サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. フェルメールの帽子 作品から読み解くグローバル化の夜明け

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

フェルメールの帽子 作品から読み解くグローバル化の夜明け
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/30
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:20cm/323p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-024696-5
  • 国内送料無料

紙の本

フェルメールの帽子 作品から読み解くグローバル化の夜明け

著者 ティモシー・ブルック (著),本野 英一 (訳)

世界経済の一体化への決定的一歩を踏み出した17世紀前半の西ヨーロッパ人による新大陸発見と、アフリカ大陸、東南アジアを経て中国に到る海の道を行き来する彼らの活躍を、当時のオ...

もっと見る

フェルメールの帽子 作品から読み解くグローバル化の夜明け

3,132(税込)

ポイント :29pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界経済の一体化への決定的一歩を踏み出した17世紀前半の西ヨーロッパ人による新大陸発見と、アフリカ大陸、東南アジアを経て中国に到る海の道を行き来する彼らの活躍を、当時のオランダ絵画や骨董品を用いながら描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ティモシー・ブルック

略歴
〈ティモシー・ブルック〉カナダ・ブリティッシュ・コロンビア大学教授(中国史)。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/04/20 02:53

投稿元:ブクログ

デルフト眺望、帽子、皿(陶器)、地図、煙草、銀。フェルメールの絵画から展開する世界史の広さと深さに驚かされる。絵画は取っ掛かりなので、純粋に美術鑑賞したい人は肩透かしなのかもしれないが、自分としては好み。情報量が膨大で図書館の貸出期間ではとても把握できない。解説にある通り、手塚治虫「鳥人大系」のような、細かなエピソード(史実)を重ねて大きな物語を描こうとする手法は非常に面白い。

2015/08/15 00:15

投稿元:ブクログ

 地球規模で寒冷化が進み北海の魚群が南下すると膨大なニシン漁獲量にオランダ漁民は潤いデルフト眺望には改修中のニシン運搬船が描かれた。アジアとの海上交易を支配し全世界と交易する東インド会社の保税倉庫も描かれた。カナダ産ビーバーの下毛でできたフェルト帽は、猥雑な場末の宿屋から家庭内へと移行した男女の駆け引きとともに兵士と笑う女に描かれた。

2015/12/05 10:46

投稿元:ブクログ

フェルメールの作品に現れる品々が、なぜそこにそうしてあるのか?という理由を当時の世界情勢から読み解く。フェルメールが創作に勤しんだオランダ・デルフトという町は東インド会社などを通じて世界とつながっており、絵画の中にも世界の様子が垣間見えるのである。フェルメール作品の特徴である青色、ウルトラマリンに関する逸話も盛り込んでほしかったところである。

2014/05/01 06:39

投稿元:ブクログ

絵が、その"時"を閉じ込めているんですね、、、

岩波書店のPR
「“永遠の瞬間"を描き留め、いずれの作品も珠玉の絵画と賞されるオランダの画家、フェルメール。しかし、画家のマジックに閉じ込められたのは“美"だけではない。アジア航路探索、米大陸での銀採掘、チャイナ・ブーム――17世紀の壮大な東西交流の世界へ、いま扉が開かれる! あなたがまだ見たことのない、フェルメールの新世界。 」

2015/09/28 23:05

投稿元:ブクログ

 カナダ人の中国史研究者がフェルメールを論ずるというだけでもその意外性に驚くのだが、その絵画に描かれた帽子や皿、天秤などを糸口として、オランダのデルフト市の背後に控える17世紀のグローバル経済を活き活きと蘇らせるのだから、何とも刺激的で、スケールの大きな歴史書である。
 それにしても、大航海時代にスペインに流れ込んだ大量の銀の最終的な行き先が中国で、17世紀には中国は<銀の墓場>となったという指摘はじつに鮮やかで、ただただ脱帽!

2014/09/27 22:51

投稿元:ブクログ

作品から読み解くグローバル化の夜明け、というサブタイトルのとおり、本書の内容のほとんどは、15世紀のオランダの海外での活躍?について書かれている。

いわゆる大航海時代の後半、オランダ、ポルトガル、スペインが、大西洋をわたりアメリカへ、喜望峰をまわりインド、フィリピン、中国、そして日本へ、南アメリカのペルーへは銀の取引のため。
まさに、世界中を船でかけめぐっている姿が、いきいきと描かれている。

フェルメールの絵の中の背景、人物という扉のむこうに、大きく躍動する世界の動きを見せる、この手法に、本当にやられた、というしかない。

西洋画 ランキング

西洋画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む