サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

オオカミと森の教科書
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/26
  • 出版社: 雷鳥社
  • サイズ:19cm/319p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8441-3658-3
  • 国内送料無料

紙の本

オオカミと森の教科書

著者 朝倉 裕 (著),ささき みえこ (絵)

オオカミは、地球上の森を守ってくれる優しくて大切な生き物です−。日本からオオカミがいなくなって約100年。オオカミをよく知る著者が、オオカミと森の生態系のバランスについて...

もっと見る

オオカミと森の教科書

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

オオカミは、地球上の森を守ってくれる優しくて大切な生き物です−。日本からオオカミがいなくなって約100年。オオカミをよく知る著者が、オオカミと森の生態系のバランスについて、Q&Aを交えてわかりやすく語ります。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

朝倉 裕

略歴
〈朝倉裕〉1959年東京生まれ。早稲田大学商学部卒業。有機農産物流通の仕事の傍ら、日本オオカミ協会に参加。オオカミと森、人間社会との関係を研究。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善丸の内本店

オオカミの悪いイメージを払拭すべく、オオカミの生態に迫る

丸善 丸の内本店さん

オオカミほど悪者扱いされている動物はいないかもしれない。子ぶたの家を吹き飛ばしたり、可愛い赤ずきんちゃんを食べたりと、邪悪、獰猛、残忍といったイメージがつきまとう。それゆえ世界各地で駆逐され、日本のように絶滅してしまった地域も多い。だが著者は声を大にして言う、「オオカミはとても賢く愛情深い、美しい生き物だ」と。本書ではこれまで根付いてしまったオオカミの悪いイメージを払拭すべく、オオカミの生態に迫る。

オオカミはシカを捕食するが、そうすることでシカが草や樹木を食い尽くさないように調節するという生態系の中で重要や役割を担っているのである。欧米では1970年代頃からオオカミの生態系の中での役割に気づき、駆除から保護へと方向転換した。生態系の中でのそうした存在を生態学用語で「キーストーン種」という。キーストーンとは石組みのアーチを頂点で支える石で、それがないとアーチが崩れてしまう重要な石のことである。アメリカのイエローストーン国立公園では、オオカミがいなくなったことで崩れた生態系のバランスが、オオカミを再導入することで見事に復活し、オオカミがキーストーン種であることが証明されたのだという。

モンスーン気候の日本では森が再生しやすいというが、やはり増えすぎたシカのせいで再生が遅いという。日本でも森からオオカミの遠吠えが聞こえる日が再びやってくるのだろうか。


(評者:丸善丸の内本店 理工書担当 工藤誠也)

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/07/24 09:38

投稿元:ブクログ

オオカミ、そして森のこと、自然のこと。
わかりやすくて読みやすくて、
とてもとても素敵な本でした。

ワタリガラスとの関係やイノシシの関係等も
ああ、あのお話には
こういうところにも関連性があったのかな!
などなど
今まで読んできた本も思い出したりして
そういう面でも楽しかったです。

2014/05/09 20:11

投稿元:ブクログ

「ちょっぴりシャイ」だそうです。。。

雷鳥社のPR
http://www.raichosha.co.jp/book/other/ot22.html
ささきみえこHP「森のなかで」
http://homepage3.nifty.com/sasakimieko/index.html

2015/05/15 17:03

投稿元:ブクログ

日本にオオカミがいなくなって約100年が経った今、森では生態系や環境の変化が現れるようになりました。生態系を安定させるために著者が提案していることはオオカミを日本の森に再び入れるということ。文系人間だった著者が、ある日オオカミの魅力にはまり執筆した本書は、オオカミへの面白いという思いであふれています。

2015/10/24 23:43

投稿元:ブクログ

おすすめ。読みやすいし読んでおくといい。西洋寓話との関連に目からウロコ。確かにそうだわ。キリスト教以前の神格だわ。