サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 技術・工学・農学
  4. 実践レジリエンスエンジニアリング 社会・技術システムおよび重安全システムへの実装の手引き

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

実践レジリエンスエンジニアリング 社会・技術システムおよび重安全システムへの実装の手引き
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/22
  • 出版社: 日科技連出版社
  • サイズ:21cm/331p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8171-9500-5
  • 国内送料無料

紙の本

実践レジリエンスエンジニアリング 社会・技術システムおよび重安全システムへの実装の手引き

著者 Erik Hollnagel (編著),Jean Pariès (編著),David D.Woods (編著),John Wreathall (編著),北村 正晴 (監訳),小松原 明哲 (監訳)

レジリエンスエンジニアリングを社会・技術システムや重安全システムに実装していくための手引き。航空、鉄道、発電所、医療、金融などさまざまな実務の現場におけるレジリエンス問題...

もっと見る

実践レジリエンスエンジニアリング 社会・技術システムおよび重安全システムへの実装の手引き

4,752(税込)

ポイント :44pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

レジリエンスエンジニアリングを社会・技術システムや重安全システムに実装していくための手引き。航空、鉄道、発電所、医療、金融などさまざまな実務の現場におけるレジリエンス問題を事例として取り上げる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

Erik Hollnagel

略歴
〈Erik Hollnagel〉フランスMINES(パリ鉱山大学)の産業安全部門長、教授。
〈Jean Pariès〉元フランス航空事故調査局BEA主任。Dédale SAS社を設立。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/04 11:21

投稿元:ブクログ

レジリエンスエンジニアリングは失敗を理解する。またなぜ物事がうまくいかないのかを理解するためには、失敗だけでなく成功事例についても詳細に吟味することが必要であると主張。

レジリエンスエンジニアリングは安全に限ることなく、主要なプロセスのマネジメントにおいてプロアクティブであること、そして安全や他の重要な到達すべき事項の大きな変化を予見することの必要性を強調する。

レジリエンスエンジニアリングではシステムは脆弱性のトレードオフをマネジメントできると考える。

レジリエンスエンジニアリングの本質的能力
・何をすべきかを知っている
・何を注視すべきか知っている
・何を想定すべきかを知っている
・何が起こったのかを知っている

工業経済・経営 ランキング

工業経済・経営のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む