サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 小説・秒速5センチメートル A chain of short stories about their distance

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

小説・秒速5センチメートル A chain of short stories about their distance(MF文庫ダ・ヴィンチ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

小説・秒速5センチメートル A chain of short stories about their distance (MF文庫ダ・ヴィンチ)

著者 新海 誠 (著)

「桜の花びらの落ちるスピードだよ。秒速5センチメートル」いつも大切なことを教えてくれた明里、そんな彼女を守ろうとした貴樹。小学校で出会った二人は中学で離ればなれになり、そ...

もっと見る

小説・秒速5センチメートル A chain of short stories about their distance (MF文庫ダ・ヴィンチ)

535(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「桜の花びらの落ちるスピードだよ。秒速5センチメートル」いつも大切なことを教えてくれた明里、そんな彼女を守ろうとした貴樹。小学校で出会った二人は中学で離ればなれになり、それぞれの恋心と魂は彷徨を続けていく―。映画『秒速5センチメートル』では語られなかった彼らの心象風景を、監督みずからが繊細に小説化。一人の少年を軸に描かれる、三つの連作短編を収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

いつも大切なことを教えてくれた明里、そんな彼女を守ろうとした貴樹。小学校で出会った2人は中学で離ればなれになり、それぞれの恋心と魂は彷徨を続けていく…。1人の少年を軸に描かれる、3つの連作短編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

桜花抄 5−52
コスモナウト 55−106
秒速5センチメートル 109−177

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/10/19 10:54

投稿元:ブクログ

映画版を見たのは高校生の時だった。あの時は主人公への悲哀と自分の経験を重ねて酷く悲しい印象を持ったが、その後大人になってから観なおし、最後に主人公がほほ笑んでいる事に気が付いた時、まったく真逆の感想を持ったのを覚えている。なんて不器用で前向きな映画なんだと苦笑した。
そして今、今更ながら小説版を読んで、更に印象が変わった。ずっとすれ違っているだけのように感じたヒロインとは、実のところ向いている方向は同じで、彼は決して忘れ去られたわけではないのだと、読んでいて安心してしまった。
思春期に1度見てから大人になりもう一度観て、そして最後にこの小説を読んだことで、ようやくこの作品は完結を見たように私は思う。
ずっと大切にしたい物語だ。

2016/07/24 18:16

投稿元:ブクログ

恋って歳を重ねていくごとに形が変わっていくけれど、それでも相手を想う純粋な気持ちは変わらないんだなあと思った。そして、ひとを愛することの難しさも、反対にひとを愛することの幸福感も、どちらも恋は持ち合わせているんだなと感じた。

2015/09/19 23:51

投稿元:ブクログ

「結局のところ、どのような強い思いも長い時間軸の中でゆっくりと変わっていくのだ」(p.38)

今、自分が大切にしている考えや想いも、きっと変わってしまうのだろう。これまでもそうであったように。

それが時速5キロメートルなのか、秒速5センチメートルなのか、あるいはそれ以上に緩やかな速度でなのかは分からないけれど。

ただ、それは終点へ向かって着実に収束していく筈だ。これから経験する全ての事や物を吸収しながら。発散する事は有り得ない。

2016/02/03 21:38

投稿元:ブクログ

数年前に映画を観たんだけども、そのときの記憶がごっそり抜け落ちていることに気がついて、どうせなら小説版でも、ということで読んでみた。
なんと形容していいのか、この読後感。ほろ苦いような、甘酸っぱいような。
直近にアドラーの心理学の本を読んで、過去など存在しない、人生は連続した点であり、その瞬間瞬間を人は生きているという考え方に触れて、まあなるほどなとか思っていたけど、貴樹や明里が共有したような美しい過去があったとしたら、それまでもなかったことにはしたくないよな、と。今、ふとした瞬間にでも、過去から救われることもあるだろうから。
個人的にはコスモナウトが好きだったかな。言えない片想い。切なさ。いいねぇ。
映画と小説は相互補完の関係とのことなので、また映画も観てみたい。

2014/09/27 17:20

投稿元:ブクログ

映画をみてからの小説。映画では描かれなかった、登場人物たちの気持ちがありありと書かれていて、物語に引き込まれる。映画の映像が、ありありと浮かびあがる。神秘的で、切なくも、優しい気持ちになれる。

2015/03/18 08:16

投稿元:ブクログ

恋のお話し
なんだけど、単純にそんな一言では済ませられない

ネットでは異常に高評価な原作アニメ
個人的には山崎まさよしの長めのミュージックビデオな印象なんだけどね(笑)
ただ、映像として美しいし説明しないことで視聴者の想像力を掻き立てられるんだけど、最終的には悲しいイメージ

一方、小説は心理描写がされているし、3部の今の状態がどうやってそうなったのか、今はどんな心境なのかがわかるので、かなり良いイメージになっている
終わり方としても、二人の関係が再開されそうな予感になっている
まぁ、確率はかなり低いんだろうけどね

結構前に見たので細部は忘れてるけど、もう一回ちゃんと観たいなぁ

アニメと小説でそれぞれ補完の関係だし
さらにマンガも別の切り口からの描き方をされているみたいらしいので、漫画版も読みたいなぁ

2016/02/17 11:11

投稿元:ブクログ

映画がほぼ心理描写ばかりでまあ小説になると少し読み辛いし淡々と話が進んでいくからあまり好きにはなれなかった。多分何気ない台詞が含まれた漫画版が完成された形だと思う。心理描写ばっかりだと小説というよりエッセイぽいからやはり会話は必要だとこれを読んで思った。
新たらな発見は結局二人はすれ違いだけど目を見て会えたということぐらいでした。あと二人の手紙の内容であかりの「ずっと絶対好きです」は何気ない文の筈なのになにか美しいと感じてしまった。この主人公はあんないい女の子と交際できただけで幸せじゃないだろうか?
最後の「前に進もうと思う」って一文は一体どっちに行こうとしたのだろうか?
彼女の方なのか今の進んでいた道の方なのか?振り向いてるのは彼女方だししかし心理的な考えだったら「人生前に進もう」だと思うしまあ映画では自分の進んでいた道だったと思うので後者だと思う。
しかし何人もの女性と交際できるだけで幸せなのに贅沢な主人公にはあまり感情移入できずにもやもやするだけで後悔した。
やはりアニメーションをたのしむアニメにそこまでなにかを求めてはいけないと分かった気がした。

2015/12/17 07:58

投稿元:ブクログ

大切な思い出を思い出として切り離せるか否かという気持ちになる本。男と女の恋愛観みたいなことで、よく男の方が引きづりやすいという話をよく聞くけど、まさにこの物語の主人公遠野貴樹は典型的な恋愛下手男子。
映画は未読なので映画も見てもう一度楽しんでみようと思う。

2016/03/16 12:27

投稿元:ブクログ

繊細な青春小説です。アニメ映画を先に見てから読みましたが、どちらも良かったです。監督自らのノベライズというのが良い。ここに書かれていることは、人生で見れば通過点の小さなものでしかありませんが、しかし掘り下げていけばその人を形成するきっかけとなっています。この小説だけではなく、誰もがそうであると気づかせてくれる事、共感して胸が締め付けられるような感情を抱いてしまうことが、この小説の魅力なのではないかなと思います。