サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. KADOKAWA
  6. 小説・秒速5センチメートル A chain of short stories about their distance

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

小説・秒速5センチメートル A chain of short stories about their distance
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.11
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:20cm/175p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-066648-8
  • 国内送料無料

紙の本

小説・秒速5センチメートル A chain of short stories about their distance (ダ・ヴィンチブックス)

著者 新海 誠 (著)

都内の中学に通う遠野貴樹(たかき)の元に、転校してしまった初恋の相手である篠原明里(あかり)からの手紙が届く。一九九五年の冬の終わり。明里との再会を果たすため、貴樹は次第...

もっと見る

小説・秒速5センチメートル A chain of short stories about their distance (ダ・ヴィンチブックス)

1,404(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

都内の中学に通う遠野貴樹(たかき)の元に、転校してしまった初恋の相手である篠原明里(あかり)からの手紙が届く。一九九五年の冬の終わり。明里との再会を果たすため、貴樹は次第に強くなる雪の中を明里の待つ岩舟駅へと向かう―。十三歳のふたりの上に永遠と瞬間が交差し、ふりそそぐ(『桜花抄』)。一九九九年、高校三年の何もかもうまくいかない夏。種子島に暮らす澄田花苗(かなえ)は、東京から転校してきた貴樹に宿命的な片想いをしている。サーフィンで波に立てた日に貴樹に告白すること。密やかな決意を胸に、花苗は必死に波に向かう(『コスモナウト』)。仕事を終えた深夜の帰宅路、貴樹は灯りの消えた高層ビルを見上げ思う。そんなに簡単に救いが降ってくるわけはないんだ、と―。東京での大学生活、就職してからの水野理紗(りさ)との出会い、いくつかの喪失とささやかな再生。そしてまた、東京に桜の咲く季節が訪れる(『秒速5センチメートル』)。一人で作ったアニメーション作品『ほしのこえ』で鮮烈なデビューを飾った、映画監督・新海誠の初小説作品。【「BOOK」データベースの商品解説】

あの人がいる場所にくると、胸の奥がすこし、苦しくなる…。恋心の不変と変遷、そして魂の彷徨−。ひとりの少年を軸に描かれる、心に沁み入る3つの連作短編集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

桜花抄 3−50
コスモナウト 53−103
秒速5センチメートル 105−173

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

すばらしい。

2015/08/07 23:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コンダクター - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品たちには思い入れが強いのでつい高評価をしがちだが,それを踏まえてもこの小説はよかった.

もちろん小説単体としてではなく,私はこの小説を読みながら映画等で示された背景で常に補完しながら読んでいったから,映画との補完に成功した小説といえるだろう.

構成(特に手紙のやりとりの位置)もよかった.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/29 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/19 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/14 21:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/12 16:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/23 14:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/09 10:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る