サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

英国一家、ますます日本を食べる
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 65件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/17
  • 出版社: 亜紀書房
  • サイズ:19cm/212p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7505-1408-6
  • 国内送料無料

紙の本

英国一家、ますます日本を食べる

著者 マイケル・ブース (著),寺西 のぶ子 (訳)

英国人フードジャーナリスト一家が、100日間で日本を縦断。日本食へのリスペクトと英国人ならではのユーモアが光る、旅と食の記録。2013年刊「英国一家、日本を食べる」に未収...

もっと見る

英国一家、ますます日本を食べる

1,620(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

亜紀書房翻訳ノンフィクション第1期 16巻セット

  • 税込価格:38,880360pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

英国人フードジャーナリスト一家が、100日間で日本を縦断。日本食へのリスペクトと英国人ならではのユーモアが光る、旅と食の記録。2013年刊「英国一家、日本を食べる」に未収録の章と、新たな番外編を収録した第2弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

マイケル・ブース

略歴
〈マイケル・ブース〉英国生まれ。トラベルジャーナリスト。フードジャーナリスト。2010年「ギルド・オブ・フードライター賞」受賞。著書に「英国一家、日本を食べる」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善丸の内本店

多くのファンを獲得した『英国一家、日本を食べる』の第二弾

丸善 丸の内本店さん

昨年、多くのファンを獲得した『英国一家、日本を食べる』の第二弾。
本書は正確には新作ではなく、原書『Sushi & Beyond』の中から、一作目に収録されなかったエピソードを中心に新たに加えられた番外編と、著者マイケル・ブースから日本の読者に向けたメッセージで構成されています。

イギリス人ジャーナリストの著者は、日本人の友人に紹介された辻静雄の本の影響を受け、本物の日本食を食べる為、日本へ行くことを決意。本人の思いとはうらはらに、妻の発案により一家で日本を訪れることになります。

本作では、定番の築地魚河岸、旨味調味料の総本山である味の素本社、天城山の山葵、かっぱ橋道具街、松坂牛から下関のふぐ、沖縄の豆腐よう、ぬちまーすの塩などなど、著者が体験して、独特の感覚で感想を添えています。前作同様、日本食べた褒めではなく、一刺しあるユーモアと家族のドタバタを交え、日本食の世界を堪能。そこがまた本シリーズを面白く読ませるポイントです。

巻末の日本の読者に送るメッセージは、我々日本人が自分たちの食べ物を見直す良い機会になります。前作を読んでいない方は上下巻のような作りになっているので、是非とも前作から手にとって見てください。


(評者:丸善丸の内本店 実用書担当 半田純一)

みんなのレビュー65件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

前著を補完するもの

2014/06/07 23:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふとっちょパパ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前著で省略された章などを補完。
前著ほどの悪口ぶりはない。
なかなか興味深い本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2冊目も面白い

2015/02/01 01:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:swing29 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ベストセラーになった「英国一家、日本を食べる」の続編ではなく、前作でカットされたパートを単行本化したもの。前作が原著に比べて大幅にカットされているのを知った時は、余計な取捨選択をして、と不満に思ったのだが、これだけのボリュームがあったのでは、最初から一冊にまとめて出版するのは難しかったであろう事も分かる。
日本では無名の英国人が書いた物で、単行本2冊分の物を出すというのは出版社にとっては博打になったろう。
1冊目が売れて、2冊目も売れただろうから、この著者の他の本も読んでみたいという読者も多いと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

和食を作りたくなる

2016/09/22 18:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あや - この投稿者のレビュー一覧を見る

塩、しょうゆ、鰹節...
読めば読むほどに料理がしたくなり、いろんな専門店で食品を見比べてみたいという欲求に駆られます。
またアスガーとエミルの素直な反応(食べ物や日本文化)も目に浮かぶようで、
思わずクスリと笑っちゃいます。(女の子なら違うのかな?)
『英国一家、日本を食べる』を読んでからの方が楽しめます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/17 13:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/18 20:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/19 19:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/02 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/19 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/12 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/15 15:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/06 09:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/17 16:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/22 11:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/12 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/04 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国のエッセイ ランキング

外国のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む