サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

名言探偵
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/23
  • 出版社: PHP研究所
  • サイズ:19cm/311p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-81878-8
  • 国内送料無料

紙の本

名言探偵

著者 北國 浩二 (著)

イケメンで名言おたくの弟、平凡でダメ弁護士の兄。人生に役立つ&心に沁みる古今東西の名フレーズが満載の新感覚ミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】平凡でダメ弁護...

もっと見る

名言探偵

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

イケメンで名言おたくの弟、平凡でダメ弁護士の兄。人生に役立つ&心に沁みる古今東西の名フレーズが満載の新感覚ミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

平凡でダメ弁護士の兄と、イケメンで名言オタクの弟の迷コンビが、持ち込まれる事件を名言を使って解決! 人生に役立つ&心に沁みる古今東西の名フレーズが満載のミステリー。『文蔵』掲載に書き下ろしを加えて単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

ダメ弁護士の兄と、イケメンで名言オタクの弟の迷コンビが、持ち込まれる事件を名言を使って解決! 心に沁みる名言満載のミステリー。
【商品解説】

収録作品一覧

鬼嫁と落書きでタダ働き 5−84
交渉相手は腰痛持ちの前科者 85−156
噓をつく依頼人と消えた遺言書 157−228

著者紹介

北國 浩二

略歴
〈北國浩二〉1964年大阪市生まれ。「ルドルフ・カイヨワの事情」で第5回日本SF新人賞に佳作入選。同作を改題した「ルドルフ・カイヨワの憂鬱」でデビュー。ほかの著書に「ペルソナの鎖」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2015/11/28 12:06

投稿元:ブクログ

(収録作品)鬼嫁と落書きでタダ働き/交渉相手は腰痛持ちの前科者/嘘をつく依頼人と消えた遺言書/ろくでもない被告人と騒音トラブル

2016/01/27 11:04

投稿元:ブクログ

三葛館一般 913.6||KI

平凡な外見の新米弁護士の兄と、イケメンで博識だけれどちょっと変わり者で名言オタクの弟が、次々と問題を解決していく、コミカルで人情味ある日常ミステリー。
古今東西のさまざまな名言が当事者の心を和ませたり、問題解決につながっていて、とても面白く一気に読み進みます。
また、主人公と幼馴染みのやり取りが、時折恋の匂いも感じさせていて読んでいて心ときめきますし、登場人物もお話もほのぼのとしていて、読後はほっこりかつ清々しい気持ちになれる一冊。ぜひ手に取ってみてください!
                              (かき)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=83409

2014/12/09 23:14

投稿元:ブクログ

弁護士の堂下法男、名言オタクの律兄弟が弁護士事務所をやっているんだけど、なぜだか探偵事務所みたいになってる(^^;)でも、二人は名コンビ‼そこに絡んでくる叔父さん叔母さん、丸目父娘も楽しい人たち♪ちょっとワンパターンな気もするけれど、面白いミステリー(^^)そしていろいろな名言が半端なく出てくる(;゜∇゜)自分も本を読んで出てくる名言集を作りたくなった!

2014/06/17 17:33

投稿元:ブクログ

タイトル通り、世界中の名言をサラっと言い放つ的な作品なのだが名言ばかりで途中からどうでもよくなるというのが本音。薀蓄もあるが名言の方が目につく。真逆の性格の兄弟が日常の謎を解くという人が死なないミステリー小説だが、小難しい事はあまり書かれていないため、比較的読みやすいかなとは思う。シリーズ化とかしそうな気もする。

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む