サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. 夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない (モーニングKC)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない (モーニングKC)(モーニングKC)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 発売日:2014/05/23
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: モーニングKC
  • サイズ:B6判/226ページ
  • ISBN:978-4-06-388338-1
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない (モーニングKC)

著者 宮崎 夏次系

初作品集『変身のニュース』/第二作品集『僕は問題ありません』(各全一巻)、両作品とも「俺マン」トップ10入り&「このマンガがすごい!」にランクイン!! 業界最注目の新鋭が...

もっと見る

夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない (モーニングKC)

691(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

初作品集『変身のニュース』/第二作品集『僕は問題ありません』(各全一巻)、両作品とも「俺マン」トップ10入り&「このマンガがすごい!」にランクイン!! 業界最注目の新鋭が、あらゆる種類の「さみしさ」を描いた最新短編集。

好きなものは世の中にいっこでいい。大切なものに代えがあるのは、さみしいから。…第一話「明日も触らないね」よりこれまでにないマンガ表現を模索する絵柄や描写で、評論家や目利きの書店員から2010年代を牽引する逸材として注目を集める宮崎夏次系の最新作。今作では、人間のあらゆる種類の「さみしさ」を描いた短編九本が収録されている。【商品解説】

目次

  • 《第一話》明日も触らないね
  • 《第二話》夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない
  • 《第三話》リビングで
  • 《第四話》わるい子
  • 《第五話》ごらんJ組の様子を
  • 《第六話》毎日
  • 《第七話》石鹸
  • 《第八話》なほちゃんの白いたまごやき
  • 《第九話》妙な夢

著者紹介

宮崎 夏次系

略歴
第56回ちばてつや賞一般部門にて、『赤い朝』で準入選。「モーニング・ツー」40号から『夕方までに帰るよ』を短期集中連載(※未単行本化)。

「モーニング・ツー」53号から『変身のニュース』を連載(※文化庁メディア芸術祭マンガ部門「審査委員会推薦作品」に選出)。この作品より、「夏次系」を「宮崎夏次系」と改名。

「モーニング・ツー」63号より『僕は問題ありません』を連載。「月刊モーニング・ツー」2013年11号より『夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない』を連載。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー28件

みんなの評価4.3

評価内訳

2014/09/09 07:40

投稿元:ブクログ

 前2冊より、洗練されてきた気がします。若干ページ数が足りないのでは? という気もするけど。終わりがくるから急スピードでまとめます! というかんじで。でも上手にまとめてあるとは思いました。

2014/06/06 22:54

投稿元:ブクログ

直接切りつけてくる訳ではないのに、読み終わった後痛くて、気付かない内に目立たないところに傷ができてた、みたいな話ばかり。

2014/11/15 19:31

投稿元:ブクログ

ふらっと入った本屋さんで寂しさがテーマ、みたいな紹介をされていたので衝動買い。可愛いけど暴力性を感じる。すき

2015/03/06 14:10

投稿元:ブクログ

センス溢れる短編集 人間のリアルな痛みが描かれてて、読む時期を誤ったらダバダバ泣きそうな 「毎日」がおきににいり

2014/05/28 02:00

投稿元:ブクログ

言葉には出来ず葬ってきた感情に光を当てた短編集。

毎日に流され、いつの間にか自分でも気づかないくらいさみしさに慣れてしまっていた。そんな人たちの様々なさみしさが、きっとよく描かれているんだと思う。 分かりそうで分からないけど、読んでいて時々胸が苦しくなる作品だった。人はさみしいから優しくも出来るし、平気な顔で傷つけることも出来る。自分がさみしいのか分からないそんな人たちに読んでもらいたいです。

2014/06/01 21:14

投稿元:ブクログ

ちとヤバいものを見た。宮崎夏次系さんの『夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない』という短編漫画。帯に書かれた“「さみしさ」には、種類がある。”という文句のようにいろんな立場のちょっと上手くやれない人たちの視点が描かれる。

ひとつ話が終わる度に鳥肌が立ってドキドキしている自分がいる。分厚いガラスに拳を突き立ててパリンと割ってしまうことがなんだか正義のように思えて、そうしてみるのだけれど、意外に強いガラスに弾き返されて痛めてしまった手首をぼんやり眺めるしかないような虚しさを感じた。それでもどの登場人物も最後に少しだけ救われていて、それは解決とかではないのだけれどとりあえず明日は生きようというところまで持って行ってくれる。極端に思えるかもしれないが、今のところ私は「とりあえず明日は生きよう」ってやつを毎日繰り返せていることに感謝したくなったのだった。

2014/07/28 11:46

投稿元:ブクログ

相変わらず巻数を経ても衰えないセンス。

心の先を針の先で決してグサリとはいかずにちくちくと弄ばれる様な、そんな短編集。

どの話も基本的に家庭に焦点が当たっている


家庭ってやつは小さな社会の箱庭で、大抵決まったルーチンワークを淡々とこなして家族がそれぞれバランスを保っていたりする。

根底には勿論相手に対する思いやりだとかストレスなく暮らすためだっていう想いがある筈だけれど、それも長年の暮らしの中で風化して、いつしか本質が見えなくなり、そのバランスを保つ事だけに注力する様になってたりするもんだ

そこには諦観や、希望や、不満が内在していたりするけれど、結局どうしようもない現実があるだけで、結局連綿とその活動を続けていくばかりだけど

そんな風にして幾重にも重なった想いは、ちょっとしたアクションで簡単に決壊したりする

「今まで話すべき話を私達はしてこなかった」

後に分かるのはそんな当然過ぎるくらい当然の感想で、なんだか少し以前とは違った空気を感じるけれど、結局また同じ様な毎日を繰り返していたりする

家庭ってやつは実に面倒で厄介で呆れる程下らなくて、でも自分にとっては世界の一部で、決して手放す事の出来ないもの。

そこに溢れる諦観と希望の混在した一見整然としていてその実ぐちゃぐちゃに感情が混ざり合った実におかしな環境の中で、私たちが出来るのは結局そこで生き続ける事だけだ

全然関係無いけどこの人の作品はなんでどれも秋の匂いがするんだろう
医者のシャツの柄がえらい可愛い

2014/05/31 13:13

投稿元:ブクログ

帯によれば「さびしさ」がテーマの一冊。

本書を読みつつ、「なるほどそう言われるとそうかもしれない」と思いつつも、「それでいれば『僕は問題ありません』とか『変身のニュース』もそうなのではないか」などとも。

宮崎夏次系の作品ではいつも、奇っ怪な世界で奇っ怪な登場人物たちが彼らなりの「日常」を過ごしている。その登場人物たちはたがいにいつもほんの僅かな接点、すぐさま崩壊してしまいそうな前提、カタチの定まらない感情でもって互いに共感しあっている。

そういう本質的には個々バラバラで、ニュアンスでのみ、曖昧な表現/非表現でしか繋がりを持つことのできない個人とその影を、真っ白な空白や薄いトーンと入道雲で連想される強い日差しが照らし出している。

そこにはいつも一種の「さみしさ」が汲み取れる気がする。

2015/03/17 22:41

投稿元:ブクログ

「変身のニュース」の衝撃から、個人的に、一番注目してる漫画家さんです。

作品の発するメッセージが段々、すっきりしてきた気がします。
妄想を働かせて言っちゃえば、作者が日常で何を考えて(溜めこんで)いるのかがうかがえるというか、
作者の顔が見えるような作品が多くなってきたような。
宮崎さんの漫画は、どんなブラックな作品にも力の抜けた作画やコマがあって、肩肘張りすぎず入りこめるのが魅力だと思ってるんですが(だからこそうっかり油断して読み進め、予想を裏切られたときが心地いい)、
「変身の~」はその遊び心がメインなのか、現実への鋭い視点がメインなのかが(いい意味で)あいまいだったのに対して、
こちらは読みやすくなったというか、やや真面目(?)な印象を持ちました。

2014/11/04 20:05

投稿元:ブクログ

同氏の「僕は問題ありません」よりも空気が不穏。前作と同じく登場人物がこじらせてるのはこじらせているが、すこし毛色が違う。「うまく話せない」のが、お互いに衝突し、その感情が突発的に噴出する話が多い気がした。その緊張を、すがすがしく解決するわけでもなく、そうだねーという感じで眺める。そういう作業をする本。

2014/05/29 23:30

投稿元:ブクログ

ますますドキッとさせられるコマや言葉が。

「明日も触らないね」
いつ行こう、尾瀬

「夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない」
隣人よ 志はともにある
隣人よ 耐えろ 私達は 生まれる場所を選べない……

「リビングで」
嫌だったの ずっと
ばーちゃんが死んでもキヨサダが死んでも
みんな 大丈夫になってくのが
ずっと それが ずっと 嫌だったから ぼく ずっと
うまく言えない

「わるい子」

「ごらんJ組の様子を」

「毎日」
なぜか
彼女を ふと 殴りたくなる

「石鹸」

「なほちゃんの白いたまごやき」

「妙な夢」
なんだか 同じ夢の中に
いるみたいで うれしい

2014/11/12 21:08

投稿元:ブクログ

大好き夏次系さん。やっぱりよかった。
表題のと『リビングで』がお気に入り…。

みんなと同じことができないといないことにされるから、やっぱりみんなと同じことするしかなくて、そんな世界で生きているおかあさん、おとうさん、わたし、みんなが、可笑しくて笑ったり、悲しかったり、わりとどうでもよかったり、わりと重要だったり、うまく言えないけど、夏次系さんの漫画を読むと、そうそう、そうなんだよね、と思う。

2014/05/31 00:37

投稿元:ブクログ

過酷なこの世の中で私たちは擦り減らし、軋ませ、聞きたくないものも目を背けたいものも耐えながらも見なくてはならない。寂寥感、嫌悪感、厭世、煩わしさ、淋しさ、息苦しさも綯い交ぜに君が抱えている諸事情をささやかに、リリカルに、時にはユーモラスにして、色鮮やかに、過剰でもなく、かと言って大袈裟でもなく、一筋の希望がか細くもあるが力強く差し込むその優しさが、切り拓かれるその情景が、それでも世界は美しいものなんだねと気付かせ、立ち直らせるこの去来する思いが訪れるこのひと時の幸せが心嬉しい。

2016/04/01 23:36

投稿元:ブクログ

「嫌だったの ずっと
ばーちゃんが死んでも
キヨサダが死んでも
みんな 大丈夫になってくのが

ずっと それが ずっと
嫌だったから
僕 ずっと

うまく 言えない」
(リビングで)


この漫画だいすきだ。

2014/06/16 21:23

投稿元:ブクログ

1・明日も触らないね
僕と結婚できないならもう話しかけないでください!
と、
言う告白をしてみたい!

ポスコ
のところの絵が好き。

2・夢から覚めたらあの子とはきっと上手く喋れない
他人は他人
自分は自分

3・リビングで
パパが壊れて、
ぼくが叫んで、
ママが切れただけの話ではない。

4・わるい子
触れてはいけないものばかり好きになる

5・ごらんJ組の様子を
ポチョムキン大佐って?

6・毎日
わーかーるー。
つか、
鼻血の絵はキタ!
その後のアイロンもキタ!

7・石鹸
お兄ちゃんね。。。
がんばれ。

8・なほちゃんの白いたまごやき
知らなきゃよかった信実ってあるよね。。。

9・妙な夢
困らせたくなる時あるよね。


画力があるわけでもない。
重厚なストーリーなわけでもない。
でも、
心に響くものを装備した作品に共感できるところ多し!
ステキなマンガでした。

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む