サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

豊臣政権の正体
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/24
  • 出版社: 柏書房
  • サイズ:20cm/331p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7601-4411-2
  • 国内送料無料

紙の本

豊臣政権の正体

著者 山本 博文 (編),堀 新 (編),曽根 勇二 (編)

秀吉の自筆書状をはじめ、五大老・五奉行らが残した文書を駆使し、人間関係から、思考、政策、法令、いくさの実態までを考察。史料に基づいて新しい秀吉像・豊臣政権像を浮き彫りにす...

もっと見る

豊臣政権の正体

3,024(税込)

ポイント :28pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

秀吉の自筆書状をはじめ、五大老・五奉行らが残した文書を駆使し、人間関係から、思考、政策、法令、いくさの実態までを考察。史料に基づいて新しい秀吉像・豊臣政権像を浮き彫りにする。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

豊臣政権の制度と文書 山本博文 著 9−22
豊臣秀吉と黒田官兵衛 山本博文 著 23−48
秀吉のいくさと上杉・武田のいくさ 鴨川達夫 著 49−77

著者紹介

山本 博文

略歴
〈山本博文〉1957年生まれ。東京大学史料編纂所教授。
〈堀新〉1961年生まれ。共立女子大学教授。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/07 16:53

投稿元:ブクログ

一連のシリーズ三冊目か。科研で3冊も書けるのか…tってのはおいといて、秀吉と黒田官兵衛、徳川毛利の関係など、見どころの多い一冊。

2014/10/19 13:19

投稿元:ブクログ

秀吉の自筆書状をはじめ、五大老・五奉行らが残した文書を駆使し、人間関係、思考、政策、法令、いくさの実態にまで切り込む!創られた歴史からの脱却を図る意欲作!!
いったい何が真で何が偽なのか?
・序章 豊臣政権の制度と文書(山本博文)
・第一章 豊臣秀吉と黒田官兵衛(山本博文)
・第二章 秀吉のいくさと上杉・武田のいくさ(鴨川達夫)
・第三章 天下と殿下(堀新)
・第四章 古文書の伝わり方(田渕義樹)
・第五章 『 忠増渡海日記』と幸若舞(鈴木彰)
・第六章 秀吉と大名・直臣の主従関係について(曽根勇二)
・第七章 豊臣秀次朱印状の謎(金子拓)
・第八章 日用停止令と豊臣政権(光成準治)
・第九章 前田玄以の呼称と血判起請文(矢部健太郎)
・第十章 豊臣秀吉の「日本国王」冊封の意義(米谷均)
・第十一章 豊臣五大老の実像(堀越祐一)
・あとがき

史料の写真版、釈文、現代語訳が載せられているのが嬉しい。
シリーズ3冊目の本書は、どれも面白い。古文書の伝わり方では、本来、立花家に伝来しないはずのものが、なぜ伝来したのか知ることが出来て面白かった。(立花宗茂を九州之一物と評した秀吉の書状を黒田家から譲って貰ったり、大友家伝来の文書が一族であった立花家に伝わった。)
また、秀吉の日本国王冊封、秀吉が激怒したという有名な話が、頼山陽の創作であったとは知らなかった。この値段で、貴重な史料に触れられるのは眼福といえ、お買い得である。

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む