サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

夏の朝
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 取扱開始日:2014/05/22
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:20cm/252p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-8340-8101-5
  • 国内送料無料

紙の本

夏の朝

著者 本田 昌子 (著),木村 彩子 (画)

忘れないで。とてもたいせつなことなの。取り壊されるのを待つばかりとなった祖父が暮らした家。庭の蓮が花開くとき、時間を越え、少女はいつかの夏へと旅をする。第16回児童文学フ...

もっと見る

夏の朝

1,836(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

2015福音館の童話新刊セット 10巻セット

  • 税込価格:15,120140pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

忘れないで。とてもたいせつなことなの。取り壊されるのを待つばかりとなった祖父が暮らした家。庭の蓮が花開くとき、時間を越え、少女はいつかの夏へと旅をする。第16回児童文学ファンタジー大賞佳作受賞作!【「BOOK」データベースの商品解説】

【児童文学ファンタジー大賞佳作(第16回)】取り壊されるのを待つばかりとなった祖父が暮らした家。庭の蓮が花開くとき、時間を越え、少女はいつかの夏へと旅をする。それは、かつてそこに生きた人々の想いをたどる旅だった…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

本田 昌子

略歴
〈本田昌子〉1959年山口県生まれ。山口大学文理学部理学科化学専攻卒業。「未完成ライラック」で福島正実記念SF童話賞佳作、「朝がくるまで」で講談社児童文学新人賞佳作を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

平和で人間らしい生活のために

2017/07/21 16:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:neko - この投稿者のレビュー一覧を見る

夏が来たからというわけでは無いですが、読み返してみて、ちょっと、おせっかいを。

主人公の女の子が、何回かに分けて、過去に遡って、古代のハスを守るお話ですが、丁度、母から娘に魂を受け継いでいくのとかぶさっている。このお話では、ハスに対する思いが受け継がれるのですが、最初に祖母が、その思いを娘に語り聞かせて、娘に思いを埋め込む。聞いた娘は、その話を”自分”の体験として心の中に仕舞い込むとともに(ここで、祖母と母の自己が重なる)、娘に自分の体験として話して聞かせる。こうして、ハスに対する思いが、代々、受け継がれていく。

で、最後にハス池が取り壊されるとともに、最後の娘(主人公)が、新い方から順に話を取り出して、最後に取り出された祖母の思いと共に、思い出となって、お終いって感じです。

このお話では、ハスに対する思いなので、比較的簡単に伝えられるって取れますが、実際のところ、一子相伝の魂を介しては、そんなに複雑な知識を伝えれるわけでは無さそうです。文書の発明とともに、家系図とかの小道具に頼ってますし。

ただ、一子相伝の魂を受けついだという使命感は結構強固でしょう。でも、実際のところは、お金に対する欲望に流される人たちに、担がれはするけど、金の亡者の流れに棹差すのは無理って程度でしょうね。で、担がれてる間だけ、大事にされる。

お金が大好きなら、オコボレで生きていくのも悪く無いけど、自分の稼ぎで生きていくつもりなら、離れたほうがいいかと。お金の亡者は、お金をかけてまで追いかけて来ないでしょう(お金が絡むと追いかけて来ます)。

「成長」をオダイモクにしたシャカイにギモンをモってるヒトに、ゼヒ、ヨんでもらいたいオハナシです。ゲンザイからジュンに、ムカシにサカノボって、モリやムラのヨウスがカかれています。で、ちょっと、「成長」ってナンなんだろうってカンガえたくなります。

タトエば、コウソクドウロとかシンカンセンとかで、ヤマアイをハシってるトキに、シタをミると、コウカのスグシタのタニマに、ワラブキヤネのノウカがタってたりします。で、コウカでヒカゲになったうえ、レッシャのゴウオンがウエからフってくるのが、ミえる。しかも、シンカンセンのエキはハルかカナタだし、ザイライセンはツカいニクい。ケッキョク、トウキョウのヒトたちが、シゴトとショウしてアソビやカンコウにイくタメに、チホウのヒトたちから、平和で人間らしい生活をオクるケンリをウバっている。

トウキョウのヒトたちは、ヒトのアシをヒっぱりあいながら、「成長」するのがイキガイだから、チホウのヒトたちは、ジブンでマモらないと。そのタメには、ジモトのコッカイギインをカイして、コクセイにハンエイしてもらってください。トウキョウのヒトたちはオッカナイですが、そのヤオモテにタってくれるのがコッカイギインです。そのために、キュウリョウも、ゼイキンからハラってます。トクに、山口4区とか、コクセイにうまくハンエイしてもらえそうです。あとは、イモズルですね。

あと、コドモやマゴが、トウキョウとかのトカイにいるなら、ヨびモドしてノウギョウさせるとイイでしょう。ヒトがヘレば、トウキョウもタショウはオチツくでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ジェリーフィッシュ

2015/08/19 16:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジェリーフィッシュ - この投稿者のレビュー一覧を見る

夏休みの読書感想文用に購入しました。
内容もとても面白かったようで、ぐいぐい引き込まれるように
よんでいました。又本の挿絵がとても綺麗で特に女子には
気に入る作品ではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

美しい装幀の優しいお話の本

2015/08/16 09:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

中学生の次女の読書感想文の課題図書として購入しましたが、
美しい装幀に瞠目しました。

『夏の朝』というタイトルにふさわしい清涼感のある表紙に
半透明のジャケットがかけてあり、そこに書名・著者名など
が印刷されているので、ジャケットを外すと非常にスッキリ
とした品の良い本が現れます。

何よりも長年、装幀家を悩ませたISBNコードのバーコードが
書籍本体に印刷されていないので、とても気品のある美しい
仕上がりです。

物語も優しい語り口で、自らの先祖へも思いを馳せさせてく
れるような内容で、中学生の夏休みに読むには好適だと思い
ます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/17 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/21 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/19 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/10 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/06 07:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/25 18:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/09 12:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/07 14:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/18 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/11 08:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/31 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/13 06:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の作品 ランキング

日本の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む