サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ライオンのひみつ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:幼児
  • 取扱開始日:2014/06/02
  • 出版社: 国土社
  • サイズ:25×25cm/32p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-337-06247-4
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ライオンのひみつ

著者 マーガレット・ワイルド (文),リトバ・ボウティラ (絵),木坂 涼 (訳)

としょかんのいりぐちにすわっているせきぞうのライオン。ひんやりとつめたいからだにおそろしげなかお、としょかんにやってくるこどもたちはそばへいこうともしません。でも、たった...

もっと見る

ライオンのひみつ

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

としょかんのいりぐちにすわっているせきぞうのライオン。ひんやりとつめたいからだにおそろしげなかお、としょかんにやってくるこどもたちはそばへいこうともしません。でも、たったひとりライオンのそばにやってくるおんなのこがいました。【「BOOK」データベースの商品解説】

図書館の入り口に座っている石像のライオンは、子どもに恐れられていた。でもたった1人、そばにやってくる女の子がいて…。人の気持ちのわからないライオンが、ある孤児と出会い、奇跡を起こす物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

マーガレット・ワイルド

略歴
〈マーガレット・ワイルド〉オーストラリアの児童書作家。作品に「ぶたばあちゃん」「さよならをいえるまで」など。
〈リトバ・ボウティラ〉フィンランド出身の画家。絵画の作品を描く傍ら、児童書のイラストを多数手がける。オーストラリア在住。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/11/01 16:44

投稿元:ブクログ

図書館前のライオンは、一度だけ動くことができる。
彼は、彼のそばで時間を過ごしてくれた2人の前で自分が動いた姿を見せる。

ニューヨークの図書館の前には、ライオンが2匹いる。
彼らは子どもたちの絵本にたびたび登場してくるのだが、今回の絵本にでてくる1匹も、きっとNYPLのライオンがモデルになっているにちがいない。

2014/08/31 18:16

投稿元:ブクログ

いつかの新聞の児童書の紹介で取り上げられているのをよんで、気になっていた。
図書館で目にしてそのことを思いだし、借りて帰った。

図書館の入り口に、石でできた立派なライオンがすわっていた。
石でできた動物も、一度は動くことができる。

子どもたちの顔がかわいくないのだけれど、絵は絵画のように美しい。
雪の中でライオンがなき、動けるようになった瞬間の絵の迫力がすごい。
ライオンが子どもたちに好かれるようになったサイドストーリーを想像するのも、楽しい。
『としょかんライオン』を思い出してしまうのだけれど、これはこれですてきだ。
二度目には、読みきかせの練習をするように、誰もいないのに絵本を持って、声を出してよんでみた。
ゆったりしたスピードで間をもち、絵を味わうようにすると、より深く、ライオンの気持ちに寄り添うことができたことが、不思議だった。
自分に読みきかせをするのも、悪くないかも。

2014/06/23 11:28

投稿元:ブクログ

図書館の前に飾られた彫像のライオンの話。誰からも相手にされないライオンが、渾身の力を振り絞って子どもを助け出すことをきっかけに、周囲に人々が集う場となる。
平凡すぎて印象に残る内容ではない。

2014/08/30 21:31

投稿元:ブクログ

優しくてあたたかい素敵なお話でした☆
ありがち、といえばありがちな展開ですが(^^;;
絵の雰囲気も好きです

2014/06/19 22:24

投稿元:ブクログ

ライオンは強さや勇気、そして優しさなどの象徴として絵本では描かれていることが多いと思います。
本作では描かれているのは優しいライオン。
このライオンは普通のライオンと違うところがあります。
それは図書館の入り口に座っている銅像のライオンということ。
このライオンに誰も近づこうとしません。
優しいのに…。
ライオンの優しさは誰かに知ってもらえるのでしょうか。

2016/05/14 12:22

投稿元:ブクログ

図書館の前には石像のライオンがいます。ライオンは一つの願いを持っていました。その願いとは、動いてみたいということ。そしてある晩、サラという名前の女の子が赤ちゃんの入ったかごを持ち、ライオンの前に倒れこんでしまいます。

外国の絵本 ランキング

外国の絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む