サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

辻(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/28
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/366p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-118506-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

辻 (新潮文庫)

著者 古井 由吉 (著)

父と子。男と女。人は日々の営みのなかで、あるとき辻に差しかかる。静かに狂っていく父親の背を見て。諍いの仲裁に入って死した夫が。やがて産まれてくる子も、また―。日常に漂う性...

もっと見る

辻 (新潮文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

父と子。男と女。人は日々の営みのなかで、あるとき辻に差しかかる。静かに狂っていく父親の背を見て。諍いの仲裁に入って死した夫が。やがて産まれてくる子も、また―。日常に漂う性と業の果て、破綻へと至る際で、小説は神話を変奏する。生と死、自我と時空、あらゆる境を飛び越えて、古井文学がたどり着いた、ひとつの極点。濃密にして甘美な十二の連作短篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

父と子。男と女。人は日々の営みのなかで、あるとき辻に差しかかる。日常に漂う性と業の果て、破綻へと至る際で、小説は神話を変奏する。古井文学がたどり着いた、ひとつの極点。濃密にして甘美な12の連作短篇。【「TRC MARC」の商品解説】

父と子。男と女。人は日々の営みのなかで、あるとき辻に差しかかる。静かに狂っていく父親の背を見て。諍いの仲裁に入って死した夫が。やがて産まれてくる子も、また――。日常に漂う性と業の果て、破綻へと至る際で、小説は神話を変奏する。生と死、自我と時空、あらゆる境を飛び越えて、古井文学がたどり着いた、ひとつの極点。濃密にして甘美な十二の連作短篇。【商品解説】

収録作品一覧

9−31
33−56
57−80

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

重みのある連作短編集

2014/08/13 01:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:une femme - この投稿者のレビュー一覧を見る

ずっしりとした重みのある小説、という印象。日本人特有の、内に秘めた暗さのようなものが、「辻」を持つ場所に根ざすようにして、描かれる…。

 言うまでもなく、読むことで、気持ちが明るくなるというタイプの本ではないが、心の奥の狂気に隣り合う暗さを、この作品を通して考えてみることは、意義深いことのように思う。

 連作短編集となっているため、一つずつ区切りをつけて読めるのが、そのような重さを考えるのには、ほど良いと言えるのかもしれない…。

 また、年を重ねてから、再度手に取り、読んでみたいと思う小説。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/16 12:23

投稿元:ブクログ

ほろ酔い気分でタクシーにのって自宅へむかう。
じゃあここでといって、タクシーをおりると
家の近辺と思っておりたはずが
あれここどこ?とまるで見知らぬ場所におりたことに
気づく夜。そのぞっとする瞬間。

人生はそんな不可思議の連続で
ふと立ち止まって考えると今現在
思いもしない場所にたっていて
思いもしない町にすんでいて
思いもしない仕事をしている。
ふと、ここはどこだかわからなくて
ものすごく怖くなる。
ここどこだろうって、孤独がおしよせてくる。
間違いじゃないかって不安になる。

読んでいて、
迷子になったような気持ちで読み終えました。
捕えたとおもったら
すぐに逃げていく不思議な文章でした。

2016/07/18 14:06

投稿元:ブクログ

やって来て、通り過ぎてゆく。
歩いているとふと差し掛かる。
確かに見たような気がする。でもどこで見たのか思い出せない。
どこから続く道だったのか、どこに行くための道だったのか。
ただ浮遊し続けている、交差点であり通過点。

2014/07/10 22:59

投稿元:ブクログ

巻末に収められた大江健三郎との対談では、「私の作品は全然難しいことないのに」と笑いながら語っているが、やっぱり難しい。
氏の作品は用いられている言葉自体はどれも一般的なものばかりであるにも関わらず、文章になった瞬間に、1つ1つの文章が重層的になり、単一的な読み方を許さない解釈の幅がある、そんな点にあるように感じる。

そして物語られる世界は、極めて日常的な生活における情景であるが、たとえそれが我々が当たり前だと思っている世界だとしても、物語られる文体というフィルターをかけることによって、全く別の様相を呈してくる。日常の中に潜む幻想性ともいうべき世界を、直接的な題材ではなく、文体により描ききる技法は、見事としか言いようがない。

誰にでもお勧めできる作品ではないけれど。

2014/06/29 14:47

投稿元:ブクログ

・天と地の間に悪い気が満ち渡るのだよ、と祖母は話した。寒いと感じられるのはじつは火で、熱いと感じられるのはじつは寒の気で、火も寒の気も一緒の毒なのだ、と言った。陰と陽の和合が過ぎたり足りなかったりでやぶれると、その毒が空中に昇って、普段でもすこしずつひそんでいるのが、人の行ないがあまり道を踏みはずすと、一度にふくらんで、からだの内の毒もそれに感じて暴れ出すのだ、と言った。ある暮れ方に見知らぬ人が村から村へまわって、昔この辺で労役と呼んで、家ごとに堤の工事などに駆り立てる、その札のようなものを、目には見えないのだけれど、貼って歩くと、三日もして、そこらじゅうで人が寝つく、と。
それは誰なの、と子供はたずねた。疫病神の手下さ、と祖母は答えた。その疫病の疫と、労役の役が今になり、熱にうなされた中で結びついた。


・夢の中のことだとわかって森中はひとまず安心した。しかし現実のことなのだ、と青垣は言う。覚めるから夢ではあるが、覚めても現実だ、と言う。長年の夢だと言う。近頃はまだ見ないと否定しながら、もう見ている、と振り戻す。一度見たものは過ぎない、と言う。青垣の話すことの矛盾に森中はついて行けずにいたが、その話す声があくまでも平静で、穏やかでさえあり、狂ったようなところはすこしもないので、青垣の言う覚めても続く夢の中へ、思い浮かべかねたまま、なかば惹きこまれた。

・曖昧な辻があった。行くにつれて三つ辻にも四つ辻にも、それ以上の路が合わさっているようにも見えてくる。後にしたはずの辻が、また前に現われる。空はいまにもまた降り出しそうにかぶさったかと思うとふいに抜ける。抜けたかと思うとまた塞がる。光の変わるたびにまた知らぬ辻へ差しかかる。これもすべてあくまでも平常だ、それでいて一回限りに際立って、そこにある。ところが見ているはずの自分がいない、その辻にも、それが見えている現在にも、どこにもいない。

・その頃から父親は一日置きぐらいに、眠りから覚めて娘を呼び寄せ、口もとへ耳を近づけさせて、妙なことを頼んだ。喘ぎの混じる細く掠れた声で、どこかへ行く道順らしく、往還とか辻とか分かされとか、畑とか林とか薮とか切通しとか、たどって聞かせるのだが、声は切実で、詳細らしい口調なのに、話すことがどうも通らなくて、そのうちに自分でも道に迷ったような、あせりの色を浮かべて、どうか、その先はどうなっているか、見て来てくれ、と懇願する。さからわずに女はうなずいて部屋を出る。父親の話すような場所は丘陵に挟まれた自宅の界隈にも思いあたるところがなく、ましてこの高台の病院の近辺にはありそうにない。どうせ徒労なら病棟の廊下のはずれに置かれたベンチで時を過せば済むことなのに、病人に足音を遠くまで聞かれているようで渡り廊下をわたり、初めの時には本館の玄関から表にまで出て、ずいぶん建てこんだ住宅地の、それでも間にまだ畑を残して、要領の得ない道を迷いながら歩くうちに、以前覚えのあった所を探すような足になっていた。