サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 母と子は必ず、わかり合える 遠距離介護5年間の真実

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

母と子は必ず、わかり合える 遠距離介護5年間の真実(講談社+α新書)
母と子は必ず、わかり合える 遠距離介護5年間の真実(講談社+α新書) 母と子は必ず、わかり合える 遠距離介護5年間の真実(講談社+α新書) 母と子は必ず、わかり合える 遠距離介護5年間の真実(講談社+α新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/20
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社+α新書
  • サイズ:18cm/219p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-272853-9
  • 国内送料無料
新書

紙の本

母と子は必ず、わかり合える 遠距離介護5年間の真実 (講談社+α新書)

著者 舛添 要一 (著)

舛添要一が、母との5年間の介護生活の思いを整理し、その体験を総括。母の介護で嘗めた辛酸、縦割り行政の不条理、母子の最後の日々から、福祉と家族を考える。〔「私の原点、そして...

もっと見る

母と子は必ず、わかり合える 遠距離介護5年間の真実 (講談社+α新書)

950(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

舛添要一が、母との5年間の介護生活の思いを整理し、その体験を総括。母の介護で嘗めた辛酸、縦割り行政の不条理、母子の最後の日々から、福祉と家族を考える。〔「私の原点、そして誓い」(佼成出版社 2008年刊)の改題,大幅に加筆し再編集〕【「TRC MARC」の商品解説】

 舛添要一の政治家としての原点は、5年間にわたり母親を遠距離介護したことだ。その後。参議院自民党政策審議会長や厚生労働大臣を務めた日々も、この体験を、1日も忘れたことはなかった。
 2014年、東京都知事に選出され、ついに自分の手で、理想の福祉社会を実現できるようになった。舛添要一が目指す「世界最先端の福祉都市」東京の姿とは何か? 母の介護で舐めた辛酸を、体験した縦割り行政の不条理を、そして母とともに過ごした最後の日々をタテ糸にして、とことん福祉を考える。【商品解説】

目次

  • 序 章 東京を世界最先端の福祉都市に
  • 第1章 母の死
  • 第2章 母に襁褓をあてるとき
  • 第3章 認知症の悲しみ
  • 第4章 親子で戦った都知事選挙
  • 第5章 母の贈り物
  • 第6章 父の面影を追って
  • 第7章 二つのいのち
  • 第8章 母との別れ
  • 第9章 母を葬送る

著者紹介

舛添 要一

略歴
〈舛添要一〉1948年福岡県生まれ。東京大学法学部政治学科卒業。東京大学教養学部助教授等を経て、2001年参議院議員に当選、07年より厚生労働大臣。14年東京都知事に選出される。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/08 20:15

投稿元:ブクログ

年老いた親と介護問題は切り離せない問題である。
元気でいるうちは、子ども達も自分達の生活で手一杯のはずであり、その先の介護までは考えが及ばないのが普通だと思う。
舛添さんの「認知症になる前にいろいろやってあげればよかった」という切実な言葉は心に響き、自分の親も元気でいるうちに優しくしてあげなければと思った。

2015/04/19 11:02

投稿元:ブクログ

桝添氏が、政治家を目指した根本的リアル体験記。
認知症の母の介護、葬儀までの手配。
妻の妊娠、出産と、母親の他界した翌日に、子供の出産という命のバトンをリアルに書かれております。
こういう方にこそ、日本の政治に携わってほしいと強く思いました。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む