サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 半導体探偵マキナの未定義な冒険

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

半導体探偵マキナの未定義な冒険
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/20
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:19cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390085-8
  • 国内送料無料

紙の本

半導体探偵マキナの未定義な冒険

著者 森川 智喜 (著)

坂巻正行は17歳の男子高校生。のんびり帰宅部の大人しい青年だが、彼には非線形人工知能学分野の権威である祖父がいた。祖父は現役引退後、研究所にこもって人間そっくりのAI搭載...

もっと見る

半導体探偵マキナの未定義な冒険

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

坂巻正行は17歳の男子高校生。のんびり帰宅部の大人しい青年だが、彼には非線形人工知能学分野の権威である祖父がいた。祖父は現役引退後、研究所にこもって人間そっくりのAI搭載探偵ロボットを開発、依頼人に派遣するボランティアをおこなっていたのだ。ある日、3体の探偵ロボットがエラーを起こし、勝手に町に出て「探偵」活動を始めてしまった。半導体探偵マキナと正行のコンビは、あちこちで「捜査中」と思われる「探偵」たちを、見つけ出すことができるのだろうか?【「BOOK」データベースの商品解説】

非線形人工知能学分野の権威である祖父が開発した人間そっくりのAI搭載探偵ロボットがエラーを起こし、勝手に町に出て「探偵」活動を始めてしまった。正行と半導体探偵マキナは、「探偵」たちを見つけだすことができるのか?【「TRC MARC」の商品解説】

名探偵に深刻なエラーが発生しました!

主人公の正行は17歳の男子高校生。のんびり帰宅部の大人しい青年だが、彼には天才科学者の祖父がいた。祖父は現役引退後、研究所にこもってひそかに人間そっくりのAI搭載探偵ロボットを開発し、依頼人に派遣するボランティアをおこなっていたのだ。
ある日、3体の探偵ロボットがエラーを起こし、勝手に町に出て「探偵」活動を始めてしまった。唯一正常に機能している探偵マキナと正行のコンビは、あちこちで「捜査中」と思われる「探偵」たちを無事、見つけ出すことができるのだろうか?

京都大学推理小説研究会の「秘密兵器」と呼ばれた著者。鬼才の最新作は「犯人探し」ならぬ「探偵探し」です。探偵小説界を疾走する才能のきらめきを、ぜひその目で確かめてみてください。

今度は何を出してくる? と毎作、目が離せない。まことに「未定義な」才能の持ち主である。――綾辻行人

星新一と「ミステリーランド」が好きな人に薦めたい。――法月綸太郎

ロボット探偵がロボット探偵を探す。二十一世紀のパット・マガー!――我孫子武丸

EQ(エレクトロニック・カルテット)ここに爆誕!――麻耶雄嵩【商品解説】

著者紹介

森川 智喜

略歴
〈森川智喜〉1984年香川県生まれ。京都大学大学院理学研究科修士課程修了。大学在学中は推理小説研究会に所属。「キャットフード」でデビュー。「スノーホワイト」で第14回本格ミステリ大賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.8

評価内訳

2014/07/27 14:08

投稿元:ブクログ

異常行動を起こす探偵ロボットが一体どこに認識エラーを起こしているのか、という逆説の趣向が面白かった。読者にもう少し手がかりがあってもよいかなあとも思ったけど、これくらいがちょうど良いさじ加減かも。

2016/05/05 09:38

投稿元:ブクログ

序盤はロボットならではのセンサー能力が新鮮だったが後半はミステリというかアクションものというかある意味普通になった感じ。せっかくなのでロボットのすごさで押してほしかったな。全体的に読みやすいテイストでよかったです。やや甘め。

2015/03/23 22:10

投稿元:ブクログ

内容もさることながら、構成が抜群に上手かった。最初の章で半導体探偵の紹介と設定を生かした斬新な謎解きで一気に興味を引いておいて、次章からは暴走した半導体探偵たちを探す冒険の中に定義の勘違いといった要素がいいアクセントになっている。コーヒーブレイクと最終章で、図らずも暴走してしまった半導体探偵たちへのフォローも忘れないステキさが堪らない。

2016/10/08 22:53

投稿元:ブクログ

たまには小説でも読んでみようかと思って借りて読んでみた。
内容は、エラーを起こした探偵ロボットが事件を解決しようとしているが、ロボットの行動からエラーが何かをつきつめようとする話。実際にロボットが依頼を受けた事件についてはすぐに解決することが多い様子。
いろいろツッコミどころはあるけど、もう少しロボットらしさがあってもいいんじゃないかと思った。人間味がありすぎる気がする。
ところで、高校生の主人公の祖父が92歳って、年齢結構離れてるような気がするけど、母親はいったい何歳なのだろう。
ところで、何でメインのロボットのマキナは日頃からピアスをつけているのだろう。高校生ぐらいの見た目にしているなら、必要ないと思うのだけど(実際、高校に潜り込む際は外した)。多分、特に意味はないと思うのだけど。
ツッコミどころといえば、ビルから紙飛行機を飛ばしてポストに入れるとかコショウの粉粒を飛ばして人の鼻に飛ばすとか、さすがに軌道計算だけじゃ無理だろとは思った。

2015/06/01 22:24

投稿元:ブクログ

ロボット探偵はあくまでも依頼人の指示を忠実に遂行するだけという点でロボットと人間との関わり方は『BEATLESS』とよく似ている。もちろん森川智喜なので技術的な側面は完全にブラックボックス化されていて魔法と区別できないのだけれども。

2014/09/03 22:06

投稿元:ブクログ

マキナかわいいよマキナ。
西島大介の装丁に惹かれて手に取ったけど、装丁以上にマキナのキャラクターがかわいかった。
ちょきちょき。

主人公もっとがんばれよ、と思ったけど探偵はマキナなのだからこれでいいのか。

エラーを起こしてしまったクリク、オーガスタス、イーディもそれぞれに魅力的。
ロボットなので、解決方法が斬新。

ぜひシリーズ化してもらいたい。
そしてディッシュナンバー41ヴァージョン4・771を食べてみたい。

2016/03/03 19:56

投稿元:ブクログ

《イエス!オススメ度は99.827%です。マイマスター‼︎(チョキチョキ)》(何がオススメとは言わないんだな)

アップデートに失敗した名探偵ロボットを、失敗しなかった名探偵ロボットマキナと「俺」こと坂巻正行が捜索する。

奴らはアップデートに失敗、つまり思考に多少のズレが生じていて、何考えてどういう行動を取っているのかさっぱりわからん。

ここにこの物語の面白さがある。
なんせ奴らは名探偵。
元々すごい奴らにズレが起きて、どこで誰のどんな依頼を受け、どう解決しようとしているのかを考えると・・・。
しかもロボットなんだぞ・・・ばれたら大変だし、壊したものの損害保証なんかは俺に回ってくるんだぞ・・・。

マキナ、奴らの思考の過程を追い、解決を頼んだぞ‼︎


ってことで、マキナがかわいい。
他のロボット達も魅力的。
合間のコーヒーブレーク。
ロボット達の反則的な解決法もなんだかこの作者なら、この人の生み出したキャラならと許しちゃう。

2014/12/28 19:40

投稿元:ブクログ

図書館で借りた本。
キャットフード、スノーホワイトに引き続き、同じ作者さんの本。
ある日、おじいちゃんの研究所から、女の子型のロボット「マキナ」がやってきて、依頼の手伝いをして欲しいと言われ、依頼を完了するために、同伴する。
その後、おじいちゃんが亡くなり、マキナの外に3体あるロボットがエラーを抱えたまま街に出てしまい、マキナと二人、回収に向かう。

2014/08/27 16:52

投稿元:ブクログ

うーん、これジャンルは何になるんでしょう?

知る人ぞ知るAI研究者の祖父が作り上げたいわゆるアンドロイド4体。
探偵活動を旨にプログラムされている。
運悪く祖父が亡くなるのとアップデート時が重なり、3体にエラーが発生。
唯一エラーの出ていないマキナと孫の正行は探偵ロボットたちを探し出して無事に停止させることができるか?!

というような内容なのだけど。
探偵ではあるけれど、探偵モノでは……ない、なぁ。
いわゆるアンドロイドではあるけれど、SFでは……ぜんっぜんない。
推理はするけどミステリ要素も薄いです。

うーん、ホントこれジャンルは何になるんだろう。

マキナが可愛いのとマキナが書く「コーヒーブレイク」は楽しいし、ロボットならではの捜査方法など笑えるところも多かった。
けど、主人公の正行の魅力が足りないのと謎解き要素が薄いのとで全体的には物足りない。
マキナ以外の3体の探偵ロボットも活躍するはずの次作(出るなら)で判断、かなぁ。

2014/12/15 13:04

投稿元:ブクログ

人工知能搭載探偵ロボット三体がエラーを起こし暴走。主人公とヒロインロボットで捕獲し、エラーの原因を探ります。

冒頭の現金盗難事件はロボットらしいデータ重視の解決でなかなか面白かったものの、その他は一つの可能性をピックアップする「当てずっぽう」推理で、残念ながらロボットらしいロジックではありませんでした。適当に感じたストーリーも含めてもっと煮詰めて欲しかったです。
探偵ロボットの暴走ぶりや、どんなエラーを起こしているかを推理するハウダニットは楽しめました。

2014/08/05 17:27

投稿元:ブクログ

軽いけど可愛くて読みやすいのでミステリが好きじゃないひとにも楽しめそうです。ロボットから見ると日常の謎は感性が違いすぎて(そもそも感性はないのですが)笑ってしまいました。
ただ壊れたロボットがこうなるのはちょっとご都合主義な気もします。結果的に楽しめたから文句はないですが、ミステリってよりもライトノベルミステリ風味といった感じでしょうか。
表紙イラストが可愛い!と気に入ったひとの期待は裏切らなさそうです。

2014/09/09 18:03

投稿元:ブクログ

【名探偵に深刻なエラーが発生しました!】エラーを起こし、勝手に「探偵」活動を始めてしまった半導体たち。人間そっくりの姿で野に放たれた「探偵」を今すぐ捜して回収せよ!

2014/10/25 02:16

投稿元:ブクログ

祖父の作ったアンドロイド探偵達がエラーを起こして、研究所から逃走。祖父の急死で研究所を相続した正行は唯一正常な探偵マキナとともに三体のアンドロイドの回収に向かいます。アンドロイド達はあくまで“探偵”なので、エラーを起こしてもそれぞれ探偵活動を行うのですが、何か変。いったいどんなエラーを起こしているのか?彼らの行動から推理していくのですが、これは優秀な探偵マキナでなくても(正行でも)正解にたどり着ける程度の謎です。(伏線がしっかり書き込まれているからですが。)
三途川理と違ってアンドロイド達が“善い探偵”なのがいいです。最後の正行が依頼した事件の解決の仕方など「(*^ー゚)b グッジョブ!!」って感じです。

2015/11/16 01:39

投稿元:ブクログ

あんまり面白くなかった印象が強い。率直に言って出版するほどのものでもないような気がした。同人の個人小説というのが近いと思う。娯楽性というか物語の盛り上がりは薄い。

2016/01/16 05:48

投稿元:ブクログ

全く思ってた探偵の推理とは違うけどロボット達が仲良く喋っている様子は見たくなります。
クリクもオーガスタスもイーディももちろんマキナもエラーにならなければ身近にいてほしいです。見た目人間関係しか見えないロボットは憧れです。

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む