サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

あかいえのぐ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 取扱開始日:2014/04/22
  • 出版社: 瑞雲舎
  • サイズ:24cm/48p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:978-4-907613-01-3
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

あかいえのぐ

著者 エドワード・アーディゾーニ (作),津森 優子 (訳)

サラとサイモンのお父さんは画家です。美しい絵を描くのですが、なかなか売れません。家族は貧しい生活をしていましたが、助け合って仲良く暮らしていました。ある日、とうとうお金が...

もっと見る

あかいえのぐ

1,404(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

サラとサイモンのお父さんは画家です。美しい絵を描くのですが、なかなか売れません。家族は貧しい生活をしていましたが、助け合って仲良く暮らしていました。ある日、とうとうお金がなくなってしまい、傑作を仕上げるための赤い絵の具を買うことが出来なくなってしまいました。サラとサイモンは、どうにかしてお父さんを助けようとしますが…。ふたりの子どもたちの健気な奮闘ぶりを描くアーディゾーニの名作絵本。本邦初訳です。【「BOOK」データベースの商品解説】

サラとサイモンのお父さんは売れない画家。家族は貧しいけれど助け合って暮らしていました。ある日、とうとうお金がなくなり、傑作を仕上げるための赤い絵の具が買えなくなって…。ふたりの子どもたちの奮闘を描いた絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

エドワード・アーディゾーニ

略歴
〈エドワード・アーディゾーニ〉1900〜79年。ベトナム生まれ。「チムひとりぼっち」でケイト・グリーナウェイ賞受賞。ほかの作品に「チムとゆうかんなせんちょうさん」「時計つくりのジョニー」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店三宮駅前店

ここにも「本当のさいわい」がある。

ジュンク堂書店三宮駅前店さん

 アーディゾーニの描く子どもたちはいつも健気です。チムもそうだし『時計づくりのジョニー』のジョニーも。そして逆に大人は、と言えば、もちろん助けてくれる大人は居るんだけれども、一番見方でいてくれなきゃいけない両親が、自分のことで手一杯だったり、肝心な時に居なかったり、理解してくれなかったり…となんとも不甲斐ないのです。
 さて、この『あかいえのぐ』の場合も、貧しい絵描きのお父さんに、お金が無いことを嘆き打ちひしがれているお母さん。そんな両親を支え、サラとサイモンの姉弟は一生懸命家の仕事を手伝っています。一家の唯一の望みは、今お父さんの描いている絵が売れること。でもあと少しで出来あがるという時に絵の具が足りなくなってしまいます。もちろん買うお金はありません。一体この家族はどうなってしまうか、ハラハラさせられるのですが、サラとサイモンの健気な頑張りがもたらしてくれる結末に、ああ、ここにも「本当のさいわい」がある、と私も安心感と幸福感に包まれるのです。

児童書担当 池畑

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ロバートおじさん

2016/04/08 20:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

貧しい画家の家族の物語です。
人生の厳しさを余すことなく描いているあたりが、
他の絵本とは異なるかもしれません。
でも最後はちゃんと粋なロバートおじさんが助けてくれます。
子どもたちの頑張りも見所ですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

温かな人物描写

2015/07/31 20:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:弥生丸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

チムシリーズもそうですが、アーディゾーニの作品には、人生の厳しさを教えるものが多いですね。子どもだからといって、労られるだけの存在として描きません。

お金持ちのおじさんから勘当された父親は、絵の才能はあるものの、数少ない高価な品を売ってその日暮らし。妻と、赤ちゃんを含む子ども三人を抱えて。娘のサラと息子のサイモンは、両親の窮状を目の当たりにして、何とか両親の力になろうと奮闘します。そんな二人の楽しみは、優しい店主のいる古本屋で思いきり本を読むこと。少しも口をきかない、感じの悪いおじいさんの客も来ますが、何のその、、、

不器用な優しさを持つ頑固なおじさんの人物描写が、とても温かいです。作者の若い頃、あるいは友人の体験を元にした物語でしょうか。平凡な話ではありますが、美しい挿絵と陰の主人公といえるおじさんが、物語に豊かな彩りを添えています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/09 12:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/03 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/22 13:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/04 14:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/15 10:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/16 20:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/23 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の絵本 ランキング

外国の絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む