サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. アラスカへ行きたい Almost ALL ABOUT ALASKA

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

アラスカへ行きたい Almost ALL ABOUT ALASKA
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/31
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:23cm/141p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-335771-1
  • 国内送料無料

紙の本

アラスカへ行きたい Almost ALL ABOUT ALASKA

著者 石塚 元太良 (著),井出 幸亮 (著)

シーカヤック/先住民文化/ブッシュパイロット/ブリューワリー巡り/アラスカン・グルメ/ゴールドラッシュ/アラスカを旅した人たち/デナリ/フィッシング/トレイルウォーク/パ...

もっと見る

アラスカへ行きたい Almost ALL ABOUT ALASKA

2,484(税込)

ポイント :23pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

シーカヤック/先住民文化/ブッシュパイロット/ブリューワリー巡り/アラスカン・グルメ/ゴールドラッシュ/アラスカを旅した人たち/デナリ/フィッシング/トレイルウォーク/パブリックキャビン/野生動物/スキー/お土産/鉄道/オーロラ/犬ぞり/パイプライン/ブルックス山脈/氷河/アラスカ・ファッション/写真家たち/ブックガイド。“北の大地”に魅せられた写真家と編集者がその魅力をキーワードで徹底的に読み解く刺激的アラスカン・カルチャーガイド!【「BOOK」データベースの商品解説】

“北の大地”アラスカに魅せられた写真家と編集者が、その魅力をキーワードで徹底的に読み解く刺激的アラスカン・カルチャーガイド。アラスカ前史からタウンガイドまで、豊富な写真やイラストとともに収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

本邦初! 最強の“最果ての地”ガイド! 熱々のコーヒー片手にノーザンライツ、大氷河を目の前にシーカヤック、ゴールドラッシュの遺構を辿ってトレイルウォーク。大自然のなかでのアクティビティから知られざるアメリカ史の痕跡まで――“最果ての地”に魅せられた写真家と編集者、二人の青年がその重層的な魅力をキーワードで徹底的に読み解くカルチャーガイド。【商品解説】

著者紹介

石塚 元太良

略歴
〈石塚元太良〉1977年生まれ。東京都出身。写真家。写真集に「PIPELINE ICELAND/ALASKA」「LENSMAN」など。
〈井出幸亮〉1975年生まれ。大阪府出身。編集者。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/10 18:11

投稿元:ブクログ

読書録「アラスカへ行きたい」4

著者 石塚元太良、井出幸亮
出版 新潮社

p59より引用
“サワードウとはパンの発酵に使われる酵母
で、かつて金鉱夫たちは長旅の際に「スター
ター」と呼ばれる発酵種をポットに入れて保
管し持ち歩いた。種菌を絶やさずにいれば、
同じ酵母を使い半永久的にパンが作れるから
だ。”

 写真家と編集者の二人による、アラスカの
魅力を紹介する一冊。
 アラスカについての基礎知識から旅行に際
してのアドバイスまで、カラー写真とイラス
トを惜しみなく使って記されています。

 上記の引用は、酸っぱいパンについて書か
れたコラムでの一節。何とも上手く考えられ
ていて、便利なものだと思います。
老舗のウナギのタレのようなものと、この後
書かれていますが、ゴールドラッシュ当時か
ら受け継がれている種菌も、存在しているか
もしれませんね。
 雪ばかりのイメージがありますが、写真を
見ていると、山歩きや釣りを半袖でしていた
りするので、夏場はやはり暑いのでしょうね。
 観光シーズンの夏場は、物凄く混んでいる
そうです。北の果てのように思っていました
が、パッケージツアーなら直行のチャーター
便があるそうなので、以外に行きやすいよう
です。距離的には、ハワイのホノルルより近
いそうです。

ーーーーー

2015/07/22 09:09

投稿元:ブクログ

いい加減返却しないとなぁ…(図書館に。)

星野道夫さんに憧れて
アラスカという地に興味を持った、と言う
著者の『アラスカガイドブック』は
読書の合間にパラリ、と捲ると
頭のなかの活字が全部煌く星となって、
パアァッと、夜空へ散りばめられてゆくかの様。

一瞬、
空っぽになってしまう体中の清々しさに浸りながら、オーロラの出現を待っていると
時折、聞こえてくる星野さんの思い出。

>彼ほど魅力のつまった人はいないわ…

>カリブーの群れを撮影する為、何日も荒野でひとり野営を続ける。その精神の孤高性は一体どこからくるのだろうね…

アラスカを観光する人の為のガイドブックなので
旅する気分で軽く読める所と、
この地が好きすぎてたまらない感情が、時折先走る所が好ましかった。(^^♪

海外紀行・旅行記 ランキング

海外紀行・旅行記のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む