サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 昭和育ちのおいしい記憶

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

昭和育ちのおいしい記憶
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/04
  • 出版社: 筑摩書房
  • サイズ:19cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-87874-8
  • 国内送料無料

紙の本

昭和育ちのおいしい記憶

著者 阿古 真理 (著)

縁側で食べたすいか、西宮商店街の回転焼き、北京のおかゆ、丹波篠山の牡丹鍋…。1968年生まれの著者がこれまで食べてきたものを語る、極私的な食い意地エッセイ。ここ40年間の...

もっと見る

昭和育ちのおいしい記憶

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

縁側で食べたすいか、西宮商店街の回転焼き、北京のおかゆ、丹波篠山の牡丹鍋…。1968年生まれの著者がこれまで食べてきたものを語る、極私的な食い意地エッセイ。ここ40年間の食の変化も明らかにする一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

阿古 真理

略歴
〈阿古真理〉1968年兵庫県生まれ。神戸女学院大学文学部卒業。広告制作会社を経てフリーに。ノンフィクションの仕事に取り組む。著書に「うちのご飯の60年」「ルポ「まる子世代」」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/07 12:02

投稿元:ブクログ

タイトルのまま。
昭和の食べ物の記憶の記録。
ただし、作者が広島出身で、関西育ちなので、関東育ちのわたしとは微妙に異なるところがおもしろい。
地域、時代、家庭環境、少しづつ違って、違うものが育つ。
食べ物が人にとって大切だということがよくわかるエッセイ。

P21変化を仕方ないこと、と切り捨てるのは忍びない。家族は文化を伝える最小単位の社会である。世代を越え経験を積み重ねた知恵の結晶が、次世代にまったく顧みられず消えていくのももったいない。何かが女性たちの間で継承されているかもしれない。本を書きながらも変わっていく中で、受け継がれてきた何かはあるのか。


カルピス
天火
最初のコカ・コーラ
ユーハイムのバームクーヘン

ハーゲンダッツの衝撃
これはほんとうに衝撃的だった。
サーティワンアイスクリームにはまっていた女子高生の前に突如現れたハーゲンダッツ。
ちょっとお高くていつも食べるわけにはいかないけれど、ひとくち食べるとその味わいの深さにびっくり!!
こんなにおいしいものがあるのかと・・・絶句だった。

ポテトチップスとキャラメルコーン
ママゼリー
ママプリン
シャービック
フルーチェ

ドーナッツ
ダンキン、ミスタードーナッツ

初めてのカップヌードル
インスタントラーメン

マクドナルド

ファミレス

イタ飯ブーム ティラミス

エスニックブーム 生春巻き タピオカ

海外旅行へ行く時代 現地で出会う食文化

パン食へ

2014/08/19 01:03

投稿元:ブクログ

関東と関西では水の硬さが違うのか!
関西に帰ってきてから肌荒れがひどいが、関係ないか。
外のごはんは味が濃いような気がして、家めしのが好き。
男の人の方がいつまででもジャンクフードが好きな気がする。

2015/06/21 01:09

投稿元:ブクログ

誰の中にも存在する、自分にとってのおいしい記憶。その中でも昭和というのは特別な存在だ。生まれて初めてカルピスを飲んだときの驚き。生まれて初めてマクドナルドの香りを感じたあの瞬間。飯盒炊飯で焦げ飯を作ってしまったときの後ろめたさとシェアして食べたときの不思議な美味さ。著者の思い出とも共通する部分はあるが、やはり自分だけが持っているおいしい記憶。

2015/12/19 06:48

投稿元:ブクログ

暮らしから食を語る一冊。自分自身と年齢が近いため、あるある!という面もあり、また生活史研究家という著者の特性が出ておもしろくもあったものの、エッセイとしては今ひとつスパイスが足りなかったかな。

2014/06/11 08:33

投稿元:ブクログ

阿古真理×島本脩二「私たちの食を支配しているのは誰か〜記憶から辿る昭和・平成の食文化〜」 『昭和育ちのおいしい記憶』(筑摩書房)刊行記念 | B&B
■開催日時:6/29(日)15:00~17:00 (14:30開場)
■会場:本屋B&B 東京都世田谷区北沢2-12-4 2F
■入場料 :1500yen+500yen/1drink
http://bookandbeer.com/blog/event/20140629_oishiikioku/

筑摩書房のPR
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480878748/
Aco@Media
http://www011.upp.so-net.ne.jp/akomedia/top.html

食品・食文化・食エッセイ ランキング

食品・食文化・食エッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む