サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

事故調
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/31
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/372p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-101832-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

事故調

著者 伊兼 源太郎 (著)

志村市の人工海岸で、幼い男児が砂に埋まり意識不明の重体となるという痛ましい事故が起きた。回避できない事故と主張しようとする市に対し、世論は管理責任を問う。刑事から市役所へ...

もっと見る

事故調

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

【期間限定価格】事故調

864(税込)

【期間限定価格】事故調

ポイント :8pt / 紙の本より864おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

志村市の人工海岸で、幼い男児が砂に埋まり意識不明の重体となるという痛ましい事故が起きた。回避できない事故と主張しようとする市に対し、世論は管理責任を問う。刑事から市役所への転職を経て広報課に勤める黒木は、経験と人脈をかわれて市長からの特命を帯び、被害者の家族や事故調査委員会の窓口役を任される。穏便に仕事を終わらせようと粛々と物事を進めていた黒木だが、届いた告発文から、事故には重大な見落としがあると気づいて―。実力派横溝賞作家が到達した人間ドラマの極北。静かに熱を帯びた男が、人工海岸陥没事故の真相究明に立ち上がる!【「BOOK」データベースの商品解説】

志村市の人工海岸で、幼い男児が砂に埋まり意識不明の重体に。刑事から市役所への転職を経た黒木は、市長からの特命を帯び、被害者の家族や事故調査委員会の窓口役を任されるが…。ヒューマンミステリ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

伊兼 源太郎

略歴
〈伊兼源太郎〉1978年東京都生まれ。上智大学法学部卒業。新聞社勤務などを経て、「見えざる網」で第33回横溝正史ミステリ大賞を受賞しデビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2015/02/13 19:21

投稿元:ブクログ

人工海岸で起きた陥没事故。
厳しい世論の中、市長から下った特命とは。
明石での事故を思い出しながら読む。
さまざまな立場、それぞれの過去を抱える人たちの人間模様が描かれ、引き込まれる。
人の行動には、何か結果が伴うが、その責任と向き合う、主人公の葛藤が描かれている。

2015/05/01 00:34

投稿元:ブクログ

 志村市の人工海岸で突然陥没事故が発生し、9歳の男の子が意識不明の重体となる。責任は一体誰にあるのか。元刑事で現在は市役所の広報課で働く黒木は、権田市長から、事故調査委員会よりも先に原因を探り、県警の動向も探れとの特命を受ける。

 最初はとにかく市の責任だという結果が出ないように、事故調査委員会で発言権をもつ人間に対して脅迫まがいの行為に出たり、刑事時代のつてを使って情報を集めることに遁走する主人公。しかしやがて何が大切なのかを思い出し、自らの組織を浄化する方向へと持っていく。情報屋や新聞記者の存在が、主人公の元々の人間性をうまく表しているなぁと思った。現実にある事故調査委員会もこんな風に裏工作されていたりするんだろうか。

2014/07/16 10:30

投稿元:ブクログ

明石の大蔵海岸で起きた人工砂浜陥没事故をベースにしたヒューマンミステリ。結末が少し駆け足な感じが気になりましたが、登場人物達も魅力的で楽しめました。

2015/02/21 23:07

投稿元:ブクログ

何年か前に、実際にこんな事故があったよね...
公務員体質の嫌なところを強調して描いているけど、最後になって急に男気を見せ出すのは嘘くさい

2015/02/01 13:57

投稿元:ブクログ

元刑事の黒木が市の職員として、人工浜で起こった砂の陥没で少年が死亡した事件の真相を調査する物語だが、責任逃れの姿勢ばかりが目立つ地方公務員の悪い面と少数だがキラリと光る職員を上手く描いている.当時の工事責任者等の聞き取り情報の中から、重要な所に気づく感の良さで責任者を突き止めるが、最後の場面で意外な人物が壮大な裏工作をしていることが判明する部分は秀逸だ.面白かった.

2016/01/04 13:26

投稿元:ブクログ

市内の人工海岸で陥没事故が発生し、少年が意識不明の重体に。刑事から市役所職員への転身を遂げた黒木は、市長からある特命に任命される――。組織か、正義か。事件の真相調査の過程で揺れ動く男の再生を描く。

たまたま見た2時間サスペンスで興味を持ったのだけど、子供のお昼寝が終わったのでラストが分からず読んでみた。
主人公が刑事を辞めた理由が弱いというか、そんなもんかと思った。むしろ、同僚の女性の経験の方が重いなと…
育児中なので、子供が犠牲になる話は胸が痛くなる。

2014/08/24 13:54

投稿元:ブクログ

伊兼源太郎作品初読み。
何年か前の明石の同様の事故を元にかかれているのかなぁ?
こういう公共の場での事故に対しての責任追及は難しい上にお役所仕事・お役所体質では責任追求どころか責任の所在を追求することすら難しいだろうな。
役所・企業・個人を問わず何事も無ければそれで良しって感じなのかもしれない。
警察あがりの職員がボディーガード的な役目以外の部署に配置されることはないんじゃないと思っているのは私の偏見なんだろうかw