サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 宮脇俊三鉄道紀行セレクション

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

宮脇俊三鉄道紀行セレクション(ちくま文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/10
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/478p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-43178-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

宮脇俊三鉄道紀行セレクション (ちくま文庫)

著者 宮脇 俊三 (著),小池 滋 (編)

名編集者であり、鉄道ファンとしても知られる著者の鉄道紀行集。全著作の中から、世代を超えて読み継がれ愛される、ユーモアあふれる珠玉の作品を厳選。計8作品・24篇。ちくま文庫...

もっと見る

宮脇俊三鉄道紀行セレクション (ちくま文庫)

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

名編集者であり、鉄道ファンとしても知られる著者の鉄道紀行集。全著作の中から、世代を超えて読み継がれ愛される、ユーモアあふれる珠玉の作品を厳選。計8作品・24篇。ちくま文庫オリジナル。【「BOOK」データベースの商品解説】

名編集者であり、鉄道ファンとしても知られる著者の鉄道紀行集。全著作の中から、「時刻表2万キロ」「夢の山岳鉄道」など、世代を超えて読み継がれ愛される、ユーモアあふれる珠玉の8作品・24篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

時刻表2万キロ 9−58
最長片道切符の旅 59−115
時刻表昭和史 117−174

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/02/05 00:41

投稿元:ブクログ

名編集者であり、鉄道ファンとしても知られる著者の鉄道紀行集。全著作の中から、世代を超えて読み継がれ愛される、ユーモアあふれる珠玉の作品を厳選。《収録作品》時刻表2万キロ/最長片道切符の旅/時刻表昭和史/旅の終りは個室寝台車/失われた鉄道を求めて/夢の山岳鉄道/汽車旅は地球の果てへ/インド鉄道紀行 計8作品・24篇。ちくま文庫オリジナル。小林滋編・解説(裏表紙より)

国内外・今昔の鉄道旅だけでなく、廃線跡の旅、さらには空想の鉄道まで、宮脇氏の鉄道狂の粋の限りを集約した一冊と言えると思います。著者が現代に生きていたら、きっとGoogleMAPの衛星写真で廃線跡を探して興奮したり、オリジナルの鉄道路線を引きまくったりしていたんだろうなぁ。ちなみにそれは私の休日の趣味でもあります。
この人のすごいところは、単に鉄道に乗っているだけなのに、時刻や見たもの聞いたものを細部まで記憶して、事細かに記しているところです。読んでいるうちに旅行している気分になる、これこそ紀行文の醍醐味であり、その魅力を十二分に表現しているところが宮脇作品のすごいところだと思います。私もいつかアルプスの山肌にへばりつくように走る観光列車に乗ってみたいです。

ちくま文庫 ランキング

ちくま文庫のランキングをご紹介します一覧を見る