サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 鎮魂 さらば、愛しの山口組 Requiem for KOBE

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鎮魂 さらば、愛しの山口組 Requiem for KOBE(宝島SUGOI文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/26
  • 出版社: 宝島社
  • レーベル: 宝島SUGOI文庫
  • サイズ:16cm/349p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8002-2241-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

鎮魂 さらば、愛しの山口組 Requiem for KOBE (宝島SUGOI文庫)

著者 盛力 健児 (著)

田岡三代目のために体をかけて懲役16年。「大阪戦争」最大の功労者である元山口組盛力会会長・盛力健児が、宅見若頭暗殺の内幕、五代目追放劇の真相、そしてその苛烈すぎる半生を語...

もっと見る

鎮魂 さらば、愛しの山口組 Requiem for KOBE (宝島SUGOI文庫)

734(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

田岡三代目のために体をかけて懲役16年。「大阪戦争」最大の功労者である元山口組盛力会会長・盛力健児が、宅見若頭暗殺の内幕、五代目追放劇の真相、そしてその苛烈すぎる半生を語る。新証言を加筆。〔2013年刊に書き下ろしの章を加えて改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/05/28 21:50

投稿元:ブクログ

 山口組元幹部による、戦後暴力団史。すごい迫力に圧倒される。根本的に何かずれているのでは?とふと思う時も序盤あるが、任侠の世界を少しイメージすることができた。北野映画でしかイメージできなかったが、映画を超える内容(北野映画も本書の内容をトレースしたと思われる描写が多くある)。
 某会社と同じような抗争やらクーデターやらがあったということは意外であった。そうならない圧倒的な主従関係がやくざの世界では?との思いで。ともあれある意味極めてリアルな歴史書であることに間違いはない。

2015/07/20 09:37

投稿元:ブクログ

山口組三代目以降の内情を、元構成員が暴露した本。
暴力の応酬が普通に行われていたり、やっぱり、そっちの世界はこっちとは違うんだなぁ、と感心しました。(^^;
北野監督の OUTRAGE シリーズを彷彿とさせる(というか、こっちが実世界なので本筋ですよね。(^^;)ところも多くあり、そういうのが好きな人にはお勧め。

2015/10/18 17:23

投稿元:ブクログ

暴力団の存在を支持するわけではないですが、義理と人情の任侠道が好きです。
清水次郎長のCDを随分と持っていますし、その手の本も結構持っています。
ノンフィクションでは、暴力団が専門分野の溝口敦さんのファンです。
日本最大の暴力団、山口組が先ごろ分裂したのはご承知の通り。
その背景がよく分かる良書はないものかと物色していたら、本書に出合いました。
これがまあ、面白いのなんのって、寝食は、まあ、しっかり取りましたが、夢中で読み耽っちゃいました。
著者は、山口組三代目組長の田岡一雄や、当時の山口組若頭で山健組組長の山本健一に仕え、田岡が銃撃された「ベラミ事件」では報復の先陣を切りました。
山健の首を狙う大阪府警捜査四課の壮絶な取り調べにも耐えました。
白眉は刑事から「山本健一」の名前の入ったデタラメな調書に「サインせい」と迫られた時のことです。
頬杖をついたまま調べ室の机にドーン、ドーンと肘を当てて舌を噛んだのです。
たちまち血が噴き出して刑事は動揺し、調書をその場で破り捨てたのでした。
これで山健まで捜査の手が伸びるのを食い止めたのです。
ただ、著者はこれで懲役刑を受け、宮城刑務所で昭和55年から16年間服役することになります。
刑期を務め上げ、娑婆に戻ってきた著者の目に映ったのは、かつての任侠道の組織ではなく、カネ、カネ、カネの経済至上主義に染まった山口組でした。
大阪戦争の最大の功労者である著者は、任侠道の伝統を重んじるだけに山口組執行部にとって煙たい存在となり、徐々に遠ざけられていきました。
終盤に、やはり任侠道の世界に生きた中野太郎・元中野組組長を引き合いに出し、「結局、俺も中野も、山健の親父や四代目の(竹中正久)親分、それに(竹中)武さんとかと同じで、昔ながらのヤクザ、今の時代では生きていけん古い極道やった……ということやったんでしょうな」と語る場面には、思わずしんみりとしてしまいました。
宅見勝若頭暗殺事件や、五代目・渡辺芳則から今の六代目・司忍に代替わりする際の「クーデター」の内実は、さすがに組織の中枢にいて強固な情報ネットワークを築いていた著者だけあって詳細です。
先ごろの山口組分裂に至る背景も見えてきました(本書の単行本は2013年9月刊行)。
今は堅気になっている著者は、古巣の山口組に対して「いっぺん潰して、元に戻すんですわ」と提言します。
日本最大の暴力団が今後どのような道をたどるのか、興味をかきたてられるところです。

宝島社文庫 ランキング

宝島社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む