サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

常夜
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/13
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:20cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-066742-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

常夜 (幽ブックス)

著者 石川 緑 (著)

学芸員という職業柄、私は旧家や辺鄙な土地を訪れる機会がある。野々宮先生の喜寿を祝う会に出席した折、そうした場所で見聞きした話をまとめるよう先生に勧められた。漁師町で異様な...

もっと見る

常夜 (幽ブックス)

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

常夜

1,440(税込)

常夜

ポイント :13pt / 紙の本より396おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

学芸員という職業柄、私は旧家や辺鄙な土地を訪れる機会がある。野々宮先生の喜寿を祝う会に出席した折、そうした場所で見聞きした話をまとめるよう先生に勧められた。漁師町で異様な虫に寄生され、瓢箪から這い出る子供に甘えられ、紛失した「天竺」の行方を追う。土地の因習を幻想的に書き上げた九つの奇譚が綴られる。第8回『幽』怪談文学賞・長編部門大賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【『幽』怪談文学賞長編部門大賞(第8回)】旧家や辺鄙な土地を訪れる機会のある学芸員の私は、そうした場所で見聞きした話をまとめるよう野々宮先生から勧められた。漁師町で異様な虫に寄生され、瓢簞から這い出る子供に甘えられ…。土地の因習を幻想的に綴った奇譚。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

石川 緑

略歴
〈石川緑〉1978年大阪府生まれ。近畿大学大学院修士課程修了。2013年「天竺」で第8回『幽』怪談文学賞長編部門大賞を受賞。受賞作を改題した「常夜」でデビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/01 00:38

投稿元:ブクログ

久しぶりの長編大賞受賞なのでは!
これぞ怪談文学といった雰囲気。
民俗学だし。ふがふが。
連作短編だったので、がっつりと長編も読みたい。
次回作が楽しみです。

2014/10/18 11:44

投稿元:ブクログ

土地の因習を幻想的に書き上げた十一の奇譚。以下に詳しい感想があります。http://takeshi3017.chu.jp/file5/neta21701.html

2014/06/29 20:39

投稿元:ブクログ

「幽」怪談文学賞長編部門大賞受賞作。
民俗学をテーマにした連作怪談。いまひとつはっきりと描かれる「何か」があるわけでなく、不気味で落ち着かない雰囲気が全編に漂います。怖い、というよりも得体のしれない気味の悪さを感じさせられる作品でした。

2014/08/25 13:41

投稿元:ブクログ

夏にオススメな怖い本3冊
…とドコモに薦められたので、読んでみた(その1)

『京極夏彦』とか『蟲師』とかっぽい?
というか、あんまり怖くなかった・・・かも。

2014/08/30 18:35

投稿元:ブクログ

民俗学者の生い立ち、大学の研究生活、フィールドワーク、伊勢の博物館勤務、地域に住む人々との関わり合いの中に立ち上がってくること。短編集による長編。

受賞作なので、後書きではなく、他の作品も交えての講評。発表時はよかったのでしょうけれど、独立した単行本としては不似合いに感じました。

2014/07/21 19:17

投稿元:ブクログ

気持ちの悪い。気味が悪い。
そんな出来事、世界観に引きずり込まれてしまうか、まとわり憑かれてしまったとしたら、満足いくことができたのかもしれませんが。
どうにも、この世界に馴染むことができずに読了。

縫い針の話は怖かったです。
ただ、怖さよりも奇妙さ眩惑さが、この「常夜」の特色なのかな、と。

薄皮一枚隔てた怖さに、ふとしたときに気づく。そうではなく、平常と異常の境目がなくなっていて、常に惑わされている感覚。
気持ち悪いし、気味が悪いです。

そこに馴染めずじまいでした。

2014/07/10 09:46

投稿元:ブクログ

湿度や閉鎖性、因習、曖昧さといった、日本文化のもつ独特の空気感が漂う。田舎の家のほの暗さが、怪しくも懐かしい。客人の居心地の悪さと、微熱のような執着に共感する。「童相撲」が秀逸。

2014/12/17 18:22

投稿元:ブクログ

純文学として読める。ホラーではない。
淡々とした中で怪異が当たり前に存在している官能的な不気味さ。エンタメしか読んでいない読者にはぴんとこないだろう。

ホラー・怪談 ランキング

ホラー・怪談のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む