サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. バレエ・ヒストリー ビジュアル版 バレエ誕生からバレエ・リュスまで

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

バレエ・ヒストリー ビジュアル版 バレエ誕生からバレエ・リュスまで
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.9 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/17
  • 出版社: 世界文化社
  • サイズ:26cm/175p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-418-14217-0
  • 国内送料無料

紙の本

バレエ・ヒストリー ビジュアル版 バレエ誕生からバレエ・リュスまで

著者 芳賀 直子 (著)

ルイ14世時代に源流を見るバレエの誕生から、パリ・オペラ座、ロシア帝室バレエ、ニジンスキーらのバレエ・リュスを経て現在まで。バレエの成り立ちと世界各国へ広がる過程をエポッ...

もっと見る

バレエ・ヒストリー ビジュアル版 バレエ誕生からバレエ・リュスまで

2,376(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ルイ14世時代に源流を見るバレエの誕生から、パリ・オペラ座、ロシア帝室バレエ、ニジンスキーらのバレエ・リュスを経て現在まで。バレエの成り立ちと世界各国へ広がる過程をエポックメイキングな8つの章に分けて辿る。【「TRC MARC」の商品解説】

本書はバレエを愛する方々すべて、舞台を観賞する、教室で踊る、またバレエを教えるという・・・皆様にお届けするバレエの歴史入門の一冊です。やさしい解説、そしてビジュアルも美しく、作品、ダンサー、衣裳などトリビアに満ちた本を目指して執筆、編集いたしました。世界有数のバレエ資料蒐集家・薄井賢二コレクション所蔵の希少図版や舞台写真を中心とするビジュアルも多数。それぞれのページを眺めているだけでもバレエの優雅な息吹に触れることができるでしょう。バレエ演目のあらすじや解説だけでは知りえない、バレエの奥深さ、歴史の面白さが満載です。【商品解説】

著者紹介

芳賀 直子

略歴
〈芳賀直子〉舞踊研究家。バレエ史を専門とし、バレエ・リュス、バレエ・スエドワ研究が中心。新国立劇場バレエ研修所でバレエ史を担当。著書に「拍手しすぎる日本人行列してまで食べないフランス人」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

興味と通史

2014/06/23 21:37

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:打人山 - この投稿者のレビュー一覧を見る

時間軸と空間軸の配列が良く、特定分野の入門書・通史として大変優れた構成になっていると思う。解説文と図版のバランスも適度で、資料体としての使い勝手も評価したい。印象深いのは「学生時代、とりたてて歴史が得意だったというわけではありません」という筆者前書きの一言。個人的な興味が拡がりバランスの良い通史を物すまでに至った実例として興味深い。だからだろう、本書は時間と空間が味気なくシャッフルされる世界史の教科書と違い、バレエとの出会いがそのまま「歴史」との出会いになった、という筆者の手応えも随所で見出せる。「歴史とは過去との対話である」という例の金言を思い出した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/17 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/02 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/16 13:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る