サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

女の家庭 新装版(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/09
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/360p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-790099-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

女の家庭 新装版 (文春文庫)

著者 平岩 弓枝 (著)

弱電会社の社員の夫とともに娘を連れてパリから日本に戻った永子。同居する姑や小姑とのトラブル、娘の教育問題…外交官の両親をもち海外暮らしが長かった永子は日本的な気苦労のまっ...

もっと見る

女の家庭 新装版 (文春文庫)

637(税込)

女の家庭

630(税込)

女の家庭

ポイント :5pt / 紙の本より7おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

弱電会社の社員の夫とともに娘を連れてパリから日本に戻った永子。同居する姑や小姑とのトラブル、娘の教育問題…外交官の両親をもち海外暮らしが長かった永子は日本的な気苦労のまっただ中におかれる。そんな中、陰ながら永子を支えるひとりの男の存在で心は揺れ動く。家庭という迷宮の光と影を描き出す、傑作人間ドラマ。【「BOOK」データベースの商品解説】

海外赴任を終えた夫とともに娘を連れて日本に戻った永子。同居する姑や小姑とのトラブル、娘の教育問題…。気苦労のまっただ中におかれる永子の心は、陰ながら彼女を支えるひとりの男の存在で揺れ動き…。【「TRC MARC」の商品解説】

女の幸せとは何かを問いかける、傑作ドラマ!

海外赴任を終えた夫と共に娘を連れて日本に戻った永子。姑と小姑との同居には想像を絶する気苦労が待っていた。忍従の先の幸せとは?【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/11/22 10:32

投稿元:ブクログ

すっきりとはしない、けれど現実的にはこれが理想なんじゃないかなという結末。
書かれたのが昭和51年辺り、なら「夫の家族は他人」という考えをすっぱり表明して見せたこの小説は、相当前衛的なものだったんじゃないだろうか。
何にせよ、夫が「自分の家族は妻と子」と思ってくれるのは幸せなことですね。

2014/08/28 23:43

投稿元:ブクログ

こんな姑も小姑もぜったいイヤだ、付き合いきれない!と思うけど、この小説が最初に出たのは昭和51年。当時はこんな姑が普通だったんだろうか。息子の妻は息子だけでなく母である私にも仕えるのが当然、と思っているようなひと。
もし今、嫁姑関係に悩んでいる人が読んでも、基本的には嫁が「京おんなの忍耐」でどうにかやっている話なので、なんの救いにもならないだろう。
ただ、終盤になってようやく、嫁の永子がこの関係についてあるべき姿を見出すくだりが印象的。
夫の家族は結婚すれば自分の家族になると思っていたが、それは違うのだと。
自分の親兄弟と同じようには思えないし、また思わない方がいい。むりやり家族同様に思い込むより、ひとりの人間として尊重し合わなくてはならないんだ、と・・・。
現実にはだれしも色々なあつれきを抱え折り合いをつけながら暮らしているけれど、根本的な考え方を改めようという気づきにハッとさせられる。

2016/01/18 10:59

投稿元:ブクログ

人から勧められた日本の女性作家さんの中に平岩弓枝さんがいたので、一冊読んでみようとおもってこれを読んでみた。

どひゃー。
って、なんども声が出ちゃうぐらいの男性主体の時代の「出来たお嫁さん」のお話。
昭和51年の作品だから、わたしの親よりも上の世代の「結婚生活」が描かれてる。

夫はエリート。
家族にもちゃんと思いやりがあって、夫婦円満。
ひとり娘はちゃんと躾けてるから、性格もあたまも優れてて、小学校から私立通い。

結婚してからずっとフランス暮らしで、主人公(お嫁さんの立場の人)は英語もフランス語も堪能。
社交的で内助の功力もすごくて、夫を立てながら、有益な人脈をじぶんで築いて持ってて。
家事もプロ級の腕前。だけどちゃんと家計の管理はできてる。

美人で、ファッションセンスも垢抜けてて、京都の老舗が実家で、親もエリート、忍耐と慎みをかねそなえた京女としてもカンペキ。

ほんとに、これ以上はないってぐらいの「カンペキな主婦」なの。(どひゃー)

だけど、同じくステキなエリートの夫の家族はサイアクなキャラクターに描かれてる。
姑、未婚の小姑、お嫁にいった妹。
フランスから帰国して夫の家族と同居になったんだけど、夫家の人たちはものすっごーーーーーーーーい意地悪っていうか性悪家族。
夫の家柄もわるくないはずなのに、ものすごい下品だし。
こんな家庭でよくあんなステキな夫に育ったねー、って、フシギになるぐらいものすごいひどい人たちに仕立てられてる。

そんな夫の家族に尽くして尽くして尽くして尽くして尽くし抜いて悟りを開いて、でもそこで荒れて家庭を捨てたりするんじゃなくて、もっと人格のステージをアップさせて家族のために尽くしつづける良妻賢母のお手本を示したお話、でした。(うひゃー)

いまの与党が日本国民の女性に望んでいるのは、まさにこんなタイプの人、ってかんじ。
女子教育の教科書になりそう。(うへー)

いちおう、なんとなく不倫っぽい盛り上がりもあるけど、良妻賢母はなーんにも貶められない設定になってて。

どひゃー。
うひゃー。

うへー。

って声出しながら読み終えた。

これもブログに感想書きたいとおもってるけど。けどけどけど。

2014/09/09 18:02

投稿元:ブクログ

【女の幸せとは何かを問いかける、傑作ドラマ!】海外赴任を終えた夫と共に娘を連れて日本に戻った永子。姑と小姑との同居には想像を絶する気苦労が待っていた。忍従の先の幸せとは?