サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 台所道具を一生ものにする手入れ術 作り手25人に教わる、使い込んでいくことの魅力

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

台所道具を一生ものにする手入れ術 作り手25人に教わる、使い込んでいくことの魅力
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/10
  • 出版社: 誠文堂新光社
  • サイズ:21cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-416-61490-7
  • 国内送料無料

紙の本

台所道具を一生ものにする手入れ術 作り手25人に教わる、使い込んでいくことの魅力

著者 日野 明子 (著)

使いはじめたとき以上に良い道具になる。そのための手入れ術を、台所道具の作り手25人が紹介。木・土・金属などの素材ごとに、それぞれの特性に合わせた手入れのポイントを、連続写...

もっと見る

台所道具を一生ものにする手入れ術 作り手25人に教わる、使い込んでいくことの魅力

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

使いはじめたとき以上に良い道具になる。そのための手入れ術を、台所道具の作り手25人が紹介。木・土・金属などの素材ごとに、それぞれの特性に合わせた手入れのポイントを、連続写真を交えてわかりやすく解説します。〔「ニッポンの台所道具と手入れ術」(2015年刊)に改題,2015年刊は一部抜粋し英語訳を付けて再編集〕【「TRC MARC」の商品解説】

作家や職人の手仕事による台所道具を永く使い込むための、素材の特性に合わせた手入れのポイントを人気の作り手25人に教わります。

漆器や竹かご、鉄のフライパン、包丁、焼き締めの器……作家や職人の手仕事による台所道具や器の人気は高まるばかり。作家や職人によって一つひとつ丁寧に作られたものは、日々使い込んでいくことで味わいをなしていき、自分好みに道具を育てていくという、量産のものにはない楽しみがあります。

手作りされたものを長く使い込むためには、素材の特性に合わせたお手入れをすることが大切です。本書では、全国の人気の作り手25名余りに教わった、手入れのポイントをわかりやすく解説。使い始める前、日々のお手入れ、そして、それぞれ陥りがちなトラブルを挙げ、その予防や対処法も余すことなく紹介している、実用的、便利帳的な内容です。

また、作り手の工房を訪ねてものづくりの現場や、道具をいかした調理法、使い方も紹介。良いものを永く使いたい、そんな魅力がたっぷり詰まった保存版的な1冊です。【商品解説】

目次

  • 1章 木の道具(川端健夫の白木の器、木屋のまな板、柴田慶信商店の曲げわっぱ、照宝のせいろ、司製樽のおけなど)
  • 2章 土の道具(井山三希子の粉引の器、やまほん陶房の土鍋、木村肇の備前焼など)
  • 3章 金属の道具(成田理俊の鉄のフライパン、及源鋳造の鋳鉄・南部鉄器、水野正美の銅の鍋、omotoの包丁など) 
  • コラム 金継ぎ、私の愛用品など

著者紹介

日野 明子

略歴
〈日野明子〉ひとり問屋、スタジオ木瓜代表として、百貨店やショップと、作り手をつなぐ問屋業を中心に、生活に関わる日本の手仕事関連の展示や企画協力に携わる。クラフト・センター・ジャパン理事。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/04 10:06

投稿元:ブクログ

いいものはいい、んですよね。
いいもの、高いものは、メンテも大事。
安いものを使い捨てにするよりも、気に入ったものを日々大事に使うことはいいことだと思います。
出来る範囲で。

2015/10/29 04:20

投稿元:ブクログ

包丁の刃を優しく受け止めるには、どんなまな板が良いのか。保健所ではプラスティックのまな板を推奨しているが、木の持つ弾力性や適度な柔らかさはプラには絶対できない。包丁の刃の切れ味を最大限伸ばしてくれるのは木のまな板であるが、洗い残しはカビを誘発してしまう。クレンザーでしっかり洗い、磨き粉はしっかり洗い流さなければならない。お皿の2倍は時間をかけ、しっかり乾かし風通しのよい所に置いておく。また、片面だけを使うのは反りの原因となる。天日に干すのも反りを招いてしまう。日光消毒は我慢し陰干しに徹しなければならない。脱臭と漂白はレモン。手入れとは道具を使いこなすということ。日本の伝統的道具はどれもこれも、使えば使うほど味が出てくる。使い始めたときより良いものに。そんな道具にしていきたい。

2014/08/15 10:47

投稿元:ブクログ

ここまで手仕事系じゃなくて、工業製品の規格品の安物ばっかり使っているにしても、手入れすることは長持ちさせることにはなるし、また、手入れがひとつの暮らすことに対する向き合い方になるのも確かではある。ただ、それが女性にかかってくるとしんどいか。

家事・暮らし ランキング

家事・暮らしのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む