サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 負けない日本企業 アジアで見つけた復活の鍵

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

負けない日本企業 アジアで見つけた復活の鍵
負けない日本企業 アジアで見つけた復活の鍵 負けない日本企業 アジアで見つけた復活の鍵 負けない日本企業 アジアで見つけた復活の鍵

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/19
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/316p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-219012-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

負けない日本企業 アジアで見つけた復活の鍵

著者 江上 剛 (著)

「アジアの成長を取り込む」とはどういうことか。マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナム、中国…。作家・江上剛がアジアで戦うジャパニーズ・ビジネスマンを取材し、各国の最新状...

もっと見る

負けない日本企業 アジアで見つけた復活の鍵

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

負けない日本企業 アジアで見つけた復活の鍵

1,296(税込)

負けない日本企業 アジアで見つけた復活の鍵

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「アジアの成長を取り込む」とはどういうことか。マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナム、中国…。作家・江上剛がアジアで戦うジャパニーズ・ビジネスマンを取材し、各国の最新状況と日本経済復活のヒントを提供する。【「TRC MARC」の商品解説】

……前回の取材から六年を経て、私は二〇一三年六月から一二月にかけて、マレーシア、インドネシア、ベトナム、タイ、ミャンマー、韓国、中国、の七ヵ国を取材した。
 今回の取材の目的は次のような二つの懸念の回答を探ろうというものだ。
一つは、「アジアの成長を取り込む」とはいったいどういうことなのか、それが日本経済の復活の決め手となるのか、
日本だけの利益を考えて相手国の利益を考えていない進出になっているのではないか、という懸念。
 もう一つは、中国をどう位置付けるのか、本気で封じ込めるつもりなのか、
中国抜きでアジアの成長を取り込むことなどできないのではないか、という懸念だ。(中略)
 今回の取材だけでは二つの懸念の回答が完全に見つかったとは言えないかもしれない。
しかし、読者の皆さまにヒントくらいは提供できているのではないかと自負している。
 今回の取材の実感として確実に言えることは、日本企業のアジアシフトは本気だということだ。
これは前回の取材時とは大きく異なる。この姿勢が続けば、日本は必ずアジアとともに浮上していくだろうという思いを強くした。 ───「はじめに」より

いまやグローバル・ビジネスの最前線となったアジア。
世界中の企業がチャンスを求めてやってくるこの地域で日本はどう戦っていくのか。
外に出ることで見えてきた日本の意外な実力と、多くの日本企業に共通する弱点とは?
徹底取材で明らかになってきた日本企業の未来。【商品解説】

目次

  • 第1章 ルック・イーストからウェスト・ゲートへ マレーシア編
  • 第2章 ウィンウィンの関係をどうつくるか インドネシア編
  • 第3章 「親日」にいつまで甘えられるのか タイ編
  • 第4章 「希望が持てる国」の熱き男たち ベトナム編
  • 第5章 NATOでは勝てない ミャンマー編
  • 第6章 「反日」の本音 韓国編
  • 第7章 それでも脱中国はあり得ない 中国編

著者紹介

江上 剛

略歴
〈江上剛〉1954年兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。作家。第一勧業銀行築地支店長時代の2002年に「非情銀行」で作家デビュー。翌年退行。他の著書に「戦いに終わりなし」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/02 08:50

投稿元:ブクログ

イスラム教 ハラル認証
マレーシアからの留学生 技術だけでなく日本文化を学んだ 日本文化とはがんばること
インドネシアの人口ボーナスが終わるのは2030

この国で意思決定できる企業が強い

インドネシアの最大のリスクは紛争解決の法制度が整っていないこと

2007 泰日工業大学(TNI)スタート 親日の礎(タイ)


2018 アセアン自由貿易協定 AFTA (域内の関税が撤廃)

ベトナム 日本がやるべきこと 日本の公の精神を根付かせる 問題がおきるまえに早期警戒を促すためのルールメイキング


中国人は自分の最適化しか考えていない。組織も国家もない。自分さえ良ければいい。自分が儲かるかどうか。短期的に利益が上がるかどうか。プライドが保てるかどうか。それしかない。

2016/02/18 18:33

投稿元:ブクログ

アジアのこと、
中国、マレーシア、韓国、インドネシア、ミャンマーの
2014年時点まではよくわかりました。
ビジネスに生かせますね。
また、各国で頑張っている企業も一部わかります。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む