サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日米中アジア開戦(文春新書)
日米中アジア開戦(文春新書) 日米中アジア開戦(文春新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/20
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • サイズ:18cm/261p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-660976-5
  • 国内送料無料
新書

紙の本

日米中アジア開戦 (文春新書)

著者 陳 破空 (著),山田 智美 (訳)

尖閣上陸、米中サイバー大戦、インド・ベトナム軍の蜂起、台湾独立…。アメリカ亡命中の中国民主化運動家が、日中及び米中両国が開戦に至る状況について、現実味を持たせたシミュレー...

もっと見る

日米中アジア開戦 (文春新書)

864(税込)

日米中アジア開戦

850(税込)

日米中アジア開戦

ポイント :7pt / 紙の本より14おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

尖閣上陸、米中サイバー大戦、インド・ベトナム軍の蜂起、台湾独立…。アメリカ亡命中の中国民主化運動家が、日中及び米中両国が開戦に至る状況について、現実味を持たせたシミュレーションを行う。【「TRC MARC」の商品解説】


もし日米中が戦争したら?
アメリカに亡命中の中国民主化運動家が、尖閣諸島、防空識別圏など最新情勢を踏まえ、香港・台湾でベストセラーとなった『仮如中米開戦』を日本向けにバージョンアップ。
東シナ海、南シナ海に迫りくる危機、中国膨張の内幕を明かす。
第一章 軍国主義は日本ではなく中国だ
第二章 中国の隣国いじめ
第三章 文革世代、習近平の弱点
第四章 尖閣諸島、北京の危険な賭け
第五章 開戦、そのとき中国の同盟国は?
第六章 百年の腐敗 北洋水師と解放軍
第七章 日中開戦シミュレーション――激戦尖閣諸島
第八章 米中サイバー大戦
第九章 ヒートアップする米中対立
第十章 米中開戦のシミュレーション――サイバー攻防から開戦へ【商品解説】

著者紹介

陳 破空

略歴
〈陳破空〉1963年中国生まれ。コロンビア大学の経済学修士。政治評論家。著書に「赤い中国消滅」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/13 19:11

投稿元:ブクログ

中国共産党の現在がよく理解できた。著者は中国民主化運動で天安門で投獄されたりして、現在はアメリカに亡命中。中国の行く末に嘆く良心かではあるが、語り口は極端ではある。ユダヤ教から回心したパウロがユダヤ教の過ちを断罪するがごとく、激烈な調子である。
 しかしここ数年で経済が勃興した中国が、それと同時に軍事的にも怪しい動きを見せ始め、東アジアの緊張が増していることは事実であるし、この著でその理由が垣間見えた。あまり過激な言葉は使いたくないが、やはり今のままの中国は世界にとって危険であることは確か。確かな理解を持ちたい。

14.9.13

2014/11/29 13:44

投稿元:ブクログ

本の題名にある「開戦シュミレーション」に割かれているページはわずか。なので星3つ。
現状を知るにはいい本だと思う。

2014/06/06 11:31

投稿元:ブクログ

文化大革命で活発に活動し中国にいられなくなった著者がアメリカに逃亡して書いた恨みつらみ。

書かれている内容の半分は中国の悪口。
著者の経歴もあり中立とはいいがたい。

こと人民解放軍や共産党の人間の人格についてはボロクソに書いてある。さすがにそれは一概には言えないだろうということまで書いてしまっているので、信頼感を失ってしまっている。
残念である。

参考文献はまとめられていない。

とにかく中国が嫌いで、悪いところがいっぱい知りたいという方にお勧めです。

2014/09/03 23:09

投稿元:ブクログ

まさに現在進行中の日米中関係を描いている。少し内容が刺激的すぎると感じてしまう自分は、平和ホケしている日本人の典型例だろうか。

または、著者が天安門事件の関係者であった中国人で、内容が反中国に偏り過ぎていやしないかとの危惧もある。つまり、日本における朝日新聞の記事を読んでいるとしたら、真実が見えなくなってしまい、すべてを俄に信じるわけにはいかない。

何れにしても困った隣国をなんとかしたいのだが、戦争は避けなければならない。

2014/09/25 21:10

投稿元:ブクログ

天安門事件にも関わった中国人の著者による中国の軍事・外交政策や今後の展望についてまとめた本。中国の軍拡の動きを中国人はどのように考えているのかを知りたいと思い読んだが、かなり親米寄りの目線であったので拍子抜けした。中国共産党の行動原理の分析なども、やや一面的であるように思う。しかしながら、あまり報道されない直近の中国の軍拡の動きやその内部事情などは中国人の人脈を持つ著者にしか書けないだろうと感じる面も多かった。また、「日中戦争が起こるとしたらこんな展開になる」「アメリカは今すぐ中国と戦争を開始し、中国の暴走を止めるべき」など過激な意見には驚かされたが、万が一のことを想定しておくのも大事かもしれないと思った。

2014/09/09 18:03

投稿元:ブクログ

【果たして歴史は繰り返すのか?】もし日米中が戦争したら? アメリカに亡命中の中国民主化運動家が、尖閣諸島、防空識別圏など最新情勢を踏まえて緊急提言する。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む