サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 法学・法律
  4. 知られざる日本国憲法の正体 マッカーサーはなぜ「帝国憲法」を改正したのか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

知られざる日本国憲法の正体 マッカーサーはなぜ「帝国憲法」を改正したのか
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/26
  • 出版社: ハート出版
  • サイズ:20cm/438p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89295-973-8
  • 国内送料無料

紙の本

知られざる日本国憲法の正体 マッカーサーはなぜ「帝国憲法」を改正したのか

著者 吉本 貞昭 (著)

日本人がやらなければならないことは、自らの手で自主憲法を制定し、真の主権を回復することである−。占領軍が作った日本国憲法の誕生と実像に迫り、戦後の日本で定着した間違いだら...

もっと見る

知られざる日本国憲法の正体 マッカーサーはなぜ「帝国憲法」を改正したのか

2,268(税込)

ポイント :21pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本人がやらなければならないことは、自らの手で自主憲法を制定し、真の主権を回復することである−。占領軍が作った日本国憲法の誕生と実像に迫り、戦後の日本で定着した間違いだらけの「定説」を覆す。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/22 23:15

投稿元:ブクログ

(以下本書あとがきより一部抜粋)
 『平成24年12月26日に、第二次安倍晋三政権が誕生すると、安倍首相は第96条の改正とともに憲法改正に意欲を見せたが、その理由は、終戦直後に占領軍によって作られた「日本国憲法」に対する解釈改憲では、もはや新しい事態には対応できないからである。 (中略)

 日本人は67年もの間、全ての面でアメリカに依存し、世界の現実から乖離した憲法の下で生きてきたが、冷戦体制が崩壊した後、国際社会が大きく変わり、アメリカが世界を動かしてきた時代が終わろうとしている。
 例えば、今年の4月8日に、中国の常万全国防相は、アメリカのヘーゲル国防長官との会談で対日戦争も辞さないという強硬な発言を行ったが、このことは、アメリカがクリミアとシリアに対する軍事介入を回避したことを見ても分かるように、もはやアメリカには国際紛争を解決できる能力がないことを見抜いたことは間違いないだろう。(中略)

 現在の日本で自衛権を行使できるのは、基本的に防衛出動の命令が出た場合の時だけだが、占領憲法をもとに作られている国内法では、中国が公船を使って尖閣諸島に上陸してきても、漁船のようには適応できないので実力で阻止することは不可能である。(中略)

 日本の法制度の不備を熟知している中国は、いずれアメリカが軍事介入してこないと判断した段階で必ず尖閣諸島に上陸してくることは間違いないだろう。この問題を解決するために、たとえ現行憲法の解釈を変更したり、新しく法律を制定して隙間をなくしたとしても、いずれ必ず隙間が出てくるだろう。こうした問題を根本的解決するには、やはり自主憲法の制定が不可欠になってくるのである。(中略)

 二年前の衆院選と昨年の参院選を経て、ようやく憲法改正の絶好の機会が到来していることは間違いないだろう。
 その意味で、もし、この機会を逃したら改憲気運は、当分戻ってこないと思うのである。
 戦後、占領軍によって、何から何まですっかり変えさせられた日本という国を、もう一度日本人の手に取り戻すには、今こそ日本人が、その得意とする団結心を発揮して、日本民族の精神を基礎とする自主憲法を制定するしかないと思うのである』
(以上抜粋おわり)

憲法 ランキング

憲法のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む