サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 損害保険を見直すならこの1冊 第2版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

損害保険を見直すならこの1冊 第2版
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/28
  • 出版社: 自由国民社
  • サイズ:21cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-426-11774-0
  • 国内送料無料

紙の本

損害保険を見直すならこの1冊 第2版 (はじめの一歩)

著者 マネーライフナビ (共著),さくら事務所 (共著)

複雑で難しい損害保険をできるだけ簡潔に、たくさんの実例と図表を用いてわかりやすく解説。損害保険のきほん、見直しのポイント、賢い選び方など、生活に役立つ損害保険の知っトク情...

もっと見る

損害保険を見直すならこの1冊 第2版 (はじめの一歩)

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

複雑で難しい損害保険をできるだけ簡潔に、たくさんの実例と図表を用いてわかりやすく解説。損害保険のきほん、見直しのポイント、賢い選び方など、生活に役立つ損害保険の知っトク情報が満載。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/04/28 15:24

投稿元:ブクログ

支払例・免責例が多く載っていて、また統計グラフ等も随所に差し込まれていて(保険内容を)イメージしやすかったです。
FPテキストでも(おそらく試験での頻出度を鑑みて)生命保険・医療保険と較べてページを割かれていないので、サブテキストとしてとても良本でした。

生命保険の本は多く出ているのに、損害保険に特化した本はなかなかこれと言うのがなく、そういった意味でも貴重な本だと思います。


★自賠責保険の休業補償は主婦(主夫)も対象
→家事労働をしている人であれば男女問わず対象となる。
厚生労働省「賃金構造基本統計調査(賃金センサス)」の女子の平均賃金を元に計算するのが一般的

★地震保険は主契約(火災保険)の保険金額の30~50%の範囲内で設定できるが限度額(建物 5,000万・家財 1,000万程度)が設定されている。
→これは被災物件の完全復旧や建て替えではなく、地震等による被災者の生活の安定に寄与することを目的としているため

2015/01/14 06:21

投稿元:ブクログ

地震保険は単独で契約することはできません。必ず主契約となる建物や家財の保険とセットで契約します。
なお、火災保険の主契約が「建物」と「家財」の場合、双方に地震保険を掛けることも、いずれか一方にのみ地震保険を掛けることもできます。保険期間は、建物や家財の火災保険期間とあわせる必要がありますが、最長5年間です。

地震保険の保険金額は、主契約となる建物や家財の火災保険金額の30〜50%の範囲内で設定します。ただし建物は5000万円、家財は1000万円が限度です。これは、被災物件の完全復旧や建替ではなく、地震等による被災者の生活の安定に寄与することを目的にしているからです。

保険 ランキング

保険のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む