サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. なにを食べたらいいの?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

なにを食べたらいいの?(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/28
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/231p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-136461-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

なにを食べたらいいの? (新潮文庫)

著者 安部 司 (著)

手軽でおいしくて長持ち。そんな三拍子そろった商品はなぜ危険なのか。スーパーやお店では、どんな基準で買えばいいのか。添加物、そして食の安全の専門家が、食卓を豊かにする具体的...

もっと見る

なにを食べたらいいの? (新潮文庫)

529(税込)

ポイント :4pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

手軽でおいしくて長持ち。そんな三拍子そろった商品はなぜ危険なのか。スーパーやお店では、どんな基準で買えばいいのか。添加物、そして食の安全の専門家が、食卓を豊かにする具体的方法を、やさしく丁寧に伝える。〔2009年刊の全面的な改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

では、どうやって食べ物を選べばいいのですか? ベストセラー『食品の裏側』の著者のもとに最も多く寄せられる質問です。みなさんのそんな悩みに応えるため、この本は書かれました。手軽で「おいし」くて長持ち。三拍子そろった商品はなぜ危険なのか。スーパーやお店では、どんな基準で買えばいいのか。添加物そして食の安全の専門家が、あなたに、やさしく丁寧に伝えます――。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

わかりやすい内容

2016/08/22 14:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sacchibi - この投稿者のレビュー一覧を見る

もともと母が生協など、添加物が少ない食品を選ぶ主義だったこと、身内の病気を機に有機野菜、無添加の食品、調味料の厳選等は意識しています。

本に出てくる子供、中高生のように一時期は、「お母さんのお弁当は地味」「冷凍食品の方が綺麗で食べやすい」と言っては喧嘩したことがあります。
「こんなに気を付けて食べさせてたのに、自分で選ぶものは体に悪いものばかり」と母が嘆いたこともありました。
今にして思うとバカな子供時代だったと思います。

著者は、食品添加物を調合し、いろんな風味、食感等を実現させていたのですが、娘さんが添加物まみれの自分が関わっている肉団子を「おいしい」と口にする姿に愕然とし、仕事をやめられたそうです。

デパートのお惣菜など、「中食」は私もたまに利用するのですが、一つの惣菜が出来上がるのに何十種類もの添加物が加えられていると知るとあまり食べたくなくなりました。

おばあちゃんの時代からあったもの(漬物など)ですら、裏の表示ラベルを見たら、カタカナ(添加物)のオンパレードということが多々あります。

私は、この10年近く、「わかる材料」しか載っていない食べ物を選ぶようになりました。
結果、買えるものが限られ、有機野菜等を使用しても家計的に問題ないことが実感できました。

少しの手間暇を惜しむことが食の豊かさを失うことにつながるということに気づかせてくれる本です。

とはいえ、お気に入りのお店もあります。
(たいてい、厳選食材で、添加物はそこまで使用されていないお店…と信じています)

メリハリをつけて、美味しいものを残さず食べる生活を送りたいと思います。

しょうわそうすを心がけよ!
少…小食
和…和食
祖…粗食
薄…薄味

ひふみの法則
ひ…非伝統的なものは食べない
ふ…不自然なものは食べない
み…未経験のものは食べない

だそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/06 15:37

投稿元:ブクログ

本書の著者プロフィールより

1951年福岡県生まれ、農家の次男として育つ。
山口大学文理学部化学科卒。
総合商社食品課に勤務。退職後は海外での食品の開発輸入や無添加食品等の開発、伝統食品の復活に取り組んでいる。
NPO熊本県有機農業研究会JAS判定員。経産省水質第一種公害防止管理者を務めつつ、祝品製造関係工業所有権(特許)4件を取得。
…………
著者はこの本の前に『食品の裏側』と言う本を出しており、その反響のすごさゆえに、食品を選ぶ方法として、じっくり考えていこうという思いから今回、出版したという。

まず、最初の方に書かれていたこと。
自分が添加物と食品の専門商社で働き、添加物を中心に商売を10年間していた。100種類ぐらいの加工食品の開発に携わっていた。
そして、自分の娘が三歳の誕生日のとき、奥さんが用意した食卓の料理に自分が開発した肉団子が並んでいてショックを受けたことが発端だった。
娘が大好物の、その肉団子は低級のくず肉で、本来ならペットフードにしかならないものを添加物によって美味しく作り上げたことを著者は知っているからだ。
その翌日、著者は会社に辞表を出した。

……

たぶん、食品メーカーはどこも同じだと思える。
著者が我に返ったことによって、私たちは食品の裏側を知ることができた。

しかし、よくよく読んでいくと、私たち消費者の生活スタイルが変わり、「安くて、美味しくて、きれいで、便利」なものを求めていることも確かだ。
普通に考えてみても「安くて安心」なんてないはずなのに。
現代人は怠けるようになった。自分で料理を作らず、簡単で便利なものに身をゆだねるようになってしまったつけが添加物が増えて行ったのだと思う。

とにかく、まずは買おうとする食品の裏ラベルと見ること、と著者はいう。「安くて、簡単、便利で美しくて、オイシイ」食品には五行以上にわたって添加物が書かれている、と。確かに、コンビニ弁当やおにぎり、惣菜の裏には多くの見知らぬ名称が書かれている。
添加物は味覚をマヒさせるので、慣れてしまうと味が濃くないと美味しく感じなくなるそうだ。

福島第一原発の事故以来、放射能汚染だけは心配している日本人だが、添加物を気にしないのはおかしい。毒性を発するものをあるのだから。

この本以外にも最近、食品添加物や外食の裏側などを読んでみたが、ますます、自分で作れるものは作って行きたいと思った。

2014/09/03 19:03

投稿元:ブクログ

【本の内容】
では、どうやって食べ物を選べばいいのですか?
ベストセラー『食品の裏側』の著者のもとに最も多く寄せられる質問です。
みなさんのそんな悩みに応えるため、この本は書かれました。
手軽で「おいし」くて長持ち。
三拍子そろった商品はなぜ危険なのか。
スーパーやお店では、どんな基準で買えばいいのか。
添加物そして食の安全の専門家が、あなたに、やさしく丁寧に伝えます―。

[ 目次 ]
序章 なにかがおかしい日本の食
第1章 子どもの大好物の「裏側」
第2章 子どもが壊れていく
第3章 見えなくなっている添加物
第4章 添加物まみれにした犯人はだれ?
第5章 じゃあ、なにを食べればいいの?
終章 添加物から見えてくること

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2014/06/07 05:24

投稿元:ブクログ

「食品添加物の神様」とまで呼ばれた著者が、添加物まみれの肉団子を美味しいと食べていた娘を見て、一転、逆の立場に立つことになった。タイトル通り、じゃ何を食べればいいのかと思うくらい、いまや身近になった中食やドリンクへの警鐘を鳴らしてくれる。添加物なしの生活への実践編も示してくれるが、なかなかそれがむずかしい。

2014/09/17 16:08

投稿元:ブクログ

ヒステリックに「これはだめ!」という本ではなく、添加物が果たしてきた役割、それによって何がもたらされ、なぜ使われてきたのかを含めた上で、食品の安全について論じている。

2014/08/03 12:58

投稿元:ブクログ

これって2009年に出してた本だったのですね。

相変わらず、読んだ後は、食品表示に敏感になってしまいます。

今回は「中食」。いわゆるスーパーのお惣菜やお弁当屋さんの裏側が出てました。
買ってすぐ食べるものだから、コンビニよりかはさほど添加物が入ってないだろうと思って利用していたけど、大変なことに。

ごはんもごはん専門でやってるところもあり、古米をいかにして新米に見せかけるなどとか。

今回、訴えていたのは、添加物が悪い訳ではない。
消費者が日持ちして、安くて、色も味もいいものを望んだから、業者側は添加物をいれることになったのだ。
嫌なら自分でイチから作ればいいという話でした。

なるべく手作りが一番と言うことですね。

マクロで習うことと重なってることもいくつかありました。

一番、ショッキングなのは、イマドキの学生は母親の手作り弁当を持って行くと、コンビニの弁当が買えない貧乏人とみられること。
私も母の手作りの弁当が汁が出るのが嫌で、持って行きたくなかったときもありました。
今思うと、添加物がないからこそです。
お弁当を毎日作ることさえ大変なのに、嫌がるのは失礼なことだったなと思いました。

2016/05/21 01:36

投稿元:ブクログ

20160520私にとっては教科書みたいな本になりました。またメモを取りながら読みたい。正直添加物のことは全然知らずにいたので食生活を見直すきっかけになった。本にもあった通り、ちょっとずつちょっとずつ自分なりで出来ることから始められたらいいな。私の生活の中では全く取らないってことは出来ないので減らしていけたらいいな。