サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ARMS 3(小学館文庫)

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/13
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/297p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-193217-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ARMS 3 (小学館文庫)

著者 皆川 亮二 (著),七月 鏡一 (原案協力)

【小学館漫画賞(第44回)】【「TRC MARC」の商品解説】SFアクション超大作、発動!! 「我はジャバウォック!! 力が欲しければ我を呼べ!!」ナノマシンの集合体“...

もっと見る

ARMS 3 (小学館文庫)

810(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ARMS 3」が含まれるセット商品

ARMS(小学館文庫) 15巻セット(小学館文庫)

ARMS(小学館文庫) 15巻セット

  • 皆川亮二 著
  • 評価5.0
  • 税込価格:12,150112pt
  • 発送可能日:1~3日

商品説明

【小学館漫画賞(第44回)】【「TRC MARC」の商品解説】

SFアクション超大作、発動!!


「我はジャバウォック!! 力が欲しければ我を呼べ!!」
ナノマシンの集合体“ARMS”を移植された涼、隼人、武士の三人は、
自分たちの出生の秘密を探るべく、隼人の故郷・鐙沢村へ。しかし、
同行していた赤木カツミが戦闘に巻き込まれ、涼の目の前で
炎に包まれた。
幼なじみの同級生・カツミを失った涼は、コードネーム“ジャバウォック”の
力にて、宿敵・エグリゴリを撃退。その怒りを糧に、彼はついに戦士として
覚醒し、カツミのために復讐者(リベンジャー)になることを誓う。
鐙沢村でARMS適性者が四人いると知った涼たちの前に突然現れた
久留間恵。反エグリゴリ組織・ブルーメンの一員でもある彼女こそ
四人目の“ARMS”の持ち主。その恵が涼に驚くべき事実を
告げる――カツミ・Aという人物がARMS計画に大きな影響を与える
VIPとして、どこかの国に運ばれた、と!!

【編集担当からのおすすめ情報】
全巻作者渾身のカバーイラスト描き下ろし&スペシャルインタビュー[『ARMS』を語る]収録!!
寄稿エッセイ&イラストレーション[My ARMS]神崎将臣、激筆!!【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

おかえりなさい、が待っている

2014/07/20 17:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

4人目のARMS、久留間 恵、及び反エグリゴリ組織「ブルーメン」と出会う主人公達。
そして、その4人に超能力者部隊X-ARMY(エグザミィ)が襲い掛かかる所までが収録されている。


鐙沢村で幼馴染のカツミを失った主人公、高槻涼は、家に帰る事ができない。
それでもエグリゴリはサイボーグ兵士を送り込んでくる。
サイボーグ兵士達に怒りをぶつける高槻涼の姿は、友人の新宮隼人と巴武士がドン引きするほど。

そんな3人の前に女子高生、久留間 恵が現れる。
彼女こそ、4人目のARMS「ハートの女王(クイーン・オブ・ハート)」を持つ者。
そして、反エグリゴリ組織「ブルーメン」のメンバー。

主人公達は「ブルーメン」の本部で、「カツミは生きている」と聞かされる。
この情報自体、エグリゴリがわざと流した情報で、バレバレのワナであるが、わずかな希望に主人公達は活気付く。

カツミを救い出す!
そのために街を出る事を決意する3人。
だが、その前に、それぞれの家族と「ケジメ」をつけようとするが、そこにエグリゴリの超能力者部隊X-ARMY(エグザミィ)が現れる・・・。


高槻涼が家に帰った時、街に戻りながら、家に帰らなかった理由を話そうとするが、うまく話せない。

母親は、そんな姿を見て、何も問わず、ただ「おかえりなさい」と暖かく迎え入れるシーンが感動的。
高槻涼の母親は、以前、新宮隼人に「大ボケか、大人物かのどちらか」と評されていたが、大人物の方だった、というのが、この一事で分かる。

この母親(と父親も)が、実は元傭兵(しかもスゴ腕、というか半ば伝説と化している)で、事情を知った上で、高槻涼を子供として育てていた、というのは少し出来すぎ、という感じがしないでもない。
ただ、できた人物として描かれているので、あまり突っ込む気にはなれない。

ところで、X-ARMY(エグザミィ)との戦いでは、今後のエピソードでも、よく出てくるパターンが登場する。
それは、目の前にいる敵と戦うと共に、高槻涼は、自身の中にいるジャバウォックとも戦う、というものと、登場する敵は、その能力そのものが弱点になる、というもの。

この後、何度か、このパターンは出てくるが、こういう展開は割りと好み。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/21 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

小学館文庫コミック版 ランキング

小学館文庫コミック版のランキングをご紹介します一覧を見る