サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 鼓動のうた 愛と命の名歌集

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鼓動のうた 愛と命の名歌集
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/23
  • 出版社: 毎日新聞社
  • サイズ:20cm/198p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-620-32261-2
  • 国内送料無料

紙の本

鼓動のうた 愛と命の名歌集

著者 東 直子 (著)

近代短歌から新鮮な現代短歌まで、300首あまりを読み解き、愛するということ、生きることの謎に迫った人気歌人の珠玉のエッセイ!【「BOOK」データベースの商品解説】近代短歌...

もっと見る

鼓動のうた 愛と命の名歌集

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

近代短歌から新鮮な現代短歌まで、300首あまりを読み解き、愛するということ、生きることの謎に迫った人気歌人の珠玉のエッセイ!【「BOOK」データベースの商品解説】

近代短歌から新鮮な現代短歌まで、300首あまりを読み解き、愛するということ、生きることの謎に迫った、人気歌人・東直子の珠玉のエッセイ。『毎日新聞』連載「愛の歌を読む」「命の歌を読む」を大幅に加筆し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

東 直子

略歴
〈東直子〉1963年生まれ。歌人・作家。著書に「十階」「らいほうさんの場所」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/24 22:01

投稿元:ブクログ

あっ今日だ。。。
『鼓動のうた 愛と命の名歌集』(毎日新聞社)刊行記念
東直子さんミニトーク&サイン会 | 代官山DAIKANYAMA T-SITE
http://tsite.jp/daikanyama/event/003789.html
会期:2014年6月24日(火)
会場:蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
開館時間:19:00~
主催:代官山 蔦屋書店
協力:毎日新聞社
お問い合わせ:03-3770-2525 ※営業時間内(7:00~深夜2:00)のお問い合わせとなります

毎日新聞社のPR
http://books.mainichi.co.jp/2014/05/post-5f5d.html

2014/07/27 10:59

投稿元:ブクログ

駅前のゆうぐれまつり ふくらはぎに小さいひとのぬくもりがある
 東 直子

 小さな子どもを連れての買い物の風景。ふだんは意識しない身体の一部分が、他者の「ぬくもり」によって、ふいに存在感を増す瞬間がある。
 そんな瞬間を描くのに、短歌は、実に過不足のない器と思う。短歌という小宇宙では、「ふくらはぎ」という5文字が詩語として輝きはじめるのだ。見過ごしがちな風景に、鮮やかな色彩を添えるのも魅力の一つだろう。
 また、短歌は、「愛」や「命」といった普遍的なテーマでも、多くの名作を生んできた。「愛の歌」「命の歌」をテーマにした東直子のエッセー集は、それを改めて教えてくれる。
 「愛の歌」の項目では、「妻へ、夫へ」「母性の深さと怖さ」などのタイトルが並び、「命の歌」では、「老いの醍醐味」や「死者を想う」など。掲出歌も、「体の不思議さ」というエッセーに引用された歌である。
 自身の作品はじめ、近現代の短歌が300首余引用されているが、独特な直喩【ちょくゆ】(~のような)を使う現代の女性作品に目が止まる。たとえば次の歌。

  見本市のいちばん奥にあるような愛がひとりで終わったという
 小林久美子

 人目にふれないよう、ひっそりと育んでいた愛が、いつしか終止符を打っていたという内容だ。伝聞調の「という」で、当事者でさえ気づかなかったほどのひそかな恋、という演出もできている。フレッシュな歌とも出会える近刊である。

(2014年7月27日掲載)

短歌・和歌 ランキング

短歌・和歌のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む