込)

先生のお庭番

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

出島に薬草園を造りたい。依頼を受けた長崎の植木商「京屋」の職人たちは、異国の雰囲気に怖じ気づき、十五歳の熊吉を行かせた。依頼主は阿蘭陀から来た医師しぼると先生。医術を日本に伝えるため自前で薬草を用意する先生に魅せられた熊吉は、失敗を繰り返しながらも園丁として成長していく。「草花を母国へ運びたい」先生の意志に熊吉は知恵をしぼるが、思わぬ事件に巻き込まれていく。【「BOOK」データベースの商品解説】

「草花を母国へ運びたい」 阿蘭陀から来た医師しぼると先生の意志に、熊吉は知恵をしぼるが、思わぬ事件に巻き込まれ…。日本の草木に魅せられたシーボルトと若き植木職人の、国を越えて生まれた信頼と情熱の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

舞台は長崎の出島。15歳で修行中の庭師・熊吉はオランダ商館への奉公を命じられた。仕える相手はシーボルト。なんと更地に薬草園を作れという。熊吉はそれでも工夫を重ねて見事な薬草園を仕上げ、シーボルトと妻のお滝の信頼を得てゆく。四季折々の草花に魅入られたシーボルトは、熊吉に日本の自然の豊かさについて説き、どこの国でも同じだと思っていた熊吉は驚かされる。土と草花を通して人のぬくもりを描いた、感動の職人小説にして成長小説。【商品解説】

著者紹介

朝井 まかて

略歴
1959年大阪府生まれ。甲南女子大学文学部卒業。コピーライターとして広告制作会社に勤務後、独立。2008年「実さえ花さえ」で第三回小説現代長編新人賞奨励賞を受賞し、同作でデビュー。近著に「すかたん」「花競べ」。「恋歌」で第150回直木賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (10件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

江戸時代の日本人のすばらしさ

2016/02/14 13:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

草木、花、自然を愛でるっていいなあ。昆虫もそうだけれど、自然と一体になって生きようとしていた近世の日本は素晴らしいと思う。誰かに誉められたいからとか、出世したいとか欲よりも与えられた役割に疑いをもたず全うすることができていた日本人は、シーボルトが感じていたように、わたしも立派だし抜きん出ていると思う。やはりあの時代の日本は世界一に近い民度だったんだな。明治に入り欧米文化に触れ、自然を征服しはじめてから狂ってきてしまった。その恩恵をうけて生きているわたくしなのだけれど。また原点に戻れるなら戻りたいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新たな分野

2015/08/25 11:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あんこパン - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者を知ったのは、単行本の「実さえ花さえ」。この本で「花師」という職業を初めて知り、その繊細さ、細やかな仕事ぶりに大変興味を持った。以来、著者の作品は読み続け、今回の作品も、庭師のお話で、実在した人物が出てきたり、知った土地が舞台だったりしたこともあり、とても興味深く読んだ。著者の作品を読んでから、通りすがりに庭の剪定をしている植木屋さんを見かけると、つい立ち止まって、その仕事ぶりに見入ってしまうときもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/04/05 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/17 20:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/25 11:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/22 17:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/03 11:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/20 19:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/13 18:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/14 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/14 19:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/02 16:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/16 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/19 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/01 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

徳間文庫 ランキング

徳間文庫のランキングをご紹介します一覧を見る