サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天の光
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/11
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:20cm/259p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-863797-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

天の光

著者 葉室 麟 (著)

ひたむきに妻を求めてゆく道に仏の心が宿ってゆく。木に仏性を見出せなかった仏師が、自ら彫り上げた仏像に光を導くまで…。直木賞作家が描く感涙の夫婦愛。【「BOOK」データベー...

もっと見る

天の光

1,620(税込)

天の光

1,296 (税込)

天の光

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ひたむきに妻を求めてゆく道に仏の心が宿ってゆく。木に仏性を見出せなかった仏師が、自ら彫り上げた仏像に光を導くまで…。直木賞作家が描く感涙の夫婦愛。【「BOOK」データベースの商品解説】

ひたむきに妻を求めてゆく道に、仏の心が宿ってゆく−。木に仏性を見出せなかった仏師・清三郎が、自ら彫り上げた仏像に光を導くまでを描く。『読楽』掲載を加筆訂正し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

柊清三郎は福岡藩の普請方の三男。十七歳で仏師の修行に入り、師匠の娘おゆきの婿に望まれた。しかし、仏性が見出せず、修行のため、三年間京に出る。戻ったとき、師匠は賊に殺され、妻は辱めを受け、行方不明に。妻のおゆきが豪商・伊藤小左衛門の世話になっていると判明し、お抱仏師に志願して、十一面観音菩薩像を彫った。しかし、抜け荷の咎で小左衛門が磔となり、おゆきも姫島に流罪になってしまう。清三郎はおゆきのため、姫島に渡ろうとして…。【商品解説】

著者紹介

葉室 麟

略歴
〈葉室麟〉1951年北九州市生まれ。西南学院大学卒業。地方紙記者などを経て、2005年「乾山晩愁」で歴史文学賞を受賞。「銀漢の賦」で松本清張賞、「蜩ノ記」で直木賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/04/30 11:31

投稿元:ブクログ

天は耐えられぬほどの苦しみは人に与えないものだ。わしは天からこの苦しみに耐えられると見込まれたのだと思っています 木に物性はなく、人に物性あり、仏像を彫るとは、すなわち、わが物性を木に注ぎ込み、仏の像となすことになり 

2014/12/24 00:15

投稿元:ブクログ

L

仏師の一生。
仏の話もあっていささか厳かな気持ちに。
仏師だけに基本静だけど、熱いものもってます。
ただ結果的に自己満足で終わったような。
戦いに鑿を使った時点で終わったような…。
さくさく読めます。

2015/01/03 15:44

投稿元:ブクログ

柊清三郎が、師匠の浄雲に娘のおゆきとは夫婦のままで京で修業をしたいと申しでた時に、「手中にないものを得るためには手にしているものを失うのが道理」と諭された言葉が、テーマとなったストーリーであった。私も、この言葉を忘れないようにしたい。

2014/08/12 22:37

投稿元:ブクログ

仏師の話。主人公が悩みに悩むのだろうなぁと想像できたので、それは予想通り。ただ何か足りないまま終わってしまった印象です。おゆきの苦しみは分かりますが、それが直接読者に伝わってこない気がしました。だから清三郎への共感も上滑りしてしまうのかもしれません。

2015/07/28 20:36

投稿元:ブクログ

葉室さんの本にしては、サクっと読めすぎた内容だった。
仏師・柊清三郎が本物の仏師となる物語。
木に仏性を見出せず苦悩する中で、師匠や妻おゆきが苦難に逢い、おゆきを助けるためにひたすら木に向き合って仏を彫っていく。
静かに黙々と木を彫り続ける中に、とても熱い想いを抱いている。
誰かを愛おしみ、慈しむ心はどんな想いより強いんだ。
ただ、ここまできたのにラストはちょっと残念。