サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

母さんが消えた夏(文学の扉)
母さんが消えた夏(文学の扉) 母さんが消えた夏(文学の扉)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2014/06/26
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 文学の扉
  • サイズ:20cm/262p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-06-283229-8
  • 国内送料無料

紙の本

母さんが消えた夏 (講談社・文学の扉)

著者 キャロライン・アダーソン (著),田中 奈津子 (訳)

6年生のカーティスと5歳の弟アーティーの待つ家に、ある朝、母さんが帰ってこなかった。兄のカーティスは、兄弟がばらばらになって里親先で幼い弟がいじめられることだけは避けなく...

もっと見る

母さんが消えた夏 (講談社・文学の扉)

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

6年生のカーティスと5歳の弟アーティーの待つ家に、ある朝、母さんが帰ってこなかった。兄のカーティスは、兄弟がばらばらになって里親先で幼い弟がいじめられることだけは避けなくては、と母の不在を隠しながらわずかに残った食料や現金で食いつなぎ、健気に母の帰りを待っている。向かいの家の風変わりなおばあさんがそんな二人の様子に気がつき、買い物を頼んだり、家に招いて料理をふるまったりするのだが…。母親が突然いなくなってしまった兄弟のひと夏の冒険物語。数々の文学賞に輝く女流作家による感動作、Sheila A.Egoff児童文学賞受賞!【「BOOK」データベースの商品解説】

【Sheila A.Egoff児童文学賞】6年生のカーティスと5歳の弟アーティーの待つ家に、ある朝、母さんが帰ってこなかった。カーティスは、母の不在を隠しながら食いつなぐが…。母親が突然いなくなってしまった兄弟のひと夏の冒険物語。【「TRC MARC」の商品解説】

ある日、母親が突然いなくなってしまった兄弟の物語。
以前も里親にだされたことのある兄のカーティスは、兄弟がばらばらになって里親先で幼い弟がいじめられることだけは避けなくては、と母の不在を福祉事務局に知られないよう必死に隠し、わずかに残った食料や現金で食いつないで健気に母の帰りを待っている。そのうちに向かいの家の風変わりなおばあさんがそんな二人の様子に気がつき、買い物を頼んだり、家に呼んで料理をふるまったりするのだが・・・。
とうとう大家さんが警察をつれて兄弟の自宅を訪ねてくる事態となり、兄弟はおばあさんの運転する車でおばあさんが持っている湖のそばの小さな小屋で夏休みを過ごすことになる。
母さんはどこへ行ってしまったのか、おばあさんは何者なのか、謎を追いながら読み進められる、ミステリーの要素を含んだ、感動ヒューマンドラマ作品。【商品解説】

著者紹介

キャロライン・アダーソン

略歴
〈キャロライン・アダーソン〉カナダの小説家。ブリティッシュコロンビア大学で教育学を修める。処女作がカナダの総督文学賞にノミネートされ、Ethel Wilson Fiction賞を受賞。CBC文学賞を3回受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/04 21:12

投稿元:ブクログ

カーティス(6年生)の母さんは、シングルマザーで5歳の弟アーティとカーティスを育てているが、ある日突然仕事から帰ってこない。アーティと同じくらいの頃、里子になってつらい思いをしたカーティスは、母さんが帰ってくる事を信じて、母さんがいるふりを装う。しかし、次第にお金もなくなり、学校や幼稚園からも心配されそうになる。そんな時、お向かいに一人きりで住んでいるおばあさんのバートさんと知り合い、3人でバートさんの持つ山小屋に逃げることにする。実は、バートさんもうまくいっていない弁護士の娘に老人ホームに入れられてしまうのではと心配していたのだ。
山小屋での暮らしは、素晴らしかった。だが、カーティスは次第にバートさんに疑問を抱き始める。そんな時、バートさんが倒れてしまう!!

始まりは映画「誰も知らない」を思い出すが、次第にバートさんの底力に関心を持ち始める。でも、不安を覚え始めると…。最後は、安心の幕引きで、カーティスの成長に拍手、拍手!!

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む