サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 隠れ脳梗塞は自分で治す

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

隠れ脳梗塞は自分で治す(らくらく健康シリーズ)
隠れ脳梗塞は自分で治す(らくらく健康シリーズ) 隠れ脳梗塞は自分で治す(らくらく健康シリーズ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

隠れ脳梗塞は自分で治す (らくらく健康シリーズ)

著者 池谷 敏郎 (著)

軽い脳梗塞である隠れ脳梗塞を、血管病として捉え、その仕組みや改善法を解説。食事の内容をちょっと変える、体をちょこちょこ動かすなど、著者の体験談も盛り込んでわかりやすく解説...

もっと見る

隠れ脳梗塞は自分で治す (らくらく健康シリーズ)

1,080(税込)

隠れ脳梗塞は自分で治す

972 (税込)

隠れ脳梗塞は自分で治す

ポイント :9pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

軽い脳梗塞である隠れ脳梗塞を、血管病として捉え、その仕組みや改善法を解説。食事の内容をちょっと変える、体をちょこちょこ動かすなど、著者の体験談も盛り込んでわかりやすく解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

40代では3人に1人、50代では2人に1人、60代では8割以上の人にあると言われている「隠れ脳梗塞」。そのままにしておくと、重い脳梗塞へと進行してしまう可能性があります。本書ではその予兆の見極め方や、さまざまな予防法をまとめた一冊です。

重篤な脳梗塞を引き起こす一歩前の状態である「隠れ脳梗塞」。
しかし、隠れ脳梗塞の恐ろしい点は、自覚症状がないこと。
また、たとえ症状があっても、普通は短時間で回復してしまい、重大な問題だと考えられていないことです。
そのため放置されることが多く、重い脳梗塞に移行することが多いのです。
本書は、その隠れ脳梗塞の予兆を感じ取り、自分で予防するための運動や食事、生活習慣の改善法などを紹介します。【商品解説】

目次

  • 目次
  • はじめに
  • 第1章 隠れ脳梗塞とは何か?
  • 脳梗塞を防ぐことは、元気な老後を送るうえで不可欠
  • 隠れ脳梗塞は重篤な血管病のサイン
  • TIAは、血栓が一時的に血流を阻害することで起こる
  • 脳は大量の血液が必要 600㎞の血管が走っている

著者紹介

池谷 敏郎

略歴
〈池谷敏郎〉1962年東京都生まれ。東京医科大学医学部卒業。医学博士。医療法人社団池谷医院理事長兼院長。日本内科学会認定総合内科専門医。著書に「最新医学常識99」「血管力」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/04/17 22:29

投稿元:ブクログ

脳梗塞は、リスク要因がなくても、誰でも突然、発症することがありうる病気であるだけに、安心している人こそ、まず1冊読んでおくべきだと思う。
発症時の認識と対処が、生死を分けるとまで言わずとも、後遺症の程度に大きな差を生むことになる。

病気の知識 ランキング

病気の知識のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む