サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 細川ガラシャ キリシタン史料から見た生涯

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

細川ガラシャ キリシタン史料から見た生涯(中公新書)
細川ガラシャ キリシタン史料から見た生涯(中公新書) 細川ガラシャ キリシタン史料から見た生涯(中公新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/23
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/216p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-102264-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

細川ガラシャ キリシタン史料から見た生涯 (中公新書)

著者 安 廷苑 (著)

明智光秀の娘として生まれ、細川忠興の妻として非業の死を遂げた細川ガラシャ。神父に宛てた書翰、海外のイエズス会史料などをひもとき、キリシタンでありながら最後に死を選択した、...

もっと見る

細川ガラシャ キリシタン史料から見た生涯 (中公新書)

864(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

細川ガラシャ キリシタン史料から見た生涯

734(税込)

細川ガラシャ キリシタン史料から見た生涯

ポイント :6pt / 紙の本より130おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

明智光秀の娘として生まれ、細川忠興の妻として非業の死を遂げた細川ガラシャ。神父に宛てた書翰、海外のイエズス会史料などをひもとき、キリシタンでありながら最後に死を選択した、彼女の魂の真の軌跡に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

安 廷苑

略歴
〈安廷苑〉1970年韓国生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。専門は日本を中心とする東アジア・キリスト教史。著書に「キリシタン時代の婚姻問題」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/07 22:24

投稿元:ブクログ

本書の大きな着目点、
「自殺か? 順境か?」は確かに疑問だった。
人によって殺させても自殺は自殺なのでは、とは確かに思っていた。
その点をきっちりまとめていて、とてもわかりやすかった。

2016/01/09 16:17

投稿元:ブクログ

ガラシャの侍女が目撃した事件のあらましの描写がリアルで興味深かった。著者による史料の解釈、評価も客観的で妥当な印象だが、専門であるキリスト教徒婚姻と、自殺が教義に反するか否かのくだりは、ガラシャに関わる事柄とはいえ、冗長で少し退屈。

2014/05/23 21:35

投稿元:ブクログ

ガラシャ自身に関する内容は正直いえばそれほど深いものではないものの、当時の布教活動に関する記述はいくつか興味深い内容がある
読みやすい内容であるのでお勧めです

2015/01/11 03:49

投稿元:ブクログ

自殺か殉教かをめぐる点だけでなく、忠興の側室について、当時の婚姻問題、最終章の武士の価値観とガラシャの美談についてなどなど、知ってるようで知らなかった事がたくさん載ってて面白かった

2016/10/06 19:39

投稿元:ブクログ

細川ガラシャは日本で最も有名なキリスト教徒の1人です。戦国時代の末期に、本能寺の変を起こした明智光秀の娘として生まれました。父が本能寺の変を起こした時、婚家である細川家によって京都の丹後半島の味土野に秘匿されました。豊臣政権が安定して細川家との復縁が許されても、謀反人の娘ということから自邸に軟禁状態におかれました。その中でキリスト教に出会い、敬虔な信徒になったといわれています。

この本は、今までの細川ガラシャを扱ったものとは違うと思いました。おそらくそれは、キリスト教との関わり方を丁寧に書いているゆえだと思います。いままで、大半の創作作品や大河に出演した彼女は、どこかいびつな人物像だったような気がします。しかしこの本では、ガラシャと親しかった司祭や修道士たちの書簡や細川家に伝わる文書を基に、彼女の人格を描き出しています。

先程もいったとおり、この本は当時のキリスト教修道士・司祭からの文書から細川ガラシャの人生を振り返るものです。なので、哲学的な側面もありました。ガラシャの死はキリスト教に照らして許されるか、とかガラシャの結婚問題をキリスト教の解釈に照らして見る、とか。それも魅力的でした。ガラシャとキリスト教を表面上でなく深いところまで書いています。16世紀キリスト教史の動きの中で、ガラシャがどんな存在だったかよくわかりました。まるで、「16世紀日本におけるキリスト教普及の現状〜明智珠子こと細川ガラシャを例に」といった感じの本でした。

こういった形で細川ガラシャをみるのは、何度も言いますが個人的には新鮮でした。今度は、この本でも参考文献にあげられていましたが、ガラシャの夫、細川忠興と子どもの細川忠利ことを研究しておられる山本博文さんの本が読みたいです。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む