サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 金持ちは税率70%でもいいvsみんな10%課税がいい 1時間でわかる格差社会の増税論

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

金持ちは税率70%でもいいvsみんな10%課税がいい 1時間でわかる格差社会の増税論
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/23
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:19cm/174p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-61062-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
専門書

紙の本

金持ちは税率70%でもいいvsみんな10%課税がいい 1時間でわかる格差社会の増税論

著者 ポール・クルーグマン (著),ジョージ・パパンドレウ (著),ニュート・ギングリッチ (著),アーサー・ラッファー (著),町田 敦夫 (訳)

金持ちからもっと税金を取るべきか? 金持ち増税賛成チームと金持ち増税反対チームが、経済的不平等の問題について討論する。ディベートに参加したメンバーへのインタビューも掲載。...

もっと見る

金持ちは税率70%でもいいvsみんな10%課税がいい 1時間でわかる格差社会の増税論

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

金持ちは税率70%でもいいVSみんな10%課税がいい

1,296(税込)

金持ちは税率70%でもいいVSみんな10%課税がいい

ポイント :12pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

金持ちからもっと税金を取るべきか? 金持ち増税賛成チームと金持ち増税反対チームが、経済的不平等の問題について討論する。ディベートに参加したメンバーへのインタビューも掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

金持ちからもっと税金をとるべきか。

この、現代社会のきわめて重要なテーマについて、
4人の知性が激論を交わします。

カナダの有名な有名な討論番組、ムンク・ディベートの
書籍化。

クルーグマンとパパンドレウは、金持ち増税に賛成。

・スーパーリッチの税負担をちょっと増やしても経済に悪影響はない。
・平等な社会のほうがいろいろな面で望ましい、

というのがその根拠です。

一方のギングリッチとラッファーは、金持ち増税に反対。

・がんばって成功した人からむしりとってそうでない人に渡すような社会でいいのか。
・増税しても、金持ちは賢い弁護士をやとって抜け道を探し出す。
・増税の前に、政府を改革して効率化するべきだ、

というのがその根拠です。

税の問題は、つきつめれば、誰からとって誰に与えるか、という問題になります。
その問題を考えるときの主要な論点を網羅した本です。
【商品解説】

目次

  • 第1章 金持ちからもっと税金を取るべきか?
  • 賛成: ポール・クルーグマン、ジョージ・パパンドレウ
  • 反対: ニュート・ギングリッチ、アーサー・ラッファー
  • 第2章 ギングリッチへのインタビュー
  • 一律10%課税はどうか
  • 第3章 クルーグマンへのインタビュー

著者紹介

ポール・クルーグマン

略歴
〈ポール・クルーグマン〉経済学者。ノーベル経済学賞受賞。プリンストン大学で経済学と国際関係論を教える。
〈ジョージ・パパンドレウ〉元ギリシャ首相。世界各国の社会民主党や社会党、労働党が加盟する「社会主義インターナショナル」の議長。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

ムンクの怒り

2016/09/01 09:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

カナダで人気のムンクディベートという番組を書籍化したものだ。格差社会に対する怒りは伝わってくるが、具体的な解決策はいまいち伝わってこなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/24 23:58

投稿元:ブクログ

経済書を読むと、単一の意見のみ紹介されることが多い。そのため、それぞれの経済論の思想の相違点がわかりづらい。
このようなディベート形式だと、そういった思想同士の比較ができる(かつオープンなディベートなので分かりやすい言葉で説明されている)ので助かる。

■主な論点(微妙に各陣営の主張は噛み合ってないけど)
ポール・クルーグマン
ジョージ・パパンドレウ
→政府がちゃんと仕事するためにはお金が足りない。
→じゃあどこから税金をとるか。
→一部の超富裕層の税率を少し上げるだけでも大きな効果がある。
 (例:高額納税者の上位1%はキャピタルゲインをのぞいても1兆4000億ドルも稼いでおり、仮にその1%の7分の1だけでも税率上げるだけで、低所得者への食糧支援が可能)


ニュート・ギングリッチ
アーサー・ラッファー
→そもそも政府に無駄な支出が多いため、税率を積極的に上げる必要がない。
→現在の税制度は、所得の種類によって税率が違うことにより合法的な税の抜け穴が発生し、富裕層の節税が可能になっている(=歳入が減る)
→税制度を統一すべき(一括付加価値税/消費税のみとする、等)

2014/07/26 00:59

投稿元:ブクログ

2014/07/25:読了。
非常に勉強になる
税率をあげたい人の意見
 税率をあげることのメリット、挙げないことのデメリット
税率をあげたくない人の意見
 あげることのデメリット:金持ちが働く意欲を失う。
 税率をあげても節税される。など

2015/01/30 22:56

投稿元:ブクログ

どちらの陣営も目指すところは似ている気がします

格差が問題ではない。貧困が問題なのだ。

ほう。

2014/08/17 07:48

投稿元:ブクログ

以前に「信長の野望」というゲームをやった時に、むやみに税率を上げると回収率が悪くなったり、民衆が暴動を起きたりしました。そこで、税率には適正なレベルがあると感じたのを覚えています。

ある国が税率を一律に10%程度にしたら、脱税する人が減少したために反って総税収があがったという事実もあったと聞いています。

この本では、税率をどの程度にすべきかについて有名な4名が討論しています。章によっては、1対1の討論もされています。金持ちは税率が上がっても、節税する手法を多く持っているので有利だという考えは納得しました。

以下は気になったポイントです。

・超富裕層は政府に増税分を払う代わりに、会計士や弁護士を雇って節税を図ったり、投資や資本支出を減らして経済活動に悪影響を及ぼしたりするかもしれない(p11、35)

・世界の総資産のおよそ3分の1が、実質的には課税権の及ばない場所にある。2010年でいえば、オフショアカンパニーの稼ぎ出した32兆ドルが課税を免れた(p42)

・上位1%からの税収は、1980-2007年までにGDPの1.6%から3.1%へと伸張している、高額所得者からの税収が増えたから。この時期にはあらゆる人々が減税対象となった(p49)

・真に民主的な政府を作るという夢や目標を達成するには、税率を下げ、課税ベースを広げるが最良の道(p64)

・中国の成長モデルが間違っているのは、1)年金・福祉システムがない、2)新興労働者階級の賃上げ要求に応える必要あり、3)深刻な環境問題、である(p85)

・中国の成長の源泉となったのは、1)減税、2)通貨の国際決済通貨化、3)市場開放(p90)

・ウォーレンバフェットは、700万ドル税金を払ったが、彼の所得の0.06%に過ぎない(p93)

・新たに生まれる富の大半を稼ぐのは第一世代である、新奇なものを創造した人々、他人とは違うことを始めた人(p111)

・法人税、メディケアなどに関わる源泉徴収税、キャピタルゲイン課税、不動産税、関税をすべて廃止しても、12%付加価値税、12%の個人所得税を徴収すれば合計24%のGDPを確保できる(p146)

2014年8月17日作成

2014/10/18 20:16

投稿元:ブクログ

1時間のディベートを文字起こししたもの+各論者へのインタビュー。
やはり米国人のディベートレベルは高い。ギングリッチは相変わらず友達なくしそうな論調を推している(笑)
個人的には所得税の増税には賛成派だったが、一律課税派のフラットタックス構想については納得。
「みんな10%課税」という言葉は日本の消費税のような税負担だけでなく、キャピタルゲインや寄付金等の課税所得の対象を広げる意味も含んでいる。実際ウォーレンバフェットはキャピタルゲインも含めた総所得の0.06%しか税を負担していないことが批判されている。

2014/07/25 14:20

投稿元:ブクログ

ディペートの様子をそのまま書き起こした様な文体になっている。内容はアメリカを討論しているので、それぞれの主張、反論に対し、日本はどうだろうと考えながら読むと面白いかも。

私も読む前と読んだ後で若干考えが変わった。

2014/11/29 13:33

投稿元:ブクログ

公共政策という観点からの税制のあるべき姿をノーベル経済学賞を受賞した経済学者等、ギリシャの元首相、元米国下院議員議長、がディベート形式で明らかにする。
というかディベートの書き起こしなので非常に読みやすい。
ただ、一つ不満がある。
争いのない事実を一つずつ確定させていってから議論を進めるべき。例えば、累進課税か一律課税かという税率を定める基本方針の争いと、それぞれの税率をどの程度にすべきかという争いはまったく異なるのに、そこらへんの議論がいまいち噛み合ってなかったりする。
それでもなかなか得られるものは多かった。

税金 ランキング

税金のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む